浦和の涙


浦和の涙

さっそくロックで飲んでみました。
米焼酎なので、「鳥飼」や「しろ」や「よかいち」といった、
ほのかに香り漂う系をイメージしましたが。

それほど香りはなく、逆にいえばくせのない味とでもいいましょうか。
天皇杯のマリッチのビデオなど観ながら、涙うるうるしながら飲む。
そんな飲み方が、まさに浦和の涙の味なのでしょう。

マーリッチ、マーリッチ、マーリッチ、マーリッチ、マーリッチ・・・
うわ、また思い出してしまった。

ざるそば


もつ煮 油揚げポン酢

お通しは、もつ煮を少しずつ。

みず菜はシャキっと、油揚げはカリカリに焼いて、ねぎを散らせて、
もみじおろしを添えて、ポン酢をかけて、油揚げポン酢ですか。
とり皮ポン酢のがいいですね。

揚げしゅうまい ざるそば

崎陽軒のシウマイはたまには揚げてみましょう。
歯ごたえがでて多少冷めてもおいしいです。

季節外れで申し訳ありませんが、冷蔵庫にあったそばを茹でて、ざるそば。
ろいは、よろこんでおります。

駒場土産(自分)


anvil T 浦和の涙とゲルマパワーループ

駒場行きついでに買ったものですが、まずは新宿オシュマンズから。
ここで売ってるanvilのヘビーウェイトTが最高なので、同じものを2枚。
素材、サイズ(おれ的にジャストなM)、着心地、どれもベスト。
いくら洗ってもへこたれません。
しかし、古いのは、しずかさんが赤いものと一緒に洗っちゃったので、
ややピンクに。

続いて、浦和のレッドボルテージ。
浦和の涙は、以前から気になっていた米焼酎です。
ミニボトルを買ってみました。

ゲルマパワーループは、その名の通り、
ゲルマニウムパウダーが素材に配合されています。
最近、ろいのを借りてましたので自分用を。
「体にいい」という言葉に弱いのです。

心地良い駒場


初新ユニ ランチ

水曜定休のおれですので、ナビスコは行きますよ。
シーズン前に購入済みの新ユニも本日初です。
長谷部、きょういませんが。

まずは、OXでお買い物。
ランチは、ぼんじりとししとうレバーの串焼き、アーモンドチーズに赤ワインです。
ぼんじり、脂がのっていてうまいです。
焼きたてのあつあつでしたら、最高なのですが。

ワイン1本半飲んで(ミニボトル)、男たちの大和(下)を読んでたら眠くなり、
うとうとしてるうちに、新宿です。

少し買い物をしたあと、JRに乗り換えです。
前から気になっていたSuicaを購入。
これ財布に入れっぱなしでも改札をタッチ&ゴー出来るのが便利。
しかも、うちのノートパソはSuicaカードをかざすだけで、
残高や利用履歴が表示されるという便利さ。
小田急でもぜひ使えるようにしていただきたいものです。

埼京線で赤羽へ。
そこから宇都宮線でひと駅の浦和へ。
宇都宮線?
この電車宇都宮行きですか?
そうですか。

10日ほど後にTacoの結婚式に参加させていただくために、
宇都宮へ向かうわけですが、ルートで悩んでいるのです。
高いけど、小田原から新幹線が便利。
しかし、おれ駒場行くときに乗るこの電車にあと1時間乗ってれば宇都宮なんですね。
こみさん、たかひろさん、実はバスに乗り合いという案も出ています。

早くサッカーの話いけよ。
いや、おれの場合観戦記ではなく、
スタジアムへ行ったときは日記になってしまうのですよ。

浦和の駅に降り立ち、まだ時間が早いのでレッドボルテージへ。
買い物を済ませ、たまには歩いて桜の様子でも眺めながら、
スタジアムへ向かおう・・・

と頭の中に描いてみましたが、現実はときどき強風が吹き荒れる寒空。
そのまま伊勢丹前のバス乗り場へ。
往復(帰りも歩く気なし)380円を購入し空いている車内へ。

駒場 雛壇

はい、17:00過ぎ到着しました。
久しぶりの駒場スタジアムです。
キックオフ2時間前なので、程よい場所の手すりもキープ。
ちょっと2F席に写真を撮りに行きましょう。

コーナー

ところで、駒場のコーナーですが寄ってみると、
芝とトラックの部分の段差が、かなりあるのですね。
これ、だふったりしないのでしょうか?
プロですから。

いい加減ゲーム内容にいけよ。
いや、現地スタジアム観戦は(とくにゴール裏)は、
詳しい内容はわからないものなんですよ。

生ビール飲んで、残りの赤ワイン飲んでると、そろそろ選手が出て来る時間です。
さあ、やりましょう。

ララ浦和 We Are Diamonds

選手入場は、ララ浦和。
左が入場時で、右がゲームセット後のWe Are Diamondsです。
ゲームセットって終わりかよ?
あのですね、ゲーム中はそんなにパチパチしてるひまはないのですよ。

しかし、駒場の雰囲気はいいですね。
気温8度と寒いのですが、熱いです。
ほんと、狭いからいいのでしょうか?

浦和○2-0●東京(駒場)

「控え」と呼ばれている選手達ががんばってくれました。
もちろんレギュラー組もやや疲れがみられるもののすばらしかったです。

ロマンスでもう一度ビールを飲み直して、のどをうるおしながら帰宅。

一応、うちに帰ってからビデオチェックしましたので、ゲーム内容を少々。
まず、その前に代表4人(坪井、アレ、長谷部、伸二)いません。
それに加えて、けがのキャプテン山田、永井いません。
都築に関しては、完全休養らしいです。
ま、これで闘莉王がいなくなる(代表へ)可能性も充分考えられるわけですが。

とうわけで、今期初スタメンが6人という布陣でのキックオフ。
しかも予想をはるかに上回るスターティングイレブンです。

前半はボールキープしながらも、決定的なチャンスはなかなかありません。
全員でよく守っているといった感じでしょうか。
前半終了10分ほど前から、ルーズボールを相手に拾われることが多くなり、
後半開始してからは、拾われたボールをシュートまで持ち込まれることもしばしば。
山岸は完全に決められたと思ったゴールもDF陣のカバーでしのぎます。
3~4点はやばいのがありました。

しかし、そこをなんとか押さえ、少ないチャンスを確実に決めたのは浦和でした。
セルの公式戦初ゴールとなる先制。
その後、両チームともチャンスはあるものの、なかなかネットを揺らすことは出来ず。
しかし、終了間際ワシントンのクロスにロビーがどんぴしゃなのですが、
キーパー正面。
そのこぼれ球を酒井が押し込み貴重な追加点。
そのままゲームセットでの完封勝利です。

控え組みの「このチャンスに何がなんでもアピールしたい」が、
東京の「なに、浦和6人もいないの?いけるじゃんうち」に、
気持ちで勝ったゲームではないでしょうか。

明日は駒場


どうしましょう。
毎日のこんだて大変ですね、奥さま。

卵焼き ほっけ

たまには、卵焼きをやってみましょう。
大根おろしはめんどくさいので、やりません。

魚はほっけでしょうか?
冷蔵庫に入ってました。

しょうが焼き みそ汁

しょうが焼きにサラダは、ブロッコリーものせて。
にんにくチップものせてやると、喜びます。

みそ汁ですが、ひき肉、大根、にんじん、ごぼう、じゃがいも、油揚げでつくり、
ねぎを散らせて完成。
気持ちは豚汁なのですが、材料がないわけです。

で、きょうのごはん。
役員会へ出かけて来ます。

明日は駒場で東京戦。

看板


看板

うちの近所のパチンコ屋がすごい看板つけました。
場所も場所(いなか)なので、夜になると恐ろしくまぶしいです。

うち母:「夜、屋上から見たら、あの辺が火事かと思ったよ」

カレーまん


ろいしかいません。

「カレーと肉まん、さあどっち?」
「どっちも」
「あそ」

カレーライス 豚まん

肉まんは崎陽軒のものでした。
しかし、相変わらずサービス・エリアのようなメニューが続いております。

肉じゃが

肉じゃがも温めて、きょうのごはん。

俺たちの長谷部


さて、おれの嫌いなスタジアムでのゲームです。
相手は、えーっとどこでしたっけ?
なんか名前のよくわからない、30番がいるところです。

しつこいですね、おれ。

王者たちは、そんなことお構いなく、冷静沈着なフェアプレイぶりであります。

鉄壁と呼べる、浦和のディフェンス。
3バックはもちろん、トップのワシントンまで全員で「守る」
という意識が高いですね。

だからこそ生まれるチャンス。
先制点は、コーナーキックのこぼれ球を山田が落ち着いてシュート。

そして、きょうもうまいロビーのヒールでワシントンが粘って、
松田をかわし、サイドネットを揺らす。

ところどころで観られる、長谷部のスルーパスは、もう感動もの。
そのうち世界の長谷部になってしまうのでしょう。

ピッチレポの相馬さんもいってましたが、「守りに入ってからが難しい」
という通り、後半終了間際に1点返されました。

しかし、そこで黙っていないのが、俺たちの長谷部。
すげー距離のドリブルのあとに、あのゴールですからね。
あとでVTR観て泣きましょう。

亡国のイージス


亡国のイージス

さっぱりわかんね。

ラストサムライではあんなにカッコよかった真田広之ですが、
また高校教師に戻ったようでした。

牛丼


かつ丼か牛丼が出来る材料がありますね。
相変わらずS・Aのようなメニューです。

焼き豆腐 辛味醤油

木綿豆腐もあったので、まずはリーダーに教わった通り、焼き豆腐を。
自家製の辛味醤油も作ってみました。

牛丼 みそ汁

牛丼は吉野家をイメージして、まずいみそ汁を。
と、思いましたが、作り手が同じなのでいつもどおりのみそ汁です。

そのまんま

で、このスペースに置いてあるこれですが、すっかりこのまんまです。
いったい、いつになったら片付けるのでしょう?

あ、リーダーしかわかりませんね。

鞠のアホ


あー、スタジアムに行きたい。
たった今、29日のナビスコ東京戦はオークションで落としたので、行きますよ。
その前の横浜戦ですが・・・

25日には2位・浦和と直接対決。
チーム史上初のリーグ開幕5連勝が懸かるが、DF中沢は
「連勝は気にしない。(浦和は)いい状態で来ると思うので、
しっかり準備したい」と早くも切り替えた。
守備を支えるDF栗原は
「浦和?ゼロに抑えたい。ロサンゼルスとか気をつけないと」
とワシントンを挑発。この勢いで浦和も止める。

はー、栗原?
おまえ誰だよ?
こっちがおまえなんか知らねーよ。
と、すっかり釣られまくりのおれです。

しかしですね、4連勝して浮き足立ってこうゆう発言すると、
あっさりやられちゃうの分からないんでしょうか?

ほんと、この栗原って誰?

ま、おまえのおかげで首位はいただいたようなもんだ。

ヒート


ヒート

「ロバート・デ・ニーロが好きだ」と以前書いたことがありましたが、
「アル・パチーノも好き」なんです、実は。

その2大スターが共演した作品がこれなんですね。
1度、観たことありますが、もう1度DVDでゆっくり観てみましょう。

「共演しないほうがよくね?」が、正直な感想です。

ヤマを踏むプロ(デ・ニーロ)と、それを阻止するプロ(パチーノ)
の戦いが描かれているのですが、
もうこの2人の場合決着がついちゃいかんのですよ。

白昼の街中での大銃撃戦も、これ目当てなら映画館で見るべき。
おれの場合、とくに泣けるシーン(いろんな意味で)がないのも残念。

アル・パチーノの作品では、「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」が、おすすめ。

サービス・エリア


セブンイレブンの冷し中華(リーダーにもらった)、
カレー、牛丼にする前の牛肉があります。
なんか、サービス・エリアのメニューのようですね。

「ろいー、どれがいい?」
「冷し中華」

冷し中華 カレーライス

なので、ろいは冷し中華、まおはカレーライスです。
そういえば、餃子の皮が少しだけ残っていたので、チーズを入れて握ってみましょう。

チーズ揚げ ハッシュドポテト

で、チーズ揚げを作ってみました。
ついでにハッシュドポテトも揚げて、大根と油揚げとわかめのみそ汁で、
きょうのごはん。

ミイラ


西遊記

ろいとちーが、「西遊記の最終回観たい」というので、
「はい、どうぞ」

あのー、もう少しフツウのかっこで観れないもんでしょうか。



ろいの「手首にひび」ですが、思ったより軽い症状だったらしく、先生からも、
「もうギブスも湿布もしなくていいですよ」ということです。

「じゃさ、ギブスと包帯捨てるよ」
「ギブスはいいけど、包帯は捨てないで」
「何すんのよ?」

ろい

あねごに巻いてもらってました。
気持ちはわからないでもないです。

完勝


今シーズン、開幕3連敗のC大阪戦です。
しかしですね、浦和にとっては昨シーズン勝てなかったチームでもあります。

浦和○3-0●C大阪(埼スタ)

始まってみればあぶなげない展開で、終始浦和が主導権をにぎった形で終了。
今シーズン初の無失点試合でもあります。

まだ、こんなこというの早いですが、次節が首位横浜との直接対決。
これも勝って首位の座をいただきましょう。

その前にナビスコの東京戦がありますね。
誰かチケット譲ってください。

サイゼリヤ


卒業式終了後、卒業生とお母さんは謝恩会があるので、
残った子供たちを、おれとあきちゃんで、みないといけません。
「みる」といっても、ハンバーガーを買ってこさせて、
食べ終われば、あとは各々勝手に遊んでます。

なので、おれとおきちゃん、ビール飲みながら、のんびりおしゃべり。
夕方、外で遊んでいた子供たちも戻ってきました。

ろいが、「将棋やろうよ」というので、「いいよ」
ろいは、うちのじいさんに教わり、ルールは完璧らしいです。
それより、おれ何十年ぶりのプレイでしょう?

17:00キックオフ。

「おっと、角が効いてるな」とか、
「そこは、二歩か」とか、
「これじゃ詰まない」と、
なかなか将棋ツウな話しっぷりです。

しかも、開始早々飛車と角を失い、攻撃の核を失うおれ。
前半、攻めに攻められるゲーム展開ですが、
持ち駒の使い方にやや難が見うけられる、ろい。

後半、なんとか角を手に入れ、王をオーバーラップさせるという大胆な作戦。
それが見事にはまり、角を効かせた2シャドー(金2枚)のワンツーで詰み。

試合終了は18:30、ほんとに90分やってます。
ろいにハンディもつけずに、勝って喜ぶな。

出かけていたみなさん帰ってきました。
「子供も多いから、サイゼリヤ行こう」

入り口で人数数えると、大人6名、子供10名の16名です。
先日の懇親会のような人数です。

新鮮マイカとシシリー産アンチョビのピザ

おれ、ここのイカの乗ったピザ好きです。
アンチョビがいい味出してます。

子供たちのオーダーは、みんなピザやステーキ、パスタなのですが、

「ろい何にする?」
これ何?」
「ムール貝、貝ににんにくのせて焼いたやつだよ」
「おれ、貝好きだからこれ」
「ごはんとかパンは?」
「いらない、貝だけでいい」

オヤジがこれつまみに飲むようなオーダーです。

店を出ると、またあきちゃんちへおじゃまして飲みなおし。
リーダー、毎晩遅くまで申し訳ありません。

卒業式


着慣れないスーツに着替え、朝の8:30過ぎ、あきちゃんちへ。
まおの卒業式です。

卒業式 リーダー

会場で、あねごやおがままとも合流。
9:30開式です。

司会の教頭先生が、「お別れ」「お別れ」と連呼したのが気になりました。
おれのデジカメでは子供たちの「寄り」は撮影不可能。
なので、「寄り」を撮影しているリーダーと、その前でVTRをまわしている、
しずかさんを撮影しておきました。

あきちゃんいわく、卒業式「無事終了」

リーダーの手料理


日曜の夕方、たかひろから電話があり、「とんとん行こうよ」
うわさの40分待ちのお好み焼きで、おれまだ行ったことありません。
「じゃ、まおろいがあきちゃんちにいるから、みんなで行こう」

と、決まりかけた予定ですが、たかひろがとんとんに確認すると、すでに予約満席。
残念ながら、中止決定。

えび

うち帰ると、誰もいません。
新潟から送ってもらった、やけにうまい海老をつまみに、ビール飲んでると、
しずか、帰ってきました。
「あきちゃんち行くよ」
「はい」
海老もたくさんあるので、あきちゃんちへ持って行きましょう。

ほうれん草おひたし 鮭ホイル焼き

リーダーの手料理がどんどん運ばれてきます。
ほうれん草のおひたしは、ここにしょうゆではなくマヨネーズをかけるのが、
あきちゃんち流らしいです。
鮭のホイル焼は、うまみ凝縮。

豚にんにく焼き 焼き豆腐

リーダーのお買い物では、欠かすことのできない(らしい)豚肉は、
にんにくの効いたしょうが焼きで。
つまみにもおかずにもいいですね。
そして、木綿豆腐をフライパンで焼いただけという、焼き豆腐。
これ、うまいです。
冷奴のやくみでも、ポン酢でも、こうゆうつまみがうまい歳なんです。
このほかにも、サラダやハッシュドポテトが並び、きょうごはん。

前日5:00までしゃべっていたリーダーに、
「明日絶対卒業式おいでよ」と、長時間説得され、
「わかりました。スーツ着て行きますよ」

懇親会


子供たちの大和

子供たち8人分のごはんが、おかあさん3人の手によって用意されております。
浦和が勝ったので、メニューはかつ丼らしいです(違うか)
で、子供たちはお留守番です。

ビールでも飲もうかと思ったら、「すぐ行くよ、着替えなさい」
なので、あわてて着替えを済ませ、駅まで走ります。

大人たちはどこへ出かけるのかというと、なぶらです。
まおろいの所属する少年野球チームの懇親会なわけです。
要は、監督、コーチはじめ役員さん(昨、今シーズン)たちのおつかれさま会で、
おれだけはそのどこにも属さないのですが、なぜか参加。
「なぶらを予約した係り」なだけで参加です。
かなりずうずうしいと思います。

さて到着。
17名での宴の始まり。
かずくん、のりちゃんきょうはよろしくお願いします。

お通し ほうれん草じゃこサラダ

お料理はすべて、かずくんにおまかせしてあります。
お飲み物はお好きなものを(なんでも)どうぞ。
と、いわれても水レモン。

西京焼 本日のお刺身

この人数ですので、お座敷とテーブルと、席がふたつに分かれてしまったのですが、
そんなのはお構いなく、みなさんすごい移動っぷりです。

そして、延々としゃべってますので、いつものような撮影は不可能な状態に。
お料理は、たくさん並び、おいしいのはいうまでもありません。

ラストオーダーの声を聞くころ、1次会は楽しく終了。
なぶらのみなさま、お世話になり、ありがとうございました。
それでは駅へ戻りましょう。

おねえさんたち

おや、電車の時間が15分待ちですね。
では、ビールでも飲みましょう。
コンコースでビール片手におしゃべりを続けるキレイなおかあさんたち。

カラオケ屋

そこで帰る方々とは別れ、おれらは2次会です。
めったに行かない(おれは)カラオケボックスです。
しかも、先日「おぼえてろよ、おまえら」といった(書いた)店に早くも入店。

このメンバーで以前一緒にカラオケに来たことがある、あきちゃんからある情報が。

「監督が最後に谷村新司のサライを唄うんだけどさ」
「へー」
「そのときに全員で肩を組んで踊るんだよ」
「は?」「まじですかそれ?」
「うん、いつもそうなんだって」
「すげーな」

見たいような、見たくないような・・・

そのまま2時間近く続いた宴です。

「じゃ、最後にいきますかサライ」
の、声と共にマイクを持ち立ち上がる監督。

そして、

「え?」
「ほんと?」

全員立ち上がりました。

そして・・・

円陣 ゆれます

「おー、始まりました」
これからキックオフ・・・じゃないですよ。
てか、もちろんおれも参加してます。

すごい光景なので、シャッターチャンス。
みなさん音に合わせて左右にゆれるので、ピントが合いません。

これ、ドアの外を通る他人が見たら、「この人ら新興宗教か何か?」でしょう。
いや、「普通の少年野球のチームですよ」
しかもおれ、役員さんでもなんでもありません。

総監督と監督と握手

最後に、総監督と監督のコールを全員でやり(おれがやりたかった)、がっちり握手。

「では、今シーズンも、よろしくお願いします」

だから、あなた役員さんでもなんでもありませんよ。
ただ、きょうの予約しただけなんですから。

2:00です。
店を出ましょう。

子供たち 寝てます

帰ると、とうぜん子供たち寝てます。
ゆうかだけ、起きてました。

食べた後の食器も、おれほど出かけるときはあったおもちゃも、ほぼ片付いてます。
みんな、おりこうにお留守番できたようですね。

さて、それでは寝ま・・・・・

せん。

あねごとリーダーとさらに飲み続けます。
あねご、途中でスリーピング。

おれとリーダー5:00過ぎまでしゃべってました。
リーダー、まあちゃんを6:00に送って行かないといけませんので、おしゃべり終了。
おれは、それから寝ましたが、オールナイトリーダー。

広島は雨


リーグ開幕したものの、スタジアムへなかなか行くことが出来ません。
今日の広島も行きたかったですね。
広島はゆっくり観光したいところでもありますし。

結局、スカパーCh.181パーフェクトチョイスのテレビ観戦です。

タオマフ

昨シーズンのゲームを観ていて、「ここやだな」と思う相手が、
おれの場合この広島と川崎でした。
ま、今年がどうなるかはまったくわかりませんけど。

広島はとくに佐藤寿人がいやですね。
あの裏へ飛び出すセンスがすばらしく、速さもあり、
なんか達也とかぶってしまうのですよ。

川崎とあたるのは、まだ先ですが、
ここ最近とんでもないゲームしてますしね。
あくまでもおれの場合この2チームがいやでした。

広島●1-4○浦和(スカパー)

負けなしの2連勝です。
あんまり贅沢はいってはいけませんね。
それでは軽く振り返ってみましょう。

まず、前半序盤はどちらも譲らず。
高い位置からプレスのかけ合いで、前線までボールが届きません。

ゲームが動いたのは、前半28分。
伸二のパスを長谷部がダイレクトでワシントンへ。
それを受けたワシントンが相手のファウルを誘い、
なんと1発レッドでジニーニョ退場。
解説の本並さんは、「これでレッドは厳しい」といってましたが、
「これでレッズは嬉しい」です。
そのFKをアレックス(また)が決めて先制。

2点目は、そのすぐ後でした。
小村のクリアミスをロビーが拾って、キーパーと1対1。
キーパーもうまくつめていましたが、それ以上にロビーがうまい。
あれ、なかなか枠へ行きませんよ。

前半終了。

後半は、数的にも有利な浦和のペースで進むのですが、
なかなかフィニッシュまでもっていけません。
そこで、場をなごませる(盛り上げる)のが啓太のミドル。
枠というより、もうゴール裏のサポへ蹴ってますから。

しかし、きょうの啓太はそこで終わりませんよ。
ロビー(だったかな?)からアレックスへ。
その低いクロスを詰めていた啓太が足で合わせて3点目。

その数分後にもロビーの完璧なラストパスを、ワシントンがヘッドで押し込み4点目。

でも無失点で終われないんですよね(これが贅沢)最後にウェズレイに決められて、1-4で終了。

とにかく今日目立っていたのは(いつもですが)うまいロビー。
やっぱりダーティーな戸田。またベッカムに怒られるぞ。
ゴール裏で、みんながタオマフ掲げてWe Are Diamondsの最中、
たばこ吹かしてるやつが映し出されてましたね。
また浦議で叩かれるぞ。

「あれ、闘莉王髪切った?」
「雨で濡れてるだけよ」

現地の浦和なみなさんは、これから温泉入って、広島焼でビールでしょうか?
おれもこれから飲みに行ってきますけど。

餃子


餃子のタネと皮が、「ほれ、握って焼いておくれ」と、
いわんばかりに冷蔵庫に入っていました。

「そうですか、わかりましたよ。握りますよ」

握ってみました 焼いてみました ビア

46個(数えた)完成。
普通タネがあまりませんか?
おれ、皮があまりました。

皮はあねごに教わった、「チーズ巻いて揚げるとつまみになるよ」
にでも今度しましょう。

さて、焼いていきましょう。

「1人前12個ね。そのかわりおかず餃子だけな」
「おれ、そんなに食えね」と、まおろい。
なので、3回ほど焼いて終了。
残りはフリーザーへ。

しかし餃子とビールは相性がいいですね。
ふだん2杯目は水レモンへリレーのおれも、3杯飲みました。

わかめスープ

ほんとに、餃子とごはんだけもなんなので、わかめスープで、きょうのごはん。

プレシーズン


消防の新入部員2名との顔合わせです。
ま、ふたりともよく知ってますので、シーズン前の懇親会とでももうしましょうか。
場所は小川さんの希望で、煉瓦亭です。

お通し ちくわタルタル 馬刺し

本日のお通しはコールスローサラダです。
ロス部長、お気に入りの、ちくわタルタルソースもきょうはあります。
ここの馬刺しは、いつも脂がのってますけど、どこの部分なんでしょうね?

えー、きょうもオーダーはあごひげをもう少しカットしたほうがいいと思う
(てか、おれが指摘してる)、よしひさに任せております。
水レモン、及び緑茶割りは、小川さんが公約通り、せっせと作ってくれます。

ソーセージ盛り とりから揚げ 刺身盛り

続いて運ばれてきたのは、ソーセージの盛り合わせ、とりから揚げです。
お刺身盛り合わせも出てきました。
おれ、チョリソぽいのひとつと、たこだけ食べました。

大根サラダ ポテトフライ 餃子

ここの大根サラダは、行く度に太くなってると感じますが。
そのうち1本丸ごとサラダとか・・・
どっかに半分丸ごとくらいの煮物がありましたね(わん?)
ポテトと餃子とかつまみで飲んでると、湯花楽思い出します。

串盛り

串焼きあたりをお願いして、そろそろですかね?
と、思ってるとまだまだです。

パフェ アイスクリーム

チョコパフェやアイスクリームをみなさん食べ始めました。
そうか、しめはデザートか。
と、思ってると

おにぎり

おやまあ、おにぎり食べ始める人もいます。

えだ豆

「たくちゃん、お豆が好きだから」
と、みっちゃんがえだ豆をたのんでくれました。

普通、一番最初にオーダーするようなものを最後につまんでるので、
宴はいつになっても終わりません。



長い宴の終了後、5人でふらふらと次の店を探しながら歩きますが、
お目当ての店はすでにカンバン。

そこで久しぶりのワンダーランドへ行くことに。
ここは事情により場所も店名(店かよ)も明かせません。

ワンダー ランド アトラクション

さまざまなアトラクションを堪能し、気がつくと深夜。

ここここで、別角度が見られます。

リンク文字がわからんですね。
明日直します(今2:30深夜)

牡蠣オイル漬け


さて、きょうはどうしましょうかね。
と、冷蔵庫をのぞくわけです。

みず菜サラダ パルメザンをかけて トマトサラダ

みず菜、トマト、ベーコン(賞味期限切れ)、オニオンでサラダを作ってみました。
食べる前に、イタリアンドレッシングとパルメザン、ブラックペパーもかけてね。

トマトとたまねぎがあまったので、おとうさん用にトマトサラダを。
ドレッシングは、オリーブオイル、たまねぎみじん切り、クレイジーソルト、
ブラックペパー、レモン汁少々、パセリです。

牡蠣オイル漬け レモンをかけて

5日前に漬けた、牡蠣オイル漬けも食べてみましょう。
これ、ネットでいろいろと調べると、フライパンで炒るときに、
オイスターソースも入れて、エクスタシーぽく仕上げるレシピもありますが、
どちらが正しいのでしょう?
今回も牡蠣を炒って、にんにく、赤唐辛子、ローリエ、を入れた、
オリーブオイルに漬けただけです。
何日か漬けると、これに軽くレモンを搾っただけでも、かなりおいしいです。

これで、あとパスタなんかを用意するとイタリアンぽいごはんになるのですが、
なんせ、おとうさんが冷蔵庫にあるもので作っているので、そうはいきません。

麻婆豆腐 かにのみそ汁

豆腐と、豚挽き肉があったのですが、麻婆豆腐しか思い浮かびませんので、それ。
かにも賞味期限が切れていたので、みそ汁にしました。

なぶら


あのー、「なぐら」ではなく、「なぎら」でもない、「なぶら」ですのでお間違えなく。

秦野駅北口を降りたら、まほろば大橋を渡って左へ。
川沿いを少し歩いたところの2Fです。
初めての人は迷うらしいです。
でも、迷うのも楽しみのひとつです。

というわけで、別に電話かメールで済むのですが、土曜日の打ち合わせのため、
なぶらへ。
みっちゃんが来るまでロンリーです。

なぶら中央テーブル なぶら川側座敷 なぶら川側カウンター

それでは簡単に店内のご案内をさせていただきましょう。
なぶらバーチャルツアーズの始まりです(なんだよそれ)

靴を下駄箱へ預け、まず目に入るのは中央の大きなテーブルです。
仲間8人でわいわいやるもよし、見ず知らずの方たちとどきどきするもよし。
テーブル中(掘られた部分)の作品にも注目。

その奥に見えるのが、中央カウンター。
ここは、かずくんやのりちゃんといちばん話がしやすい場所です。
右側が炭火前カウンター。
クリアパネルがあるため、のりちゃんに話しかけても通じません。
しかし接近戦のため、つい話しかけてしまい、のりちゃんがきょとんとしております。

真ん中の画像は、川側の座敷で衝立を外すと10名収容可能。
酔いがまわったら、川の流れに目をやり、また飲んでください。

右側の画像は、川側のカウンターで2(余裕)~3(密着)名収容可能。
ドリンクを作る作業が見られる場所なので、いろんな酒が飲みたくなります。

そのほかにも、8名ほど入れる座敷がもうひとつあります。
その日の気分やスタイルに合わせて、席を選んでみてはいかがでしょうか。
ま、「いかがでしょうか?」なんていえるほど空いてませんので要予約。

ちなみにおれは8人でもカウンター攻撃。



みっちゃんが来るまで、つまみのオーダーは待っていようと思いましたが、
気になってしょうがない、ほたるいか一夜干し焼を。

ほたるいか一夜干し 七輪 ほたるいか一夜干し焼

一夜干しにされたほたるいかが出てきました。
そして、七輪も運ばれてきました。
「ほー、これであぶるわけですか」
「あんまり焼きすぎると、肝が全部落ちちゃうので軽くね」と、
アドバイスをいただきました。
おー、肝がフツフツと出てきましたよ。
食べごろですね。
口の中が海です。
北酒場です(いや、なんとなく)
これも初めて食べました。

月曜なのですが、どんどん混んで来る店内。
中央カウンターにひとりで陣取っていたおれですが、川側カウンターへ移動。

酒 大長檸檬酒

すると目に入るのが、目の前に(しかも目の高さに)置かれた一升瓶のお酒です。
水レモラー(そんな言葉ないです)のおれですので、気になった大長檸檬酒。
「これ、ください」
へんな甘さはなく、すっきり味でおいしいです。

21:30ころ、みっちゃんやって来ました。

薩摩地鶏ももと砂肝刺 極上さば刺

「明日から鶏刺やります」とかずくんからメールもらっていたので、楽しみにしていた、薩摩地鶏ももと砂肝刺をお願いしました。
これ、鶏刺しはもちろんですが、つける醤油もまたうまいんです。

七輪がまだあるので、軽くあぶってもまたしこしこして最高です。
あのー、ここ珍満じゃありませんので。

さらに、極上さば刺ですが、もう「さば」という魚のイメージが変わります。
「さば」じゃないです。
「いえ、真鯖ですよ」

ほうぼうとふきのとう天ぷら あさりガーリック炒め おしつけ西京焼

ふきのとうの天ぷらをお願いすると、ほうぼうも一緒に揚げてくれました。
どちらも最高です。

あさりガーリック炒め、ラストでおしつけ西京焼をお願いして、最後にもう1杯
、大長檸檬酒をいただいていると0:35。
帰らないと終電(0:45)に間に合いません。
ごちそうさまでした。

駅で降りる客を眺めながら、
みっちゃん「あのブルー(ジーンズの色)足長くね?」
おれ「長くねー」
みっちゃん「あの帽子小っちゃくね?」
おれ「小っちゃい」
と、意味の無い会話を続けながら、また寒い夜道へ。

本日も別角度はこちらで。

豚しゃぶ


お通し 豚しゃぶ 大根とわかめのみそ汁

本日のお通しです。
セブンイレブンで買った、たまごマカロニサラダ。
みょうがが高かったので、しらす鮭フレーク大葉和え。
冷蔵庫に入っていた、なんだかわからない葉っぱのごま和え。

豚しゃぶは、ポン酢かごまだれでどうぞ。
大根とわかめのみそ汁で、まろおろいのきょうのごはん。

「じゃ、なぶらへ行ってきます」

JINRO GOLD


消防の打ち合わせがあるので、リーダーに車で送ってもらいます。
来シーズンの書類作りをして21:00過ぎ終了。
さて、どっか行きますか。

リニューアルしてからは、初めての嘉門へ。
「8人ですけど入れますか?」
「はい、奥のお座敷へどうぞ」

JINRO GOLD お通し 刺盛り

「ここ眞露ないよ」といううわさを耳にしてましたが、
「眞露ゴールドならありますよ」と、おねえさん。
「普通のと味違うんですか?」
「これのほうが体にいいんです」
「じゃ、それ」

お通しは見ての通りの煮物です。
刺身盛り合わせで、いちばん気になったものの正体はくらげでした。

とりのから揚げ たこの揚げだし 牛すじにんにくの芽炒め

ちなみにきょうのつまみのオーダーは、水レモンや緑茶割りをせっせと作ってくれる、
最近伸ばし始めた、あごひげがやや評判悪い(らしい)、よしひさに任せてあります。

とりのから揚げですが、味見する間もなく、隣のテーブルへ移動されました。
真ん中は、揚げだし豆腐の豆腐がたこといえば分かりやすいでしょうか。
たこがやわらかくておいしいです。
右は牛すじとにんにくの芽が炒めてあります。
やや濃い目の味付けですが、つまみにはいいでしょう。

チョリソ きびなごから揚げ 馬刺し

チョリソですが、みなさん「カレーの味がする」と、おっしゃってます。
その次に出てきた、きびなごのから揚げのわきに添えてあった塩に、
カレー粉が入っていて、「カレーの味ってこっちだべ」と意見のべてみましたが、
完璧スルー。
馬刺しは注文するとき「しょうがとにんにくどちらにします?」
というのが聞こえてました。
みなさま、「にんにく」と答えてましたが。
「にんにくとしょうが両方欲しいよな」と、みっちゃんに愚痴るおれ。
だったらその場でいいなさい。

なすともちの揚げだし 鍋

揚げだし豆腐の豆腐がなすともちといえば分かりやすいでしょうか。
もちは苦手なので手を出さず。
最後の鍋に入って出てきた料理は名前すら分からず。
いろんなものがぐつぐつと声を出していました。
かつ丼の上のような味でしたが、かつは入っていません。

違う角度からの画像はこちらで見られます。

気功


ここ何か月が肩こりなんでしょうか。
右肩が痛かったりだるかったり、寒い日に指先が冷たかったりしびれたり。
ひょっとして四十肩?

そんなわけで、気功の先生にお願いすることにしました。
この先生、いつも予約で一杯なので、肩こりくらいですと気が引けますが、
最後の30分だけ(といいながら結局1時間)お願いしました。

これで3度目になりますが、「どうしました?」
なんて、症状を聞かれるわけでもありません。
(見れば、その人のどこが悪いか、分かるらしいです)
世間話を少々したところで、本格的に始まります。

で、1日経ったきょうですが、すっかり治ってしまうのですよ。

湘南ホームゲーム


湘南×仙台 平塚競技場
3月21日(火・祝)13:00キックオフ
自由席大人

チケット

2枚あります。
誰か行きませんか?

飯田産業戦


啓太いつまで髪伸ばすんでしょうね。
闘莉王と、競争でもしてるんでしょうか?

平川「おれも」
相馬「おれも」
坪井「お・・」「伸びてません」

その闘莉王ですが、バックパスという選択をしない長谷部からの正確なクロスを、
ダイビングヘッドで1点目。
「きょうは看板に乗りませんよ」
「そうです。けがに注意」

しかし、キレキレのアレックス。
速いわ、正確だわで、あれじゃ誰も止められません。
美しいフリーキックで2点目。
途中交代しましたが、大丈夫でしょうか?

3点目はロビーのうまさがでましたね。

ところで、本日初お目見えの動く広告ですが、場所がまずくないですか?
あそこじゃ、大旗置き場になっても仕方ないでしょう。
ハーフタイムで「広告見えるように旗置いてね」とでもいわれたのでしょうか?
後半からは遠慮気味に置かれていました。

偶然の発見


野菜室にあるものを片っ端から出してみました。
キャベツ、もやし、にんじん、たまねぎ、にら、といったメンバーです。
残っていた合い挽き肉と一緒に、野菜炒めです。
新庄の(宣伝してる)ソーセージ、鮭フレーク、大根とわかめの味噌汁で、
きょうのごはん。

途中、はしでつまんだ野菜炒めが、偶然みそ汁の中に落ちたわけです。
やや、ごま油の香りが広がるみそ汁。
で、そのみそ汁に落ちた野菜炒めを食べてみてびっくり。
すげー、うまいです(うまい味噌らーめんのトッピング感)

「まおー、ろいー、その野菜炒めさ、みそ汁に入れてから食べてごらん」
「うめ、ほんとだー、すげーうまい」
そうやって、山ほど作った野菜炒めですが、ほぼろいが平らげてました。

残念ながら画像はありません。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives