鳴門海峡




運転手さんに話をきいていくうちに、自分はここに何度か来てることを思い出す。
鳴門の大塚グループのひとつだったんだけど、あの頃は「四国」というイメージだけ。

せっかくなので、鳴門海峡までぐるっと車でまわってもらう。
高台の景色のいいところで車を停めてくれた。

ほんとは渦の道へ行きたかったんだけど、間に合わず。
そりゃ、昼過ぎに着いて2軒飲み行って、温泉入ってるんだから。

安兵衛




その飲み屋とは、安兵衛。
夜早く閉店しちゃう以外はパーフェクトな店でした。

徳島の郷土料理や、それ以外もいろいろと…
気になったもんを片っ端からいってみる。



鰹たたきと鶏たたきを。
鰹は高知なんだけど、まあ食っとく。

高知でも思ったけど、四国ってこういったたれやつゆ薬味までがすべて美味い。
わかめなんか、ほんと違うもん。



徳島は阿波尾鶏が有名なんだけど、そんなブランドじゃなくてもいいらしい…

店の大将やおねえさん、カウンターの常連さんたちまでが、いろいろ教えてくれる。
こういったことがうれしいし、ありがたいんだよなぁ。

だから「店は人」



そんな話をしてるうちに鱧もたべてみたくなってお願いする。
想像では、味のない白身を梅肉だれをからめて楽しむ料理か…

全然違った。

素材もなんだろうけど、大将の腕なんだろな。
繊細に骨切りされた身はしっとりとして、そのままで独特のうまみがある。



これはいちばんの驚いたうなぎ蒲焼き。

四万十の天然の話なんかしてたら、それよりこっち…
水槽で泳いでたやつなんだけど、四万十のより安くてうまいよーと。

関東風とか関西風しかないと思ってたけど、四国風なのか…
今まで食べたことのない歯ごたえ。

身がしっかりしてるんだけどかたいわけじゃないし、くさみもない。
これはとんでもないもん食べさせてくれた。

この店は絶対また行きたい。

サンルート徳島




立派な徳島駅。

空港からリムジンバスで来たから電車は利用してない。
じゃ、なんでここにいるかっつうとホテルが目の前なんです。



ポッポ街から、デパートの地下食品売り場へ。
スーパーマーケットや食品売り場、市場なんかが好きなのです。

ここでフィッシュカツ買う(買っただけ)
なぜなら食うタイミングがなく、翌日レンタカーの車内に数時間放置(のち処分)



ホテルへチェックイン(だけしてすぐまた飲み行く)

今回お世話になったのはサンルート徳島。
JAL予約したときに、ホテルとレンタカーもセットでお願いしたとこ。

部屋は広さこそないものの清潔で必要なものは揃ってる。
さらに屋上に源泉かけ流し温泉があるからたまらん。

それとフロントのおねえさんが教えてくれた近所の飲み屋が最高だった…

ドロー




浦和 1-1 鹿島(埼スタ)

結果からいえば、負けてないのでオッケーです。

徳島で戦ってきたばかりの選手たちですから…
遊びに行ってる自分たちだって疲れてるわけだし。

ただ元気がいない今、交代で入ってくる選手に期待せずにはいられない。
その選手が、どうも違うがんばり方しちゃってる(湘南の試合観過ぎなのもある)

柏木、疲れてるんだから…
周ちゃんありがとう。

けんど茶屋




徳島駅前で軽くなんか食って飲もうか…
と、店を探すもなかなか見つからない(いやほんと)

目についたポッポ街商店街というアーケードを歩いて発見した店へ。



徳島っぽいものをと、徳島ラーメン、たらいうどん、冷やしうどん…

みんなに少しずつもらって食う。
とくに、徳島すげーという感動はなし。



自分も徳島丼(徳島ラーメンの上がごはんにのってちょいスープ)を…

真ん中のうまそうなとこだけ食って、あとはみんなにつまんでもらう。
うまそうなとこ残しとけと怒られる。

次行こう…

アウェイ徳島


今回の徳島行きは2か月以上前から決めていて、ほぼ手配も済んでいた。

試合当日も予定通りに(着いたら飲み行って温泉なんだけど)行動。
あとの移動は(交通手段が限られるため)現地でタクシーと交渉。



結局、ホテル目の前から乗ったタクシーの運ちゃんと、とんとん拍子に話が進む…

まずは、鳴門海峡周辺をまわってもらう(時間の都合で渦の道は入れなっかけど)
ポカスタまで行き、試合終了まで寝て(待って)てもらい、その後駅周辺飲み屋へ。

スタで友だちが3人増えたので、運ちゃんに電話してもう1台呼んでもらったりと。
帰りはメーターだとばんばん上がっちゃう(高くなる)からと、親切な価格。

そんなわけで、スタの行き帰りは心配することなく、いつも通りのゴール裏。
席、ありがとうございましたー。



徳島 0-2 浦和(鳴門)

危なげないといったらうそになるかもだけど、しっかり先制して追加点。
しかも、記録となる7試合連続無失点という結果。

揶揄されるほうの「浦和らしさ」はずいぶんなくなってきたかと。

個人的には、小島秀仁との対戦を楽しみにしてた部分は大きい。
いろいろとあるんだろうけど、楽しんでやって欲しいな。

神田グリル




厚木実家に10人ほど集まってるので出かける。

和食系のさっぱりしたもので、そばやうどんにつまみがあって飲めれば…
なんて話してたくせに、決まったのは洋食屋さん(よくあること)

赤ワインでチョンゲーオしてるし。



みんなでいろんなものたのんで、少しずつ。
ハンバーグ、チキンステーキ、カニドリア、タコライスと…

ごちそうになって店を出る。



どうしても脳内そばだったムスメと箱そばへ寄る。

ビールかウーハイでも飲もうと思ったら、まさかのアルコールの販売はございません。
水飲んで、べらべら喋って帰ってくる。

カレーペースト




隣町のタイ食材屋へ寄って買い物。

カレーペースト、ココナッツミルク、ルークチン、パクチー他。
いつもは1回分だけの、カレーペースト使ってたけどこれは大きいやつ。

そのマッサマンからやってみる…



メーカー(カレーペースト)が違うけど、味はそれほどかわらないかな。
若干、辛さが強い気もするけど量も調整できるし、ココナッツミルクでなんとかなる。

次はイエローやってみよう。

デッドボールで出塁




3回戦の相手はご近所さんでもある足柄高校。
ま、そのせいか気持ちのもっていきかたが難しいのかなと。

1点を追う9回裏に越田くんのソロで追いつき、初戦に続く延長戦。
今回は後攻、トーナメントはそのほうが気持ちが楽だと思う。

延長15回裏(この回決着がつかないと再試合)アールくんが代打で出場。
しっかり送りバントを決めるようにいわれての打席は、初球デッドボール。

それでも、その流れで2アウト2、3塁から錦織くんのサヨナラ。

毎試合ハラハラさせるチームだこと。
次もご近所さんの山北、経験を生かしてしかっりと…

初戦突破




鵠沼ビーチへ出てみると、湘南オープンやってることに気づく…
以前もみにきたことあるし、ネットでライブ中継もみてた。

ただ、波のコンディションがよくないっぽいな。
てか、目的はこっちじゃないので戻る。



はいこちら、藤沢八部球場であります。

第3シードなので2回戦が初戦となる立花学園の相手は鎌倉学園。
まあ、ハラハラしたわ。

立花学園 7-6 鎌倉学園

馬入




港めし食ったら、港でのんびりするわけです。
この日の馬入(相模川河口)は、波もないのでサーファーもゼロ。

釣り人や、釣り宿に戻ってくるとこを眺めながら…
この時期らしく、シイラやマグロのグッドサイズが釣れてるなぁとか。

ここから相模川沿いのチャリと人だけ通れる土手を走ってくと…
あ、途中階段か坂を上り下りしなくちゃなとこあるけど。



ここも馬入と呼ばれる湘南の練習場、ふれあい公園へ到着。

16時からとあったけど、まだまだ暑いからミーティングでもしながら16時半なのかな。
そんな時間に、チョウさんはじめ選手たち出てきた。



18時くらいに、ようやく涼しくなるような日。
それが正解だよね(この時期の運動は早朝や夕方に限る)

で、もっかいビーチ寄って帰ったりと。

生しらす




昼過ぎると、ビーチからここへチャリを漕ぐ。

もうここへ行くと、迷わず港めしを…
一応、生しらすの水揚げがあったか確認しますけどな。

釜揚げしらすもうまいんだけど、やっぱり個人的には生しらす。
それでこそ、パーフェクトなごはん。

なにもかもうまい。

最近のMUJI




オールドグラスが取り扱い中止らしいので、新横浜のおねえさんに在庫を探してもらう。
でもって、最寄りの店で受け取れるらしいので10個お願いした。

10個買っても1,500円とバンコク市場みたいな価格(実際にタイ産)
これで、もう少し使っていられるな。

これを取りに行ったとき、ついついウレタンフォームチップまくらも買う。
ずっと900円の羽根まくらだったけど、こっちのがへこみ過ぎずに(今のとこ)いい。



この2つは店に在庫がなく(取り扱ってないわけじゃない)ネットストアで。
ステンレスのしっかりとしたかす揚げと、持ち運びにも便利な温湿度計。

どちらも無印らしくシンプルで使いやすい。

八王子チヂミ会


横浜スタジアムから横浜駅西口へ寄り保土ヶ谷まわりで八王子方面へ。
圏央道相模原愛川から先は初めて走るけどトンネルが多いのね。

八王子JCTから中央道で八王子と、ここまではほんと早い。
ただ、下へ降りて16号を駅に向かうまでが大渋滞な。



なわけで、八王子焼肉ソウルへ到着。
帰りは運転してもらうので、飲むだけ。

タンやロースでマッコリも最高なんだけど…
翌日すぐに食べたくなるのがここのチヂミ(ここでしか味わえない)

ま、翌日も(わけあって)行ったんだけどな。

高校野球神奈川大会




夏の、これが始まりましたね…
アールくんもベンチ入りしたので、スタジアムまで行ってみる。

いつも思うけど、こんな暑いときなんでやるんだろ?

ま、観に行くけどな。
選手のコたちが大変でしょ。

ペパーミント入手




市場でペパーミントを発見したので、ラープムーを(またまた)やる。
そのくせ、ホームデーンはないのでアーリーレッドで代用。

それでも、ミントの爽やかさは本場の味を思い出させてくれる。
ミント大事な。



この日のカレーはイエロー。

これもタイ産のペースト使ったんだけど、かなり辛い。
無印のグリーンほどじゃないけど、辛い。

でも、翌日中学生が「うまいな」って食ってたな。

台風のうねり




この日は台風が近づいていたので、ここ馬入でもセットで頭オーバー。
やや強めの東よりサイドショアながらパワーが感じられるコンディション…

なんていってるけど、こんな日は絶対沖へ出ることさえできません。

とくにここは強いカレントも発生するし、入れるのは上級者オンリー。
そ、上手い人たちのロングライドをすーげーと観てるだけ。

なすとグリーン




この日はなすをもらったので、煮浸しというか揚げ浸しというか…
フライパンの油で炒める程度のやり方。

それに、鶏挽き肉で肉味噌を作ってのせる。



このカレーは無印のグリーン。

温めただけで味見してみる…
かなり辛い(ここでだいたい想像できる)

結果、なすもカレーもアールくん食わない(そんな日もあるさ)

ネオレスト




あにきにトイレを交換してもらった(ありがとー)

こればっかりは最新のものだなと。
快適快適。

ただ、よそのトイレで流し忘れないように注意なのな。

ここはコレ




しかし、久しぶりにクロタンがあったなー。

クロタンがないと食わなかったり(ビールだけ飲んで)
あいさつだけして帰ったりするのな。

なんか、みんなも笑顔で迎えてくれる。

刀削麺




と、看板にある中華料理屋へふらっと入る。
高円寺のあの店を思わせたのでな…

店の人はみんな中国系で、そのへんもいっしょ。

ただ、ウーハイが濃くないのと少ない。
チャーハンにあんかけかけてくれるやつもない。

野麻土




アリーナ近くの集合場所へ…
埼スタ前の赤羽15時会が、場所がかわってさらに早くなった感じ。

ビアリオはなかったけどビアシンがあったので、チョンゲーオ!

タイ、ミャンマー、インドネシア、中国、韓国、沖縄…
なんてメニューがたくさん。

こうゆうの多国籍料理ってのか。

赤ワイン飲み始めて、1時間前になっても席を立たず。
30分前に席行けばいいでしょ…

いつもな感じ。

新横浜で買い物




新横浜駅近辺で無印やそんな感じのショップを数軒まわる…

最近、そろそろ買わなかきゃなーなんてもんを片っ端から。
これとこれ、あそこはこれでいいやと、この日は捗る。

何軒まわってもまったく決まらない日もあるのに、買い物もそんなもん。

日高屋




近くにいっぱいある方たちはあんまり利用しなくなるんだろうけど…

これといった店がない街では、自分には便利な店。
新横浜なんかがそんな街なので、行きも帰りも寄るという。

ラーメンとかをちゃんと食べなくても、生とホッピーのちウーハイが飲める。
そら豆や冷やっこもあるし。

翌日はさすがに寄らなかったけどな。

ALL OR NOTHING




うちにあるペンライトはこのときに買ったやつだから、すでに3年経つのか…

下のメッセージボードは翌年のソウルでもらったもの。
なんだかすでに懐かしいな。

今回このボードでスーパーうれしいこともあったし。
ま、本人がそう思えばいいのです(あんなもんは)



今回も横浜アリーナには当然2日間とも行った。

個人的にコンサートは席が重要なので、それなりに作戦実行。
ほぼ希望通りな感じでいけたので、よかったほうかな。

さて、コンサートはというと…

タイは(行ったのに)なぜだか中止だったので、その他の場所でのYouTubeは観てた。
でも、まったく空気は違うんだよね。

あそこでしか感じられないこと。
2日間行くと、2日とも違うこと。

日本語の歌詞が多くてとか、ボムちゃんの報道が心配とかもあったけど…
始まったら、まあこれまたいつも通りがんばってるコたちだこと。

神シエルが何もかもリードしてつくりあげていく。
それを、3人のメンバー他ががんばってついていく形は以前と同じ。

ただ、今回とくに感じたのはミンジのがんばりかな。
若いんだからたのむなー的なのに、しっかり応えるミンジがすばらしい。

こうだから、何度行っても楽しめるのです。

バミーナーム




平塚タイへ寄ってみる。

ナンプラー、ソープーカオ、ホットチリソースなんかを選んで…
ペパーミントがあれば欲しかったけど、ないのでパクチーとホームデーン。

あと、ママーのインスタントラーメンとカレーペーストなんかを買う。

で、目が合ったのがこの巨大なティパロス(ナンプラー)の4.5リッター。
これでたしか1,000円くらい。



そのインスタント使って、バミーナームぽく。

ルークチンやムーデーンもなんもないので、豚薄切り肉を叩く。
このスープははじめからなかなかの辛さ(たりないときはプリックで)

さらに、ナムターン(砂糖)、ナンプラーはぜひ入れたいとこ。
パクチーと砕いたピーナッツ散らせば、かなりそれっぽい。

ソムタムピーラー




これバンコクで買おうと思って、何度か探したけど売ってないんだよね。
あっちはかえって貝印とか日本のピーラーがたくさん並んでる。

結局日本のタイ食材屋さんで買って、最近ちょいちょい使ってる。

日本の千切りピーラーとどう違うかというと、刃のギザギザが上なこと。
このおかげで、千切りとその素材自体もギザギザになる。

何がしたいって、よくあるきゅうりをタイっぽくしたいのね。
ちなみに日本の刃が逆なのでやると千切りはできても、素材は平になっちゃう。

とはいってもこれ本来の利用法は名前の通り、ソムタムの青パパイヤカット用。

タイカレースティック




ファミマにあったので買ってみる(食ってみる)

いなば食品監修でカバヤ食品が作ったというこちら…
さすがあの大ヒットした缶詰のそれっぽさはじゅうぶん感じられる。

どっちかというと、イエローが好みかな。
辛さもほどよく、タイで作ったといわれても信じる味。

タイ限定のプリッツと比べても、かなりいけると思う。
この量と価格(60円)もいい。

でも、缶詰といっしょで食べ過ぎない方がいいと思う(あきるから)

えいひれ部




久しぶりに、えいひれ部を開催する。

その他にも、アスパラやエリンギ、いか、はまぐり、ソーセージと…
ないものねだりで、しそ巻きとかピーマンチーズ豚ばら巻きとか焼きたい。



だからこっちもない…

味はナンプラー




きょうの冷蔵庫にあるものから…

豚こまで生姜焼きは、たまねぎも入れちゃおう。
いつもの味にナンパァーもな。

ポテト炒めは、揚げじゃないのでアルデンテで仕上げたい。
失敗(だけど、カレーテイストなので、このくらいのがいっか)

カイジャオの中身は前日のラープムー。
そんなごはん。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives