寒くても出かける




翌日起きると、予報とは違い雨や雪は降りそうにない。
花粉も黄砂もなさそうだけど、確かに寒い。

ホテルやお店はぽかぽかだけど、外を歩くと4〜5℃まで下がる。
これで風なんか吹くと最悪の感じ。

ソウル、真冬と真夏ばっか来てる気がするな。



朝ビール飲みながら、どこ行こっか…
市場とかスンデクッパとかいう2人。

じゃ、その両方あるとこ行ってみようか?
うん、そうしよう。

あの魚介のスープ




移動。

屋台ラーメンでも食うかとこの辺をうろうろ…
てか、寒いしあのニオイだし適当な店へ。

この時間に人もそこそこいるしね。
焼肉とかその類の料理にラーメンもやってる感じ。



焼酎飲んで、おすすめぽい魚介のラーメンをお願いする。

ありがちなあのスープにインスタントの麺。
そんなに辛くはないけど、くさ…

コンビニでビール買って帰ろう。

東大門のバーへ




ホテルへはメールを送っておいたので、深夜24時のチェックインも問題なし。
部屋へバッグを置いて、すぐに飲みに…

てか、ウォンが少ないのでまずは両替所を探す。

東大門の何度か利用したとこが深夜でもやってた。
10,000円→90,000ウォンてなレート。

適当なバーへ…



焼酎にかえて、つまみはチキン。
なんかハムみたいな燻製の香りがする。

勝手に出てくるスナックやつまみなんかどれもそうなんだけど…
韓国独特の風味なんだよな。

アシアナで金浦へ




韓国へは前回(2013年4月)のACL全北戦以来。

その後、タイへ行ったりタイへ行ったりタイへ行ったり…
しながら久しぶりな気がする韓国へ。

最近ずっとロンリーだったけど、今回は2人でゴー。

航空会社や便、ホテルや部屋タイプまで選べて、安いやつ。
そんなんをささっと予約。

なので、アシアナ航空とスカイパーク東大門。
価格や内容的にJALのマイルがどうこうよりこっちだった。

普通のつけ麺を食う




ブラジルへ行きたかったけど、時間もあれなんで2号店のこちらへ。
大人数なので、ややまって入店。

メニューをみるとオープン当初となんかかわったような…
また食べるもんを悩む。



みんなのみても、自分のつけ麺もやっぱイメージが違うな。

ブラジルとは違う方向へ向かってるのかな…
そんなわけで、またブラジルへ行こう。

そして、終電を逃す。

もういいからお会計




久しぶりに、そんなことをいって出てきた店。

こうして飲み歩いてると、まだあるもんだな…
タイミングのせいかもしれないけど。

こちらは行かなきゃいいだけ。

串かつでんがな




高円寺とは雰囲気も歴史も違えど、こうして本厚木にもガード下の店がオープン。
行こう行こうと思いながら、なかなか途中下車しないので今回が初。

無理いって席を用意してもらって、申し訳ありませんでした。
いろんなとこからみんな集合(これも高円寺といっしょ)



串かつはどれも手作業で刺してるらしく、きちんと素材の味が楽しめる。

紅生姜はカツにしてのソースが味なんだろうね。
これも当然ありだと思う。

また行こう。

らーめんにかき揚げ




隣へ移動…

食おうと思ってたラーメンがことごとく売り切れ。
なので、生ビール2杯飲みながら友だちのラーメン画像撮ったりしてる。

あとは、店員さんたちともおしゃべり。

ちなみにこれは店名のついた新しょうらーめん。
店名がつくというのは、かき揚げが入るというメニュー。

最初は驚くと思うけど、すっかりなれた。
かき揚げそばのスープと麺がこうなったと思えば、想像できるでしょ。

自分は、かき揚げそばを食べないので、ほとんど注文しないけど。
みなさん、せっせと食べてますね。

〆さばで鳥飼




会議後、いつものカウンターへ。

久しぶりに何も(酒ね)飲まずに、生から…
あらためて、ここの生ビールの美味しさに気づかされる。

飲むごとにジョッキに泡の(エンジェル)リングができるのは当然。
さらにしっかりとスモーキーバブルスが発生する。



料理も何をお願いしても間違いないので、その日の気分で…
といいながら、いつもだいたい同じのつまんでるな。

飲み物は鳥飼水割り(濃いめ)に。

閉店時間には帰りましょう。
帰らないことがちょいちょいあるので、帰れるときは…

〆のナポリタン




ここも最近お気入りの市場内のお店。

トマトハイも店によっていろいろで、ここのはうまい。
なんでもありなんだけど、結局ナポリタン食ってる。

「濃厚卵の普通プリン」が気になるんだけど、品切れ中。

まんまじぃま




こちらも新規。

場所的には、エビ・かに肉かけご飯の店のもう少し先。
藁焼きかつおの塩たたきが食えるつうんで行ってみる。

他にも気になるメニューだらけ。



オープンな厨房で藁の火が上がってるのが見える。
その香りが漂ってくるだけで楽しい

早速本命から…

すでに塩でたたいてあるので、軽くわさびで食う。
これは素晴らしい。



お造りも牡蠣もこれまた新鮮濃厚。

牡蠣は広島産らしく、生でこれだけうまいのフライもお願いする。
よみがえる宮島。



白レバなんかもいちばん食べたい感じに仕事がしてあって参る。

ここは必ずまた行こう。
行きたい店が増えてきたけどな。

高円寺は楽しくて楽ちん。

ミスジを塩わさびで




新規に行く店もあれば、ほぼ必ず行く店もある。
ここはホーム、セロリ会の店ですからね。

寒いし、たまには麦のお湯割りなんか飲んでみる。
レモンを少し搾るとうまい。

開いてないハツ




ここ最近の高円寺では…
てか、あっちで飲むといえば高円寺だけど。

ちょちょい新規の店へ入ってみる。

今回も某焼き鳥屋へ。
で、生から…



おまかせ3本が260円と高円寺価格なので、それを。
あとは、牛すじ煮込みなんかを。

ビールのあとトマトハイを1杯だけ飲んでお会計。
そんな店も(何度も)ある。

中バタピー




皿じゃなくて、これがあの「みょうにうまい豆」
違う目的で市場行ったら、大きい(お得用)サイズが売ってた。

今度からあっちで買おう。

セブンの豚汁とか




セブンイレブンのこの類の完成度はすばらしい。
それなりの値段だけど、お店でたのんだと思えば安い。

素材ひとつひとつの味加減が完璧。
これこそプロの仕事。

これ以上にうまいと感じるときは、人。

最近の赤ワイン




冷凍庫に飛行機で出てくるようなパンがいっぱいある。
それをオーブントースターで軽く焼いてバター。

チーズなんかあるとやっぱりワインでしょ。
なので、数本買ってくる。

これはカインズで500円しないやつ。
オーストラリアでなかなか。

かき天に気をつけろ




会議のちスタート。

ビールの次はマッコリ飲もうと思ってたけど、メニューからなくなったらしい…
なので、麦焼酎お湯割りでチェイサーにウーハイ。



えいひれ部から始めるという攻撃。
さらに、おまかせであれこれと。

そして事件は起こる…
ここは、ほんとに相性が悪い。

話してみるべきこと




いつもの店で、やや遅いスタート。

あれこれと相談にのってもらい、あっというまに閉店のお時間。
お店の片付けが済んでも、マスターも話をきいてくれて…

その後、うちでも飲み直して代替案はほぼ決まる。
みなさま、ありがとうございました。

いや、ほんと。

ようこそでコーヒー




洋食屋さんでパフェが食べたかったらしい…
でも、ママさんが最初に「今日はアイスクリームがないのよー」

あきらめきれず(なのか)デニへ。

みんな好きなものをあれこれと…
コーヒーしか飲めず。

石川力夫という男


菅原文太からみで仁義なき戦いを観はじめて、深作欣二監督にうなる。

流れで仁義の墓場を知る。
この仁義の墓場をリメイク(新・仁義の墓場)したのが三池崇史だとも。

石川力夫という伝説のヤクザ、実在した人物の映画化。
当然、これは観なくては…

kishitani.jpg

新・仁義の墓場(2002年 監督:三池崇史)

事情あってリメイクされたこちらから観てしまった。
レビューをみると、主演の岸谷五朗の狂いっぷりがすごいらしい。

R-15作品なので、それなりに予想はしたけど…
それをはるかに超えるホンモノ感が凄まじすぎる。

もう生々しくて、目を背けたくなるシーンだらけ。

そんな中に、このポスターありかというちょっとした笑えるとこもある…
けど、すぐに戻されるけど。

個人的に、岸谷五朗はパンチより坊主のがコワそうだと思った。
もう岸谷五朗主演のホラー。

watari.jpg

仁義の墓場(1975年 監督:深作欣二)

こちらは主演が渡哲也で、背景にある戦後の闇市や文化もそれっぽい。
原作(読んでないけど)に近いと思う。

さらに、あの時代のヤクザ映画の顔がいっぱい。

もう観る映画のどこにでも出てるのが青大将田中邦衛。
チョメチョメ山城新伍が両方出てたのかな。

こちらがあったからリメイクがあるのだろうけど…

渡哲也は新しいドラマなんかで観てたせいか、どうもイメージが違う。
それいったら、岸谷五朗も初ヤクザ映画だったか。

この人物や原作のせいか、どっちもコワいです。
でも、なかなか他では観られないおもしろさ。

傑作。

洋食屋さんでステーキ




今回もおめでとチョンゲーオ。

洋食屋さんならここかあそこねの店へ。
21時に閉店しちゃうんだけど、だいだいどっちもオーバーしてる。

すみません。



まずは、いつものようにピザとサラダをお願いする。
あのバイクでデリバリしてくれるのとはこれまた違う老舗クオリティ。

グラタンもいきたいところだけど、みんなが食べたいのにしよっか…



チーズハンバーグは、何度も食べたことある。
つけあわせまで、何もかも安心の味。

かき料理は季節によっていろいろなんだけど、チーズ焼きというのは初めて。
香草やパン粉をまぶしてオーブン焼きにした感じ。

それでもかきはふっくらで、これはうまい。



サーロイン(2つ)とヒレステーキをいっしょにお願いするという…
まるでバナナTVのような状態。

このへんもしかしたら大昔から通ってるのに食べた事なかったかも。
ヒレがやわらかくて、そりゃもう絶品。

たまにはいっか。

あっちの醤油という




うちでかかせない調味料、といっても…
醤油にタイ産(最近こっち)の唐辛子と青森産のにんにくを入れるだけ。

この容器をピュって押せるやつに入れ替えた。
ずっと使ってたアロハ醤油の瓶だとかなり液だれしてきたので。

パンチーズ赤ワイン




冷凍しといたハンバーグを焼く。

同じく冷凍庫にたくさんある飛行機で出てくるようなパン。
チーズとバターも用意。

前日にっころがした里芋とか、サラダも用意して…
毎年いただくワインをありがたく開ける。

うまい!

最近のシャンプー




ずっとお世話になってる美容師さんいわく…
いちばん大事なのはシャンプー(剤)

これは確かにいい。
もう他のを使う気がしない。

もっと早く聞くべきだった。

ケーキで赤ワイン




こうしたカットされたケーキって久しぶりな気がする…
てか、ケーキがめずらしいんだな。

なんかのあれで丸いホールケーキを少しだけもらうときはあるけど。

なせいか、クリームの味がとかスポンジがとか…
よくわからない。

〆さばでホッピー




いろいろ報告があったけど、めでたいこともあったのでチョンゲーオ。

「きのうあの釜めし食べられなかったから…」
と、同じ店へ(異議なし)



続いても、きのう焼き鳥や揚げ物だったから、きょうはサラダと刺し身ねとか。
で、ワイン飲みすぎたから、ホッピーにしとこう(違うか)

なんでもおいしいので。

ガチャガチャみてる




駅まで迎えに行ったとき、寒いからお店の中で待ってようと…
しない(すぐガチャガチャとこ行っちゃう)

思い出すと、みんなそうだったな。
しかも、やらせてあげない。

次回は特そば




ある事情通によると、ここの「特そば」ってのがスープが違うらしい…
まあメニューによってみんなスープは違うんだけど、これだけ特別だと。

だから「特そば」なのか。

味噌や醤油も選べるというので、じゃ次は「特そばの味噌」をお願いしよう…
と思って行くけど、いつも売り切れ。

クロタンは売り切れじゃないのが救い。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives