ヘンヘンカオマンガイ




行列が出来るカオマンガイ屋がプロンポンにあった!

現地マッサージ屋やバーのおねえさんたちが、オススメしてたカオマンガイ屋。
場所は知ってたけど、いつ通ってもやってない(時間のせい)

今回、プロンポンの飲み屋へ出かけるときのぞいたら、やってた。
当然買って、翌朝食べてみる。

ほんとだ、鶏がしっとり、ごはんも旨味たっぷり、ナムチムは絶妙…
そんなわけで、ピンクへは行かなくなった(前は通った)

あと、昼の2時に閉まっちゃう店も行けず(次だな)

夏野菜でビール




この時期は、夏野菜をいただけるので、よろこぶ。

伏見とうがらしは、炒め浸しに。
少し辛いよっていわれたけど、赤唐辛子を入れなくてちょうどいい味。

ピーマンとトマトは、豚肉とじゃがいも加えて味噌炒め。
味噌炒めにトマトもありだと気づく。



こちらは、近所のスーパーマーケットに並びはじめた黒埼茶豆。
最盛期には少し早いせいか、やや小粒。

それでも、他の枝豆にくらべると甘みと旨みが違う。
夏は、ビールに黒埼。

昼めしは生しらす




朝獲れの生しらすは、できるだけ早く食べたほうがいい。

かといって、船の上で水揚げされたそのままは(やってみたいけど)えぐいらしい。
海水は思いのほか汚れも多く、それが苦味や雑味となるという。

なので、大事なのは下処理やその方法と早さ。
たっぷりの氷水で手早く洗う、あたりまえのことがしっかりできているか。

そのへんを思いながら食べてみると、しらす漁の船やお店が決まってくる。



プチプチの何もつけなくても美味しい生しらすを楽しんで、移動。

馬入へやってきたけど、15時になっても誰も出てこない。
あ、湘南マスターが午後練中止の連絡くれてる。

ミーティングをしっかりの日なのかな。

クーラーボックスを持ってきてるので、しらす直売所へ。
沖漬けを買って帰る。

〆も蕎麦




最終日、みなさん相当気に入ったらしく再び蕎麦へ。

11時の開店に合わせて、みんなで出かける。
開店時間だからあえて予約しなかったけど、11時半ころには満席及び並び。

それぞれ好みの蕎麦を満喫…

湘南しらす解禁




1週間ほどまえに解禁した、湘南しらす。
漁の方も好調ときくので、早速いつもの店へ。

そんなわけで、港めしを。

醤油もしょうがもなしで、生しらすを口へ。
なんという贅沢でもあり、シンプルな味わい。

うまいな…

平塚は港めし




馬入へ行ったあとは、こちらで港めしを楽しむといういつもの流れ。

しらすは禁漁中なので、生はないけど解凍した釜揚げや佃煮は食べられる。
素材や保存方法にもよるのか、シーズンと変わらぬ風味。

この日は、まぐろがすばらしい。
てか、いつも全部うまい。

お店で、気になってた雑誌を発見、ゆっくりみさせてもらった。
行ってみたいと思う店もあったけど、結局いつも通う店になっちゃうのかな。



現在、砂押工事中のビーチパーク。

作業してるのが、いつも馬入でみかける湘南造園のおにいさんな気がするけど…
ピッチという作品を仕上げるプロ集団。

いや、たぶん。

馬入と港めし




水曜日なので、前日に続き馬入へ。

チョウさんの話が決まったあとなので、雰囲気もいい。
練習後のファンサービス、航くんの列が当然長く、次にチョウさんか。

チャリで移動…



パーフェクト港めしを楽しむ時間。

行ければ毎週やってるようだけど、やめられない。
めしはもちろん、空気感がたまらん居心地のよさ。

ごちそうさまでした。

埼スタ行くとき




CS準決勝の朝、エスくんとチョンゲーオ。

ロマンスで新宿へ。
埼スタまでの途中で、買い物メモをしとく。



牛たん煮込みカツサンド、新宿駅南口コンコース駅弁屋頂。

牛たんをカツにするのもめずらしいし、さらに特製ソースでカツサンド。
それでも、これはこれでありだと思う。

ただ、なぜか数本のポテトフライが入っていて、冷たいしこれはなし。



まぐろ・アボカドロール、武蔵浦和駅改札内ビーンズeashion(イーション)

まぐろとアボカドでこの値段なので、うまいに決まってる。
エスくんが好きなので、ここ数回食べてる。

ビールや焼酎は、となりの成城石井で買って武蔵野線へ。

須賀港でごはん




馬入練習場からは、堤防や河川敷をチャリで走って海まで行ける。
車やオートバイは入れないので、便利なコース。

まっすぐ突き当たると、平塚新港があってそれを西に向かうと生コンポイント。
さらに進むと、ビーチパークがある。

そこは、チャリ通行禁止(遊歩道)なので注意。



須賀港近くへ戻り、めしにする。
もう、なにも考えずにいつもの席でいつもの港めし。

この日は、皿のあの場所に小あじのから揚げ。
当然、何がのっても美味しさは変わらず。

楽しい昼の時間を過ごす。

映画で観たいシーン




カウンター、いつもの一番奥の(新聞を置くイスは別)席に先客。
なので、中央マスターまな板前に陣取る。

港めしの刺身を切る包丁さばき、かき揚げ丼の野菜を切る音、揚げる香り…
後ろからは、お客さんの美味しいからこその話し声。

ワンダーランド!

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives