駐車場でBBQ




まずは生ビールでチョンゲーオ!

地元商店会のみなさまやそのご家族でBBQをやりましょう。
それでも天気予報はこれから雨なんだよな…



なので、テントを3張ほどせっせと設営…
その間に炭起こしも。

おかげで、ほぼ準備ができたころにいったんどしゃ降り。



ほとんど濡れずに焼き始めることができたし、のち止んだ。

肉や海鮮を焼き番長…
〆の焼きそば焼いたころ、完全にあきる。

レバパテで赤ワイン




試合後、久しぶりにバールへ寄る…

ここは来るたびにサポの姿を見かけなくなるような。
以前は、もう少し湘南サポくらいはわいわいやってたのに。

少しお兄さんに聞いてみたけど、みんなサッカーさっぱりらしい。
そうなると、お店の雰囲気って決まってくるのかな。



おすすめから太刀魚フリットとランプステーキ。
おつまみは、相変わらずどれも美味しい。

ただ食べる係がいないので、こんなもん。



レバパテで赤ワインを飲んで帰ってくる。

湘南サポは試合後どこで飲んでるんだろうな…
なんて思いながら。

湘南ダックすくい




チャリ載っけた軽トラでスタジアムへ出かける。
帰りは運転してもらえるので、行きはするよ。

いつも停める無料駐車場が、やけに混雑してるのは相手が磐田だからか…

自由席の待機列も長い最後尾へ。
開門後の席もなんとかみつけられたこの日。



フードパークも、ほぼ祭り状態。
14,000人入ると、こうなるか。

湘南のこのフードパークは、ビジターサポもいっしょに楽しめる雰囲気がいい。
どの店も大行列になっちゃうけど。



目的のダックすくいへ…

小さいお玉ですくうんだけど、コツをつかめば1回で3個取れる。
大介、タケ、航くん、寛斗くんをすくう。

八王子チヂミ会




味スタから八王子へ(そこからのがうちへ帰りやすいのはほんと)
もちろん、ソウルでマッカリ。

前回のお礼とあいさつを…
しかし、居心地がいい店だこと。



ここでしか食べられないものだらけで、全部うまいよ。
本場韓国へ行っても食べられない味だと思う。

ロースさっと焼きも教えてもらってチャレンジ(うれしい)
たまらん…



ちなみにチヂミをたのむのもここだけ。

高校生の頃の話




公民館で会議後、いつものお店のカウンターへ。

生でチョンゲーオ!
本日のおすすめから適当に…



なんだかんだいって、〆さばは絶対な刺し盛り。

そろそろ出始めた新秋刀魚もお願いする。
炭火で焼いてくれるうまさ。



焼きはシロがあれば当然。

あと、なぜかマスターがラーメン作ってくれるというので最後に…
鶏がらのやさしいやつでした。



移動…

昔話を楽しむ。
しかも30年くらい前の話な。

新規和田屋




スタートはいつもの立ち飲み屋から…
前回、怒られるから苦手といったけど、怒られることをしなきゃいいのか。

「店は人」なんてよくいってるけど、あの安さはそういった店の次元じゃないな。
安く飲めるためのルールを守るのは当然、こちらも飲ませてもらってる立場で。

片付けなんかをせっせとして、ごちそうさまー。



当然の流れでセロリ会。

にっこりマッコリをボトルでいくのはやめといたほうがいいのかな…
いや、お兄さんのことを考えてもいちいち1杯ずつお願いするよりこっちだ。



いつもいくらだかわからん(聞かない)おすすめをお願いする。

焼きはうわみすじ、冷製はとうがらしがおすすめと。
赤身の王道といわれる、とうがらしもいいよ。



続いて、初訪問の和田屋へ。
赤羽老舗あたりと同じ空気感で居心地がいい。

スタートにおじゃまするのもいい店かも。
ただ、時間が17時からと遅い(自分らが早すぎる)



〆の中華屋へ。

かたやきそばと、いつものあんかけがのったチャーハン。
ピーナッツは辛いやつがきてしまった。



さらに、チョモに杏仁豆腐を食いに行く。
えんえんちゃんはいなくても、杏仁豆腐はあるのな。

だんだんピントが合わなくなってくるのは当然。



地元へ戻って、モルツ生とクロタン。
これがほんとの〆。

えーっと、何軒行ってんだ?
6軒でした。

ウェリントンのミドル




湘南 1-1 磐田(BMW)

スタメンは先週の栃木戦と同じ、あの試合はいい形で追加点も奪えたしね。

ただ今節の磐田の場合は、まるで浦和対策のような5バックで引いた守備。
しかも、湘南のリズムになる度にあらゆる手で時間を使う(上手さなのかずるさなのか)

そんな中、後半開始早々チンガの一発を食らう。
その前のプレーで大介の奪われ方もおかしいし、ちょっとみちゃった時間。

ああいった最少失点はサッカーではよくあること。
さ、次々…

つってたら、あのウェリントンのスーパーミドルきた。
鳥肌もんの美しいゴール(すーげー選手だまったく)

それでも磐田は出てこないまま終了。
湘南の課題も追加点なんだろうけど、それは浦和みてください…

浦和の太陽




FC東京 4-4 浦和(味スタ)

今の浦和は柏木のチーム…

何度ひっくり返されても、柏木がやってくれると信じられたゲーム。
あの状態から追いついたことには、ほんとありがとうといいたい。

マルシオが本調子に戻れば、さらに柏木自身も動きやすくなるかと…

新幹線




新幹線で、宇都宮から東京まで50分、東京から小田原は35分。
この日みたいに、宇都宮を21:34に出て地元駅に終電前で到着できる。

片道、約8,000円は高いかどうか…
他の交通機関と比べて、あの楽ちんさと早さを考えると妥当と思うかな。

座って飲んでりゃいいんだもん。

日光へ観光


埼スタで浦和の試合後、宇都宮の友だちのお家へ。

お心遣いと居心地の良さを満喫させてもらう。
翌日の予定は夕方まで未定だったんだけど…



結局、小学校の修学旅行以来の日光へ連れてってもらった。

こんなかわいい友だちも一緒なので、これまた楽しかったな。
「あっちゃん、あーちゃん」と自分を呼んでくれる(あはは)



日光駅とその周辺は旧い街並みがそのまま残ってる感じでノスタルジック。

連休最終日なのと、天気(やや悪い)のせいか観光客も少なめ。
気温も徐々に下がってきて、かえって歩きやすかったかな。

まずは東照宮へ行ってみよう。



陽明門はご覧のように工事中。
それでも、そのおかげで羽目板の裏に隠れていた貴重な作品をみられたり。

見ざる言わざる聞かざるは、馬小屋だと今さら知る。

ひととおり全て見学して説明も受けた。
こういったところって、ほんと子どもの頃は楽しくないんだよな。

今回は、楽しく新鮮。



続いて、いろは坂を上って中禅寺湖と華厳の滝へ。

残念ながら、濃霧でこんな景色…
それでも、こういった経験がいいのです。

現地で滝のゴーといった音をきいて空気を感じる…
で、みえないってのもいいじゃないですか。



YOUがたくさんいる休憩処で鮎でビール。
思いのほか大きくて身もたっぷりの美味しい鮎でした。

こんな感じで楽しんで宇都宮市内へ戻り、グリーンスタジアムへ。
観戦後は駅まで送ってもらって、ほんと何から何までありがとう。

また、遊びに行きたい。

休みの日




まずは馬入へみんなの顔をみに行く…

この日は、けがで離脱といわれている選手たちもかなりいた。
あと、新加入の2人の姿も確認。

俺たちの大介は、相変わらず元気そうなので安心。



平塚でうなぎといえば、うな新なんだけどリニューアルしてから行ってない。
チャリで行ってみたら予定数すでに終了で、次に行ったうな勝は夏休み。

もうひとつの老舗、川万へ初訪問。

徳島で食べて以来なので余計にそう感じるのか、ふわふわ関東風ですよ。
それに対して、ごはんはしっかりとかためでこれもありかと。



いつものビーチへ。

日陰でうとうとしてたんだけど、ついつい日向で寝るという。
暑くて起きるものの、またかなりやられる。

うちへ戻ってシャワー。



ロンリーでいつもの店で飲んでると、ムスメたちがやってきた…
ま、知ってたけど。

2人とも近所になったらしいので、またぜひ。



カウンターへ移動して、閉店後も喋り続ける…

そんな休みの1日。
高円寺へ出かけないときはこんなもんです。

アウェイ栃木




栃木 0-3 湘南(グリスタ)

まずは、栃木サポの友だちと奥さまやお子さまに感謝。
常に快適に過ごせたのも、こうして観戦できたのも、すべてみなさまのおかげ。

席なんか、これだけサッカー観てて歴代1位の近さ(観やすさ)かも。

近いのでまず感じたのが、湘南の選手たちの当たりの強さ。
走るのは当然で、しかも圧倒的に身体の小さな選手が当たり負けしない。

馬入の練習では、あそこまでハードなの観られないからね。

結果は、航くんがだめ押しゴールをきっちり決めて完勝。
栃木サポからは「よく3点ですんだよ」なんて声も…

ただ、生で栃木のプレーを観て、選手たちは責められないと思った。
うまくいかないときは、どこのクラブも同じ苦労してるんだろうけど。

いえるのは、監督と選手のお互いの信頼感ってすごく大事だと思う。

追加点が欲しい




浦和 1-0 広島(埼スタ)

先制逃げ切り完封勝ちといえば結果的にはいいんでしょうね。

ただ、お互い5-0-5(あちらは5-4-1か)のような状態で動かないというのもどうかと…
広島の話はよくわからないけど、浦和はやっぱり追加点が欲しい。

自分たちが楽になるための追加点じゃなく、これから世界で戦うための攻撃。
そこから走り通すことができてこそ、また戦えると思う。

先制点はほぼ柏木の得点だと思うし、調子はよさそう。
何度もいうけど今の浦和は柏木のチーム。

これからさらに柏木が絡んでくると、まわりの選手にもいい影響となるのかな。
そうなって欲しい。

鷺沼土鍋会




当日、天気も悪かったし車で出かける。
多少の渋滞はあったものの、鷺沼へは車が便利(帰りは運転してもらうし)

早目に着いたので、ロンリーはいよろこんで。
やっこで生とホッピー飲んで、お会計は1,000円ちょい。



会場へトップで到着。

10人ほどの宴は、これまた楽し。
ただ、うまいので日本酒飲み過ぎ(これ注意)

ダメになります…



なんでも美味しいんだよな…

最高の土鍋ごはんも満喫したのに、次の店へ。
車じゃなかったら絶対帰って来れなかったでしょう。

本日最後の生しらす




いつものようにビーチ周辺をチャリ散歩。
この(本格的な)時期は、茅ヶ崎方面へは行かず(混雑してる)

ビーチパークから駅周辺、そして馬入というエリアをうろうろ。



本日の港めしを楽しむ。

生しらすは当然、その日おすすめの刺身、フライ…
そしてほどよい酢飯のごはん、お吸い物。

すべてがパーフェクト。

塩一杯




エスさんが駅まで迎えにきてくれたので、クロタンでも行くか…
はい、この時間は売り切れです。

生ビールだけ飲んで、塩を少しもらう。

寒い居酒屋




2度目の訪問だけど、さらに印象悪く…
いろいろと残念な感じ。

武蔵小杉はちょいちょいいい店もあるんだけど、すぐいっぱいになるし。
ま、負けたからな…

かにいくら釜めし




実はタイ料理からラーメン屋へ移動したんだけど、その隣の店のケオリーちゃんに会う。
「こんばんはー、席空きましたよ」なんていわれたら入るよね。

さっき〆のカオパットとかクイティアオ食っただろ…
結局、こちらでもっかいチョンゲーオ!



また焼きからはじめて、〆の釜めし食ってるし。
カウンターにエムちゃんも来たので、ずっと喋ってられるし。

その後、ミニストップ行ってマンゴーパフェとか買って帰ってくる。

プアンでビアリーオ




そんなわけで、お祝いしていただけるというので隣町のタイへ。
ビアリーオでチョンゲーオ!

ラープムーとカオニャオ、パックブンファイデーンとかある?
と、メニューにないもの聞いても通じません…

ここのフロアのおねえさんは2人ともラオス出身なのです。



それでも、空芯菜があるから作りますよー。
ラープムーもラープムーウンセンなんかにしてくれる(こっちはメニューにあったかな)

あとは、みんなの気になるものをあれこれと…



いつも食べられなかったカオマンガイがあった。
日本のタイ料理にありがちな感じじゃなく、本場の味。

作ってくれるのは、タイのママさんだから。



〆のクイティアオをお願いすると、この4種の調味料が出てくる。
砂糖、プリックナンプラーは絶対だろね。

ごちそうさまー。
また行こう。

最近の茹で落花生




ちょっとやり方をかえてみたので、メモな…
素材がいいのでどうしたってうまいんだけど、仕上がりの色にこだわりたい。

まずは市場で選ぶときから、同じ品種ならよりきれいなものをつかむ。
洗い方がどうこうじゃなくて、殻自体が白いもの。

買ってきた生落花生をさらにゴシゴシよく洗う。
少量の重曹(食用)を溶かした水に30分ほど浸ける(あくが取れる気がする)

沸騰したお湯(ここにも重曹)で40分ほど(粒の大きさによる)中弱火で茹でる。
最後に塩(海より塩っぱい4〜5%)を投入してそのまま冷ます(2時間くらい)

茹でる前と茹でるとき、どちらの重曹がいいのかわかないけどこの時点でお湯がきれい。
ざるにあげて余分な水分を切る(殻が乾いてくるとより白くなる)

最初から塩を入れて茹でると豆がかたくなるという説がある…
個人的には塩の洗浄効果で黒くなる気がするので、最後に。

これで完成(すぐ食べないものは必ず冷蔵庫へ)

セロリ会から〆まで




のちセロリ会を開催(ここは絶対)

至福のみすじ…
お店の兄さんとも話したけど、「握り」で食いたい。



いつもの立ち飲みは、なんか怒られてばっかり…
お店のルールとかわかるんだけど、だからお客にいわれるんじゃないの?

いいお店だけに、あのせっせと注意するのは残念。
気にしなきゃいいんだけど。



〆の店のママさんが逆に笑顔でうれしい。

とにかくこれがスーパーうめー!
なわけで、いつも楽しいな。

バイクが走るスタ




川崎 2-1 浦和(等々力)

川崎うまいことやってきたなって印象。
浦和のシステムに合わせながらのカウンター狙い。

こうして浦和対策をしっかりやってきて、ちゃんと決める。
うん、いい訳できない負け。

浦和は浦和らしく相手に合わせたりしないから…

牡蠣で日本酒




16時スタートの高円寺は魚の四文屋から…
四文屋チームはちょいちょい行くけど、ここは2度目かな。

生でチョンゲーオ!



脳内岩牡蠣だったので、牡蠣をお願いする。

魚介ときたら日本酒かと…
日本酒はそこそこやられるので、それほど飲まないんだけどね。

3種類ほど飲んで、山形がいちばん。



高知を思い浮かべながら、鰹を塩で食う。
なかなか美味い。

うにで日本酒もやりたい。
はい、日本酒ここまで。

1時間ほどで次の店へ…

サラミサラダ




この日冷蔵庫にあったのは、レタス、きゅうり、トマト、たまねぎ、水菜など。
近所の老舗洋食屋のを真似ると、ここにチーズとサラミが入る。

そんなイメージでドレッシングを…
基本のフレンチドレッシングぽいのに、おろしにんにくとレモンを搾る。

なかなかうまい。
てか、サラミがうまい。

俺たちの宮内がすばらしすぎる。

期間限定




こうやってチョコでコーティングすんのいろいろあるよね。
ポテトチップとか柿の種とか…

で、最近セブンでみつけたのがコレ。
かっぱえびせんとガーナブラック。

甘すぎず塩っぱすぎず上品な仕上がり。
うまい。

さきいか天ぷら




ホッピーはビールより安くないといけません…
そうはいっても最近そうじゃないお店もちらほら。

ここなんかは良心的ですね(ナカも安いし)



つまみもいろいろと…
メニューにないのも材料があればやってくれたり。

まだ2度目の店だけど、初めてのときより好印象。



2軒目は、いつもお世話になってる店へ。

まったくつまみたのまず飲むだけ…
てか喋るだけ。

しらすめし




いつも港めしなので、久しぶりにしらすめしをお願いする。
しらす丼、生しらすかき揚げ他、お吸い物としらすづくし。

生しらすはもちろんなんだけど、しらすのかき揚げが食べたかった。



丼はほんのり酢飯に、生しらす、釜揚げしらす、しらす佃煮と3種の味が楽しめる。
針生姜、大葉、白ごまなどの薬味も味を引き立てる。

生しらすかき揚げには、たまねぎがふんわりと。
かぼちゃ天や、サクっと揚がったたたみいわしもいっしょに。

個人的にたたみいわしってあんまり…なんだけど、ここのはほんと美味しい。

ダンボーと純正




四国の酷暑のせいなのか寿命なのか、モバイルバッテリーがやられた…
なので新しいのを買う。

なんとなく大きいときから気になってたダンボーのミニを。
目が光るという理由で即買い。

ついでにいつも使ってた短い(10cm)ケーブルも新しく。
純正の50cmにしてみる。

このへんは消耗品なので、気持ちよく使えるものを。

坂本龍馬と塩たたき




高知ICからまっすぐ桂浜へ向かう。
まずはなんといっても第一の目的である坂本龍馬像へ。

公園駐車場へ車を停め、(酷暑の中)少し歩くと像が…

もっと大きいと思ったと、もっと小さいと思ったに分かれる。
自分は、だいたいの大きさは聞いてたけど、もっと大きいかと。

その龍馬の見つめる先、桂浜へ下りて行くとまあキレイだこと。
浜も海も木や岩まで、何もかも美しい。



こちらも最終目標の、鰹塩たたきを食べよう会。
最寄りの店で聞いてみると、なんと藁焼き体験ができるらしい。

そこで食べた塩たたき…
すばらしいパーフェクトな塩たたきに満足。

土佐タタキ道場



続いて、坂本龍馬記念館へ。

よくあるなんちゃら記念館と違って、ここ見応えあった。
ここからの景色も最高だし。

ただ建築デザインのせいか、館内のエアコンの効きが悪く暑い。

あとは地元スーパーマーケットへ寄ったりしながら高知空港へ。
わりと慌ただしいスケジュールだったけど、楽しい四国の旅でした。

讃岐から土佐へ




朝の温泉を楽しんで、プシュっと。

現地で会えた友だち(違うホテル)と連絡がとれて合流決定。
8時くらいには出かける。

レンタカー屋に電話したら(送迎ありとか聞いてたので)
タクシーで来てくれたら料金を払いますと。



この車で、徳島から香川経由高知へ200kmのドライブスタート。
みなさま、運転ありがとうございました。

助手席でこんなん飲ませてもらってすみません。



坂出インターで降り、丸亀市内へ。
評判のよさそうなとこを調べてもらって行ってみる。

1軒目は中村うどん。
ここは釜玉(小)に淡口醬油くるっとがおすすめらしいので、それを…

コシというよりなめらかで喉越しのいい味わい。
これで250円。



2軒目はおか泉…
って、香川でうどん屋巡りしてるのはレンタカーに乗ってから車内会議で決定。

オープン時間少し前だったので、地元の人たちにおすすめをきいてみる。
冷たいぶっかけに海老天だそうだけど、海老はやめといた。

うどんは1年に1回食うか?てな自分もこれは美味い。
コシもあるし喉越しもいい、だしや薬味の香りも最高で讃岐満喫。



南国SAに寄って、焼ナスソフトクリームにチャレンジ…
何事も経験なのな。

いよいよ高知市内へ。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives