ホームで4失点




浦和 2-4 磐田(埼スタ)

ひっくるめて浦和だと思わなければいけないんだけど…
こんなことが起きるのもサッカー。

我慢ができる試合もあれば、少しずつうまくいかないことも。
こうした試合が続くといろいろ意見も出てくるけど、解決は勝つことでしょう。

信じて闘うしかありません。

湘南ダック




かなり前の話になるけど、馬入に行ってもとくに誰からもサインもらわなかった。
あそこは、選手(監督も)が練習後いつもファンサービスしてくれてるのに。

そんなある日、試合前のイベントのダック救いで、ダックを手にいれる。
かわええので、これにサインをしてもらおうと。

で、こんな小さいのにめんどくさがらずに書いてくれたのが、このコたち。

航、大介が2コ、坪さん、直輝、武富、寛斗くんの7コ。
なんか縁があるなとは思ってたけど、前節の試合で竹富と寛人くんにやられるとは。

ベスト8進出




浦和 3-0 済州(埼スタ)

1st legを0-2でやられているので、追いつくためには2点、勝つためには3点必要。
それも無失点での話なので、失点すればかなり厳しくなる。

そんな状況の中、前半に2得点で追いついたのは本当に立派なこと。
友達との話、ここで3点目が入らなかったことが、かえってうまく戦えたように思う。

延長までよく耐え、全員が1対1で負けなかった。

前からいってる、ACLは韓国のチームに負けないこと…
よく戦ってくれました。

真夏日埼スタ




浦和 3-3 清水(埼スタ)

チョン・テセに注意。
誰もがわかってることだと思うけど、あれもサッカー。

今季3失点してる試合はすべて負けてるので、同点に追いついたことを希望と考えるか…
ただ、あの時間から交代で入った選手には結果を期待してしまう。

コロが3点取ってんだから…
やっぱり、勝ちたかった。

バモバモ湘南




湘南 0-3 福岡(BMW)

福岡に、うまいことやられました感。
湘南スタイルだいぶ研究されてて、さらにその先いかれちゃうとキツイかと。

試合はあれなんで、試合前とゴール裏の話でも…

平塚駅で姪っ子に会って驚いたけど、スタ着いてすぐ友だち(湘南サポさん)にも会う。
とくに約束してるわけでもないのに、うれしい出会い。

そんなわけで、試合開始10分前まで楽しく飲ませてもらいました。
みなさんはご家族お友だちとメイン観戦なので、そこでお別れ。

実は湘南の(ロンリー)ゴール裏初体験、てか浦和以外は山形ゴール裏しか経験なし。

中心部の上の方でやらせていただく。
湘南のチャントは、何気にいろいろと覚えてるので(跳ねながら)歌える。

ただ湘南の場合、チャントのリズムに合わせての手拍子、手の振りが多い。
そんなこといったら浦和もかもだけど、そのへんで遅れる。

まだまだだな、と感じたそんな夜。

グループF首位突破




昨年、ここでPK負けを喫してACL敗退

FCソウル 1-0 浦和(ソウルワールドカップ競技場)

そんな悔しさもあって、絶対勝ちたかった試合。
その気持ちは、じゅうぶんに感じられた空気だったんだけど…

状況(ラウンド16進出決定)もあっての、大きくターンオーバー。
その選手たちも戦ってくれているんだけど、やはり連携ミスは否めない。

失点シーンも、パスミスからかんたんにはがされて、流しこまれるだけ。
それ以上に得点できれば、まったく問題ないんだけどお互いそこまで。

ただ、これがアジアではありうること。
なんと2位の上海上港もWSWに敗れ、浦和首位でグループリーグ突破。

結果から考えると、これまで出場機会のなかった選手たちのいい経験になった。
舞台はACL、きっと何かをつかんでくれたと思いたい。

ソウルへの借りはいずれ返そう。

連敗でもリーグは長い




浦和 0-1 鹿島(埼スタ)

5万7千超え、デカ旗コレオと戦う舞台は整ったものの…
鹿島に、すっかりうまくやられた感。

柏木と航の欠場は、いい訳できません。
キャプテンのいうことをよく聞いて、さあ次へ。

ラウンド16進出




浦和 6-1 WSW(埼スタ)

とくにアジアでの戦いは、何が起こるかわかりません。
とはいえ、前半に3得点できれば油断もするでしょう。

ただ、そこで崩れないのがここ最近の浦和。
奪っては相手の背後へ、抜け放題のやり放題。

平日の夜に行くと、ラファの美しいヒールパスが観られる。
バモスラファ!

タカゴール




浦和 3-2 札幌(埼スタ)

札幌サポ、よく声が出てましたね。
上段まで、びっしり埋まってたし。

やられた感はあまりないんだけど、2失点してる。
オフサイドとかハンドとか、あれは誰も止められないFKとか。

ちゃんとやられてるわけで。

ただ、しっかりそれ以上に得点しての勝ち点3は、素晴らしいこと。
あのチャンスを決めていれば、てのも多々あったけど。

フラッグキッズ


IMG_1277.jpg IMG_1276.jpg

応募したフラッグキッズに当選したので、喜んで参加。
埼スタのピッチに立てることや、選手に近づける期待で大興奮。

しかし、それだけじゃなかったらしい…

・チュンソンがハイタッチしてくれた
・ラファが「こんにちはー」ってあいさつしてくれた
・ミシャがにこにこしながら頭をポンポンしてくれた
・あのベンチに座らせてもらったらフカフカだった
・ピッチからみたスタンドは大迫力だった

もっとあれこれいってたけど、さぞ楽しかったようで。
おじさんもうらやましいぞ、ほんと。

親切に対応してくれたスタッフのみなさま、ありがとうございました。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives