懐かしの真鶴ハゲ




ハゲマスターに誘われて、ハゲフィッシングに連れてってもらえることに。
久しぶりとは思ってたけど、なんと8年ぶりだった。

これだけ経つとタックルや釣り方なんか、だいぶかわってるんだろうけど…
ひっくるめて、お世話になる。

まだ暗いうちに、真鶴到着。
そこで気づく、いちばんかわったのは目が見えない(ガイド通せなくなってる)



それでもスタートフィッシングからまもなく、昔の感じでやってるとポツポツ。
あのガツガツカンカンの引きを楽しんだ。

当たらなくなるとディープ40mの移動、そうしたポイントは個人的にお手上げ。
釣り方はもちろん、巻き上げもカクカクしてまるでダメ。

ほぼ、船上でピクニックを楽しんでストップフィッシング。
たかぴ、ありがとうございました。

腰越ハゲ


08091801.jpg

まさかっちゃんカーへ乗せてもらい、たかひろと3人で5:00出発。
約1年ぶりの釣りは、腰越多希志丸へ。

08091802.jpg 08091803.jpg

日中、陽の当たらない左舷に3人並び、おれは22番アベ・ユウキ・オレ。
朝いちは、腰越ギネス。

さて、開始早々の食いはなく、ちょい移動をくり返しながらポツポツと。
ま、これといった釣り方も見つけられず、ほんとポツポツと。

08091804.jpg

やや沖目の砂地に根が点在するようなポイントで・・・

ほったらかしておくと、うれしい外道のカサゴが釣れた。
キスまで釣れたけど、おれの動かし方は間違ってるのかな?

なんか気持ち悪い。
船酔いのそれじゃなくて、ビールもうまくない。

ハゲ10枚釣れたところで、キャビンで昼寝。
気持ちよく夢までみたよ。

08091805.jpg 08091806.jpg

午後の釣り開始。

まさかっちゃんがすげー釣る。
ひとりだけ釣る。

釣り方も教えてくれるけど、釣りってまったく同じには出来ないんだよね。
釣れてるときの感覚というか・・・

真似しても、ベラとかトラとか。

それでも、15枚まで釣れた。
欲をいえば、デカいのが混ざればいいんだけど。

ま、お天気も良く(日陰の左舷で助かったくらい)楽しめました。
あとは体調がもう少しよければ・・・

まさかっちゃん、行き帰りの運転ありがとうございました。

08091807.jpg

片付けして、風呂入ってビール飲んだら、ダウン。
はげ肝は今晩の楽しみに。

メモリアル




たかひろが、メジャーステッカーくれた。

腰越39枚




たかひろと、最近30枚~とか釣れてる腰越多希志丸へ。
おれ的には、この船宿さんは昨シーズンいい思いしてるし異論なし。

07101704.jpg 07101705.jpg

もう結果からいきましょう。
たかひろ39枚で、もちろんヘッド。
あと1枚・・・気持ちわかるよ。

おれ23枚は、世間一般とは違う「まだまだ」
ま、いいんだけどね。

釣れない時間(場所)てのは必ずあるわけで、それはきょうもいっしょ。
ただ、釣れる時間(場所)で確実に数を伸ばす、たかひろ。
みんながそこそこ釣れてるときに、倍(以上)釣るんだよね。
たいしたもんです(マジでトーナメントとか出れば?)

07101706.jpg

そこそこサイズをもって、しのぶんちへ。

ジョージー




秋冬のハゲタックルのひとつ。

ハゲ開幕


07091304.jpg

真鶴のかかりがスタートから好調なようです。
水曜休みがとれた、たかひろといろいろと作戦を・・・

たてていたものの、あの予報(強風雨)
しかし、熱帯低気圧は昼ごろには通過するらしい。
でも、午後船はな。

おれの(勝手わがままな)希望。
たぶん早めに天気は回復するだろうから、その頃(相談)から出船。
台風一過のような晴れの中での釣り。
しかも、早起きしなくてもすむしな。

当日朝7:00過ぎに、たかひろから電話。
そのわがままを全て通してくれました。

お世話になったのは、真鶴石川丸。
9:30出船~14:30沖上がりでやってくれるらしい。
船長さんも夕方用事があったので、ちょうど都合のいい時間だったとか。

出船する頃は雨も小雨になり、こりゃ予定(わがまま)通りになったな・・・
ですが、すぐザーザー。

さて釣りの話でも。
最初に入ったポイントは、根がまざる25m前後。
近くではイシダイ狙いの船も。

そうはかんたんに釣れません。
叩きポーズ、叩きたるませといった基本にあまり反応なし。
それより上めで食うと本命のような感じ。
外道も多く、とくにチョウチョがハゲの真似が抜群にうまくなりました。
外道がとにかく多くなったので移動。

次のポイントはやや深くなった砂地。
どんだけたるませても根がかりません。
でも、たるませるとすぐ餌なくなります。
要は、ハゲ含め魚豊富と予想できるポイント。

晴れの釣り・・・
どころか風雨ともに強くなりザブンザブンのピューピュー。
しかしですね、そっから釣れ始めるんですよ。

落として油断しなければ、ほぼ釣れます。
かんたんなようですが、ちょっとコツも使わないと餌全滅。
ものすごい活性で、やる気満々な底の様子。

しかーし、ザブンザブンがバターンバターン。
ピューピューが、ゴー。

船長さん、「危ないから帰ろう」「はい」
やはり安全第一、最後にいいポイントで釣らせてもらったし。

結局12:30には上がり、3時間の釣行。
結果、たかひろが25枚前後、おれ15枚。
たかひろは、おれが掛けられないチルドレンのチルドレン。
お孫さんのようなミニハゲも釣るので数の差が。

07091305.jpg

たかひろんちへ帰って来て、片づけをしてもまだ14:00です。
おつかれさまーのビールを。

07091306.jpg 07091307.jpg

肝和えと薄づくり、薄皮湯引きを。
思ったより肝大きいし状態もいいです。
これから水温が下がるとさらに濃厚になるでしょう。

07091308.jpg 07091309.jpg

みんな帰って来て、ごはんのあと光る棒で遊ぶこどもら。

07091310.jpg 07091311.jpg

そしたら花火がガマンできなくなったらしい。
また夏に逆戻り。

パール/ホロ




店の在庫全部買い。
仕掛けも作ったけど・・・

明朝は強雨。

佐島つね丸


つね丸 こみさん

このところ続いていた多希志丸はお休みです。
おれもお休みしようと思っていたところ、こみさんが休みを取ると。
あーだこーだ相談して、佐島つね丸に決定。
もちろんこの場所も初めて。
餌の剥き身は生でした。

どこだかさっぱりわからないポイントで釣り開始。
どうもこの「初めての○○」てのはいろいろと難しいですね。
それを経験していかなかきゃいけないんでしょうけど。

朝のうち3枚ほど釣れてからはさっぱり。
かなり時間がかかりながら1枚、また1枚。
30~40mと深い場所ながら根もきついし。

どこ?

釣り方を変えながら・・・
というよりまわりに釣れ始めると自分にもといった感じ。
うまく送り込んで自分のタイミングで餌を食わせるとややいいサイズ。
間が悪いときの魚はマメ、しかもよくバレる。

途中あきらかにハゲとは違う引きと重さ。
タイ(グッドサイズ)を釣った人がいたので、おれも・・・
でもそうゆう引きじゃなく重いだけ。
あがってきたのは1mはありそうな巨大うつぼ。
確認したところで針から外れてくれて助かりましたけど。
あーこわ。

きょうの釣果

終わり1時間ほどに本命バイトが続きました。
しかしこれが餌取り名人チルドレン。
さらにバレ。

結局11枚で終了。
サイズも25cmまでない程度。
こみさんは最後のチルドレンを攻略して14枚。
頭は17枚。
うーん・・・

30cm


オモリとビーズ

みんさんが選ばないようなカラーを追加。
この辺じゃまず売ってないパールホワイトのビーズも。

七里ガ浜沖 ワーシントン

今週も腰越多希志丸です。
今日はいつもとは反対の鎌倉方面へ。
稲村ヶ崎が見渡せる七里ガ浜沖といったところでしょうか。
水深は20m前後。
釣り座は右舷胴の間ワーシントン。

たたいてポーズ、たたきおくり、たたきとめず、たたきおとし・・・
と、自分なりにいろいろとイメージしてやってるつもりですけど。
釣れないとはいいませんがマメオンリー。
ゆっくり巻き上げてるのでほぼリリース。

途中、中だるみの時間は(もちろん)おとずれるものの、たかひろからメール。
「中だるみの時間です。ここでどれだけたたけるかが勝負です」
またしても的確なアドバイス。
釣り人は釣れない時間を自分で作ったりしちゃうんですよね。
さらにふだんやらない(と思う)動かし方で攻めると食ってきます・・・
マメが。

そんな調子で17~18ほど釣れたころ。
船長さんが声をかけてくれます。
「ここは小さいね」
「でも根がかりもないし、外道も少ないし、天気もいいし」と、ポジティブに。
「いつもの場所より底がやわらかいから、釣りやすいとは思うけど」

そして12:30に江ノ島沖へ移動。
おれのいつも釣れない終わり2時間ですけど、たかひろの言葉(メール)信じて。
ここもそれほどきつい根はなく釣りやすい場所です。
なんとかポツポツと24枚まできました。

ミニカサゴ 30cm

エダスが6cmなので、どれだか小さいかわかると思うカサゴ。
ちゃんとフッキングしてるところがかわいい。

そしてやってきました。
グリップエンドを体から放すと魚に持っていかれそうなガツガツ感。
うわー、でかそう。
これをバラして、酒飲みながら悔しがるのがいつものパターンなんですけど。
ちゃんと取り込めました。
船長さんが測ってくれるとジャスト30cmは初の大台。
写真も撮っていただきました。

この25枚目で終了。
なんか船長さんがうまく流してくれて、釣らせてもらったようなもんですけど。

お持ち帰り

25枚釣って、持ち帰りが12枚。
「チルドレン(カワハギの)を釣るのも大事」と大塚先生もおっしゃってました。
てか、釣り行ってこれだけ長文書いてるのは楽しかったようです(本人)

多希志丸タオル

うち帰って、タオルも多希志丸。



多希志丸釣果情報

バスやってた人って、魚を前に出したり、持ち上げたりするのがくせ。

D-1


メガセンサー D1

メガセンサーからサンラインのハイブリッドPEにライン交換。
これも気持ちの問題かな?
150mが欲しいところ。



あんじゃん

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives