ナンプラー




先日隣町で買ってきたこれ…
くさみが少ないときいたけど、そのぶんしょっぱい。

タイ料理は、塩よりナンプラーで味付けちゃうと思うとありなんだけど。
味付けじゃなくて、ちょいとかけてなんてときは気になる。



で、バンコクの街中でもよくみかけるティパロスに戻る。
安いし日本でもけっこう買えるとこあるし。

ほどよいくさみはうまみに感じる程度で好き。

ときどき高いのみかけるけど、あのへんはどうなんだろうね。
いや、これでいいや。

ハンバーグ




うちのハンバーグは(かなり昔の)小林カツ代さんのレシピを参考に…
なので、そのときによって入れる調味料もかわったり。

この日は赤ワイン飲みながらやってるので、ソースに赤ワインも入れちゃえと。

にんじんを塩と砂糖とバターでなんて思ったけど、じゃがいもしかない。
じゃ、たまごでも焼くか。

ラープムー




隣町のタイ食材屋へ寄ってみる…

フレッシュ野菜はじめ、タイ米や必要最小限の調味料は揃ってる。
バイガパオやホームデーンが手に入るのは便利なので、また行こう。



そんなわけで、ホームデーンを買ってきたので、ラープムーを作る。

ほんとは仕上げにペパーミントの葉っぱなんだけど、なかった。
今度は、入れてやってみよう(かなりそこが重要な感じなので)

でも、タイ産のプリッキーヌやホームデーンのおがげで、かなりそれっぽい。

ゲーンマッサマン




鶏肉、パクチー、ココナッツミルク、ピーナッツなんてもんを買ってくる。

じゃがいもはもらったのがたくさんあるし、たまねぎもある。
なわけで、前に買ったマッサマンペーストを使ってはじめる。

他に調味料は、鶏肉の下味に塩胡椒を使ったくらい。
仕上げの、ちょい砂糖とナンプラーでしっかりしまる。



甘い甘いといわれるとけど、他のタイカレーとくらべるから…
それなりにピリッとするし、コクもあってうまい。

最近、カオニャオ(タイのもち米)を食べてたせいか日本米も違和感ない。

カオパット(チャーハン)にするときは確実にタイ米がうまいけど。
そのためにタイ米買うのものな(けっこういい値段するし)

カイジャオ




これまた最近ごはん当番復活らしいので、ちょいちょいあるもんで作ってる。
てか、うちの冷蔵庫ほろんど保存品はないのでろくなもんがない。

この日は、豚肉と卵と野菜が少々…
なので、こんな感じな。

コワタイ




厚木の古式マッサージのタイ人に、近くでうまいタイ料理を聞くとここだと…
ベースのある街、さがみ野駅からすぐの店。

飲み屋が集まった2Fのこんな入口なもんで、知らないと入らないかも。

8名ほどで突撃してみると、雰囲気はバンコクそのもの。
もちろん「サワディーカー」と迎えてくれる。



ビアリオが飲めないのは残念だけど、ビアシンでチョンゲーオ!
ここのママはチョンケーオ(ウ)みたいな発音なので気になったけど、そんなもんだ。

味は、間違いなくバンコクでも高レベルのタイ料理。
基本のパッガパオガイなんかの辛さも本物だし。

他のお客さんも多く、ぐるぐる回転してる忙しさ。
それでも、日本人はずっと自分らだけという空気もいい。

風が涼しい夜




湘南戦をここで観ようと出かける…

とはいってもここのテレビは映るわけなく(映ってたころ知ってるけど)
iPhoneでオンデマンド観戦。



そうはいっても、ほぼ満席。

ホッピーがぶがぶ飲んでると、オウンゴールに気づかず…
お、湘南勝ったか(程度)

会議後2軒




公民館で会議後、いつものカウンターへ。

スーパーシロが1本しかないので、3人で仲良く分ける。
本日の刺しはたくさん。



隣へ移動…

クロタンが売り切れなので、冷しゃぶゴマだれつけ麺。
クロタン食いたい。

セロリ会




3軒目は、これまたいつもの立ち飲み屋。
ここがスタートになることが多いんだけど、この日は17時から。

ちょっとずつ違ったものをたのんでみるんだけど、どれもちゃんとしてる。
あんなに、激安なのに。



4軒目は、牛八に戻ろうといいながら新規の店へ。

骨付鳥・からあげバールらしい。
骨付はおやとひながあって、おねえさんがテーブルでカットしてくれる。



〆は、最近すっかりここ。

メニューも料理そのものの量も多い。
で、いつも食べたいといいながら忘れてたやつたのむ。

海老とかにのなんちゃらをチャーハンにかけたやつ。
スーパーうめー!

ミスジ




ミスジがうまい…

まぐろでいうトロのようで、そのくせいやな脂はない。
にぎりにでもして食べてみたい一品。

ここへ行くと、お兄さんにその日のおすすめとミスジがあるか聞く。
だいたいミスジはあるので、その素晴らしさを楽しむ。

そもそもメニューにないので値段もわからない(たぶんここは良心的)

外で飲もう




高円寺のこういったオープンな店は、今頃がいちばん居心地がいいかな…
真夏になると夜でも暑いし、真冬はビニールの中でも寒いし。

ガード下なんで、雨が降ってもへっちゃら。

以前よく行った場巣亭や他の店では、まったく屋根のない席もある。
バンコクの屋台街みたいで楽しいのな。

タラモ




家庭菜園(とはいえプロ)のじゃがいもが届いた。
キタアカリ、男爵、メークインの3種類。

まずは、キタアカリを使ってタラモサラタを作る。
本場ギリシャでは、サラダじゃなくてサラタ(サラータ)らしい。

じゃがいもをカットして茹でたら、つぶして熱いうちにオリーブオイル、バター、マヨ。
塩胡椒、おろしにんにく、たらこ、たまねぎ入れてまぜまぜ。

うちはそんな感じ。

POY-SIAN




こんなん買った。

現地だとたぶんクイティアオ1杯くらいの値段だと思う。
けど、かさばるしな。

カイジャオ




タイの屋台でよくみかけるカイジャオ(たまご焼き)
最近、うちでもよく作ってる。

あちらの場合、焼くというより多めの油でしっかり揚げ焼きな感じ。
いちばんシンプルなのは、油、たまご、ナンプラーだけ。

作る人によっては、油を熱したフライパンにまずはナンプラーをジャー。
それも香りが出てありかなと思う。

これに豚挽き肉が入るとカイジャオムーサップ、好みでねぎ等の野菜や唐辛子。
それをごはんにのせれば、カオカイジャオムーサップ。

スイート(ホット)チリケチャップみたいなのを好みでかけて食べる。

こっちで作る場合は、塩胡椒や砂糖もあり、ただ絶対必要なのはナンプラー。
これで、あの屋台っぽい味になるので。

油もあんなに入れてない(まわりが汚れるしな)
何かかけたかったら、ケチャップにタバスコ(くらいならあるので)で代用。

日本のたまごは新鮮なので、あんなにしっかり焼かなくてもいいと思うけど…
目玉焼きといっしょで、あれもタイの味か。

たらこ釜めし




2家族の方たちから、飲みに行こうとかラーメン行こうとかつうラィが。

ありがたいことです…
ただ、誰々がまだとか迎えに行かないととかで、スタートが遅くなる。

ま、どうせ店もこんでて入れなかったからいっか。



本日のおすすめに、シロがあったら迷わずたれで。
ここのスーパーシロはうまい。

ありそうでなかなかない、クリームチーズ酒盗。
酒飲まない中学生が大好きな一品。



釜めしにたらこなんてメニューあったけ?
きくと、前からあるらしい。

自分で釜めしたのまないからな。



予定通り、ラーメンも行くよ。

ロンリークロタン




あれもこれも食ってみては、黒胡麻担担麺に戻る。

小次郎でいう、濃厚味噌つけ麺に戻るのといっしょ。
そういえば、あそこの黒胡麻担担麺ももう一度食べたいな(今はない)

この日、隣に座った男性も同じ(クロタン)の注文した。
なかなか、めずらしいことなのです。

今宵もパーフェクト




いつものロンリーホッピー…

しかし、この日なんか先客4人が全員ロンリー。
でも、マスター交えてみんなで同じ話したりする空気がいい。

焼きは、トリモモ(のみ)で2つ飲んでささっと帰る。

十勝豚丼




厚木でタイ古式マッサージを受けたあと、脳内タイ料理だったんだけど時間が…

そのまま実家近くに車を停めて、豚丼屋へ。
とりあえず、娘2人とチョンゲーオ!



十勝で食べたことないけど、これが本物ならうまい。
ここの丼は、なぜか鰻丼食ったような後味になる(ほめてる)

といいながらこの日は、ウーハイ飲み続けてただけ。

しそ巻




そしたら翌日も同じ店だった…

マスターにいわれるまで気づかなかったんだけど。
カレンダーみたら予定は入ってたと。



ロンリーじゃないと、いろいろとたのめるのです。
この他にもたくさんテーブルに。

なのに移動…



このへんで、しそ巻食ってみたいから。

こんな感じで、つるやとは違うな…
しかも、高いし。

さらに移動…



生は飲んでるけど、ラーメンはみてるだけ。

しこいわし酢〆




最近、このへんもロンリーで行ってるな。

白ホッピーをたのんだら黒ホッピーがきたけど、そんな日もあるもんです。
そういえば、黒も飲んでみたかったなと。

久しぶりに本日のおすすめメニューで、しこいわし酢〆を発見。
つまみ、これだけで鳥飼水割りを飲み続ける。



隣へ移動。

ここも陽気のせいか、冷やしラーメンがあるな。
たまに違ったものたのむと「あれ、タンタンじゃないんすか?」とかいわれる。

結局、ロンリーでもあっちでしゃべって、こっちでしゃべって…
あんまり、うるさがられないように気をつけよう。

あぶさん




前回復活したのは知ったものの、違うメニューをたのんだので、今回はこちら…
そう、港めし。

これ、生しらす(水揚げがあるとき)か釜揚げしらすかとかじゃないな。
出されるもの、すべてが美味しい。

少し値段が上がったけど、それはどこもいっしょ。

ゴーレッズゴー




最近(ほどよいキッコフ時間)の埼スタタイスケ…

ロマンスで軽く飲んだあと、東川口西友で友だちと会って酒購入。
埼スタ到着後は流れが落ちつくまで、外の日陰でピクニック。



のち、山田うどん裏の酒場へ。
そういいながら、山田うどんでは最近ほとんど買い物してませんね。

旬のもの、全国各地のおみやげ等が味わえます。



試合後、朝霞へ移動。

しそ巻でチョンゲーオ。
他にもメニューはたくさんあって、どれもうまいんだけど、しそ巻が強烈なのな。

最初に、しそ巻たのんで、〆にしそ巻という店。



2軒目はこの街の2大ラーメン(中華)屋のどちらかへ移動。
餃子や野菜炒めで、ホッピーを飲み続けるわけ。

チャーハン祭りは、ルースー、マーボー、海老うま煮とかけるのを迷いましょう。

で、最後のロマンスに乗れるように店を出るという。
いつもみんなありがとう。

バミーナーム




隣町にクイティアオやバミー、かんたんなタイ料理を出すお店がオープン。
昼時に、行ってみる…

バミーナーム(ムーデーン入り)をお願いする。

タイでも、インスタントぽいのをそのままつう屋台もある。
けど、これは日本のインスタントの味がしちゃう。

残念…

マスターと世間話




ロンリーパーフェクトサンレイ…

日中は真夏のような陽気でも、夜になると涼しくなった。
年中開けっ放しのこの店には最高の日和。

イェンサバーイ



焼きは、トリモモを塩で。
のち〆(てかこれだけ)のつくね。

ホッピー2つ飲んでささっと帰る。

甲府鳥もつ煮




実は食べたことなかった。

せっかくここまで来たので発祥の店へ行く…
気はなく、スタジアムグルメの店で味見。

ここまで甘くするのが(あの)時代の贅沢なんでしょうね。
そんな味。

片倉城址公園




友だちと(この時までは)京王片倉駅で待ち合わせ。
時間があったので、ここへ寄ってみる。

R16からの入口は分かりづらいらしいので、じーっと注意しながら運転。
すぐにみつかって駐車場へ。

公園全体、うまく手入れしてあって、それなりに自然も残ってる。
山道がかなり本格的なので、ビーサンで後悔する。

もう少し歩かないですめば、桜の時期の花見によさそう。

近場3軒巡り




前日、前々日といっしょに飲んだ友だちが、うちにおいてった車を取りに来た…
ら、これまためずらしい友だちが来たので、3人で飲みに行くという。

いつもの店は、山なんちゃらな人たちや家族連れでいっぱい。



最近、シロやレバより、皮があると皮たれをお願いすることが多い。
ふにゃふにゃの皮たれはイヤで、ここのみたいにパリっとしたが好き。

ホッピー、鳥飼水割りなんて飲んで、移動…



場所は伝説ながら、最近ちょいちょい店がかわるところへ行ってみる。

たぶん、この店も時間の問題だと思う…
ささっと帰る。



早目のクロタンを楽しむ。

「このラーメン、おれは食えないな」と友だちはいう。
いや、実際そういう人がまわりに多い。

ブラジル




「ブラジル」ときくと、ワールドカップでもなくこの店を思い浮かべます…
この辺の人だけか(しかもその歴史を語り継がれてる人たち)

なんも知らない人は、「ブラジル行こう?」っていわれても「へ?」でしょう。
連れてかれるのがラーメン屋さんですから。



で、ラーメン屋といっておきながら、適当につまみたのんでビールにウーハイ。
チキンカツが絶品なのな。

あと、お店のかたとのおしゃべり。

元気いってらっしゃい




浦和 5-2 名古屋(埼スタ)

すでに決勝トーナメント進出は決定。

なので、気持ちよく元気を送り出すための祭り…
と、いつもはならんのが浦和なんだけど、この試合は楽しめましたね。

元気、たくさん失敗して、それも楽しんで、また大きくなって帰っておいでなー。

スマイリ




翌日は厚木で飲むことになり、なんとなく子どもも入りやすそうな店をと…

ネットで駅近で探してみると、ここなんか評判よさそう。
料理が味がというより、雰囲気が人がいい感じの店ですよ。



子どもたちが食べたそうなメニューもだいたいそろってるし。
ただ、売り切れとか、ないとかってのも多かったけど。

その後、6人が8人になったりして楽しい宴でした。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives