県大会出場権を得る




西湘Dブロック 立花学園(2勝+11)

春季神奈川県大会の地区予選が始まった。
平塚農業にコールド勝ちし、2試合目の相手は足柄高校。

思い出すのは、昨季夏の大会で延長15回サヨナラ勝ちという結果。
ルール上15回で決着がつかない場合は再試合という状況。

その相手に今回も苦しむ…
結果、最終回に追いつき逆転となんとか勝利。

これで、ようやく県大会に出場できるという神奈川。
こっからはどこが相手でもわからない(J2状態)

たのしめてるか




都築の兄貴が観たくて通い出した馬入…

やっぱり、そうしてると他にも気になる選手が出てくるわけで。
引退や移籍と寂しい思いもするけど。

とにかく、今の湘南は観てて楽しい。



そこへ、今季はツボさんや直輝にも会える。

伝説のオーバーラップやダイナミックなプレーが生で観られるんだから。
馬入は楽しい。

あの煮魚定食はない




オープン以来、大行列とかで…
そろそろ入れるかなと、行ってみる。

いろいろとかなりがっかりしたので、もう行くことはないでしょう。
さらに系列店も行きたくなくなった。

店は人…

特そば(初)




特そばが売り切れじゃないの初めてみたので、それを。
基本は塩らしいけど、味噌もできるらしい。

で、特そば(味噌)ですけど…

残念ながら自分の好みではありません。
よくある濃厚とはまた違う濃さ。

迷わずシロ




久しぶりに伝説ホルモン支店へ…
月曜日なのにほぼ満席で、カウンター席のお客さんに詰めてもらうという。

ホッピーにタン刺しあたりからいこうと思ったけど、すでに売り切れ。
チンシリーズも迷ったけど、それなら…

そ、ここは素直にシロをいただきましょう。

九州ラーメン(八王子)




こういったジャンルもあったのかという八王子ラーメン…
いや、九州ラーメン。

豚骨と鶏肉と野菜のエキスつう、かなりさっぱり(やさしい)スープ。
麺は太さほどよく、しかし昔ながらのやわらかさ。

具なんか(もやしくらいしか)ない。
で、安い。

なんだか、よくわからんラーメン。

絶品ロースでマッコリ




先月、韓国アウェイへ行き水原カルビなんてのを食ってみた。
カルビ発祥の地らしいので期待したが…

それからというもの、早く八王子のソウルへ行きたくて行きたくて。



一応タンからスタートするけど、ここはロース。
絶対ロースのサッと焼き。

これで農酒(マッコリ)を飲めば、至福の味わい。
ま、カルビやハラミもここのは違うけど。



チヂミ会というだけあって、こちらも絶品。

だから、パーフェクトチヂミ。
いまだ、超えるものなし。



ユンさん、キンパ作ってくれた。

どれもこれもがうまい。
ここが韓国料理だと思ってるので、本場はムリ。

ほうぼう刺しで鳥飼




公民館で会議後、いつもの店でチョンゲーオ…

で、いつもと違うもんをお願いしようといいながら、いつもと同じになる話。
ただ、サラダにかにを入れてもらうくらいはやってみる。



おすすめから、いつもの〆さばとほうぼうの刺身があったのでそれも。

真鶴の先の福浦から船を出して、かわはぎ狙いで砂地を攻めてると外道で釣れるやつ。
ヒレが大きいせいか引きも強く、食べてもとても美味しい白身。

だから、いつもの焼き…

浦和湘南対策




広島-浦和、湘南-仙台と4時間観るも1点も入らず…

「ブロックを作って守る相手をどう崩していくかが課題」
「ただ、失点せずに勝ち点1を得られたことは大きい」

なんつう、浦和と湘南セットで使えるようなコメントが聞こえてくる。
同じJ1というカテゴリで戦ってる以上、湘南に対策するのも当然でしょう。

とはいえ、その課題…
そっから先へ食らいついていかないとアジアでは勝てません。

負けなくて良かったじゃなくて、勝ち切れるようにならないと。
アジアはそれ以上の対策をしてくるから。

アメリカン・スナイパー




クリント・イーストウッド監督で、気になるのは観てる。
で、これは久しぶりに映画館へ行こうと思った。

「父親たちの星条旗」の頃のことば…
「正義と悪、勝ち負けを描いたのではなく、戦争が人間に与える影響」

そして、戦争にヒーローなんか存在せず、暴力は何も解決しない…
共に戦っていたその時には、戦友はヒーローだったのかも知れないけど。

そんなことをつくずく考えさせれた。

映像技術による戦闘中のリアリティも迫力ある。
これを撮ってる監督が84歳というのも凄すぎる。

坪井ゴール




大池のイベントエリア向かいの桜が満開ですよ。
浦和のときは気づかなったけど…

玉縄桜

染井吉野ベースの早咲き品種らしい。
この公園、桜の時期もおすすめ。



湘南 1-0 甲府(BMW)

ナビスコぽいメンバーといえばそれまでだけど、航くんがいないので坪井スタメン。
もう、それだけで来て良かったと満足(試合前なのに)

メイン自由席(選び放題)なので、適当なところへ。
ゴール裏にいると気づかない、あのうるささを楽しむ。

試合はつうと、甲府戦にありがちな動かないやつ…
前半ほぼそれで、坪井だけみてたりしてにやにやする。

後半、永木で祭りスタート。
クライマックスは坪井の決勝ヘッド。

泣いて喜ぶ。
ウェリントンいなくても坪井がいるよ。

あー、おもしろかった。

湘南しらす解禁




そろそろビーチや馬入へでかける季節になってきた。

季節というかあれだね、湘南しらすも解禁したことだし。
そんなわけで、今季初の生しらすをもとめて…



マスターと話して、当日朝水揚げした生しらすはあるらしい。
だけど、残念なことに港めしというメニューは(また)やめたと。

なので、しらすめしをお願いする。

生しらす丼(釜揚げ、佃煮も)、しらすかき揚げ他、たたみいわし、お吸い物…
これはこれで、すごく美味しいんですよほんと。

ただ、個人的には港めしなんだよなぁ。
また復活してくることを楽しみにしよう。

日刊酒、生しらす 本日最後の生しらす 港めし

最近の浦和




ここ2試合、浦和の公式戦へ行けず。
仕事の都合だったり、飛行機が取れなかったりと。

それでもリアルタイムでは観てましたよ。
で、どうだったっけ…

山形戦では、なんといっても阿部ちゃんのゴール。

こっちのゴール裏へ向かってのスーパーでしょ。
あれ、スタジアムにいたら鳥肌もんのたまらんやつ。

あれこそがチームを救う…

北京は1週間ほど前に本気で行こうと思い、航空券とホテルを予約。
どうしても帰りの便が取れず断念。

結果は0-2のACL3連敗…
いい訳できません。

アジアは甘くないどころか、どんどん強くなってる。
そこへ食らいついていかないと。

脳内青うなぎ




箱根口へうなぎを食いに行こう…

そんなときは前もって電話でうなぎを予約してから向かいましょう。
店へ到着すると、順番に席を案内してくれる。

少し待ち時間があるので、鈴廣をぷらぷらしたりデニーズでビール飲んだり…
席が空くと電話をしてくれるという流れ。

ところで、お店が以前の場所のすぐ近くに新しくなってました。
メニューも新しく(高く)なったような。



まずは、ビールから…

すぐに、白焼きから出てきたけどどうでしょう。
以前は、沢蟹とかものってたように思ったけど(時期か)

味のほうは、そのままかな。

この白焼き、わさびなんかで食べたあと、蒲焼のたれをさっとかけるのも美味しい。
蒲焼とはまた違ったさっぱりとした風味。



続いて、出羽桜を…

蒲焼もどーん。
個人的に、ここの蒲焼がいちばんだと思ってるし、その思いも変わらず。

ただ、行くたびに高くなることを考えるとどうかな…
お重にご飯粒がついてるとこなんかが気になる。

美味しいから、また行くと思うけど。

塩と生で〆




特そば、もしくはクロタンを目当てに寄ってみる…
ほぼ閉店時間なので、予想通りないよ。

なので、生を。
ラーメンの人は、塩で〆な。

どんぴしゃを楽しむ




試合後、いちばん近くなのにささっと大通りに出られる駐車場からちょい移動。
噂通り満席だけど、奥の静かなテーブルを用意しといてくれた。

スタジアムから歩ける場所なのに、湘南サポの姿さえなし。

まずは、勝ったぜチョンゲーオ!
やっぱり勝って飲めるのは格別ですよ。



初訪問のお店だけど、知り合いのお兄さんがいるので今回おじゃまさせてもらう。
あの時間だったのに、ありがたいことにおすすめの料理も用意してあると。

なので、すべておまかせでお願いする「足りなかったら、いってくださいねー」
そんなことなく、すべてが美味しくてちょうどいい品数で降参。

さらに、お会計も高円寺かと思うような…
ごちそうさまでした(また絶対行こう)

湘南と戦えること




湘南 1-3 浦和(BMW)

終わってみれば…
あー、勝ってよかったよーという内容。

湘南はいつも通りのスタイルで、CBも容赦なく攻撃参加してきた。
決定的なシーンもちらほらで、なんとかしのぐ場面も。

逆にこうして堂々と戦ってくれる湘南に感謝。
浦和も決める人が決めれば、こうなるんだよなという結果。

チョウさんは、この試合の話をよくする…

とにかくくやしくてくやしくて、だからこそ今のスタイルを貫いているのだと。
あのような試合をきちんと勝ちきれるように。

お互いにチョウさんもミシャもリスペクトしあってるんだと思う。
それでああいったインタビューにもなったと思うんだけど違うかな…

浦和と湘南がこうして戦えることの幸せ。
できることなら共にアジアへ行きたいな。

湘南フードパーク




湘南のホームゲームのルールで、試合2日前10:00からシートが貼れるので行ってくる。
30分ほど前に着いたら、もうすでに数十人の方たちがおみえで…

前回より20番ほど後ろだったけど、そのへんだと変わらんのも知ってます。
うるさいこというより、このままでいいのかな。



当日、列整理の時間16:00に余裕をもって到着。
いちばん近い駐車場にやや待って入れる。

早速、缶ビールのち水レモン…
あ、帰りの運転手はあとから来ますからね。



湘南のフードパークは相変わらず楽しいですね。

浦和戦ともなると、どの店も大行列と思いきやそうでもなく。
時間が遅くなるにつれ混雑し始めたけど。

寒いので、レストラン大原へ入ろうと思って名前を記入…
あんまりふざけた名前だと呼んでもらえないので注意が必要。

どこでもそっか。

ホームブリスベン




浦和 0-1 ブリスベン(埼スタ)

久しぶりに登場したムスメのちヒトヅマというこの日…
ムスメの前の兄ちゃんがビッグだったので、下向いて移動してたら失点。

何度かあったチャンスも外しまくり、追いつくことさえできず。
アウェイ水原に続く連敗ですよ。

ちなみにこのムスメ、赤んぼの頃から浦和をみてるわけで…
選手変われど、浦和らしさに対していうこともうなずくばかり。

なかなかおもろい。

2番をみればもちろん「坪井」11番は「達也」…
そのうち、「いやトゥットか」「アルパイは?」なんていいだす始末。

ま、ひっくるめて浦和。

名物しろタレ




埼スタ前で時間があるときは、高円寺じゃなく赤羽になるのです。

あこちゃん方面へとも思ったけど、まるます家が満席なのを確認してのんき。
ここも16時くらいにしては、かなりこんでる。

ロンリーなので、もつ焼き数本とトマトハイ。
そんなことしてると、すぐ小一時間経つのです。

免税店のおつかい




明洞から会賢、歩いて乙支路入口、また東大門と戻りホテルへ。
デパート(地下食品)や市場をせっせとまわる。

夕方ホテルへ戻り、バッグを受け取ってタクシーで金浦へ。
前もそうで思い出したけど、この時間の金浦は電車で行くべき。

キムチを買ったので、いやでも荷物を預けないといけません。

今回利用したアシアナは…
あんなもんかな、運転はうまいと思った。

そんなわけで、韓国そろそろもういいな。
でも、サッカーやコンサートがあるとまた行くんだよな。

はい…

ソウルの無印で買う




明洞の屋台に用事があったんだけど、見つからず。

そんなわけで、やや歩き疲れたのでビール…
じゃなくてコーヒーとか飲んでる体調。

しかもとくになんか食おうと思わず。



明洞の街を歩いていて、ちょうど無印があるのを思い出したので入る。
そこで、スウォンで忘れてきた温湿度計を買おう。

同じの(だと思った)あったけど、やや仕様が違う。
裏のスウィッチで日本のだと熱中症注意とかのマーク、ここのは℃から℉になる。

ま、いいけど。

牡蠣キムチは危険




冷麺屋で少しビールは飲んだものの、なんだか調子わるい2人…

それでも、おみやげ買いに近くの中部市場へ。
目的の牡蠣キムチと明太子を購入。

この牡蠣キムチが原因で、この日より数倍も数十倍も具合悪くなるとは…

日本へ持ち帰ってから食べた牡蠣キムチ。
なんだか嫌な生臭さはあったけど、食べると美味しかったので数個。

その2〜3日後、見事に発症。
症状を調べるとウイルス性胃腸炎、そうノロウイルスですよ。

自分は医者は行かなかっけど、その後同じく食べた2人の友達も次々と発症。
医者へ行くと、もちろんそれ。

勉強だとも思ったけど、韓国で牡蠣食わない(買わない)

水冷麺は必ず食う




ここだけは今回も行った。
オジャンドンの繁盛店なので、早めに入店。

昼時になるとすぐ満席になって、さっと食ってさっと出る感じ。
なので、めずらしくお会計は先払いの店。

で、食べるのはムルネンミョン(水冷麺)
これにテーブルの調味料から、砂糖、酢、辛子などで味を決めていく。

このへんはタイのバミーナーム(ラーメン)なんかと似てる。

東大門の中華


試合終了後、予想通りタクシーは見つからず…
ま、なんとかなるのがいつものこと。

街を一駅歩く気持ちで移動してると、次の街っぽいとこで乗れた。
スウォン駅まで行ってもらい、電車でソウル駅へ。

ソウル駅近辺か南大門あたりで飲もうかと思ったけど、これといった店がない。
結局、東大門へ戻る。



この辺の、24時間オープンしてる店がたくさんある場所へ。
何度も前を通って気にもなってた中華料理屋へ入る。

相変わらずメニューは読めないけど、隣の韓国人兄さんが日本語上手。
ジャージャー麺がおすすめだと。

ママさんに、それとチャーハンをお願いする。

結局どれもこれも韓国料理っぽい味と香り…
なんかもっと普通のもんが食いたいね。



ロッテリアでポテト買って、コンビニで酒買ってホテルへ。
ビール(ギネス)だけのつもりが焼酎も買ってたな。

ACL開幕アウェイ水原




水原 2-1 浦和(水原ワールドカップ競技場)

何度もいうけど、ACLで大事なことは「韓国のチームに負けないこと」
すべてじゃないけど、今まで苦しめられたときはだいだいやられてる。

最近じゃ、すっかり中国やオーストラリアのクラブチームも強くなった。
けど、その結果より何よりまずは韓国に最低限引き分けること。

それで、ようやく他チームとも戦え、アジアの上を目指せると思う。

その開幕戦となるスウォンとの戦い。
以前はもう少しダーティーな印象があったけど、すっかりクリーン。

しかも、浦和がJリーグでそうされるようにうまいこと対策もできてる。
気持ちも感じる。

タイムアップの笛でピッチに倒れこんだのは勝った韓国の選手たち…
そりゃ、やられるわな。

自信を取り戻してほしい…
それもプロ。

ハンバーグでマッコリ




スタジアムへ到着。
チケット売り場はすぐに見つかったし、浦和専用窓口があった。

買って入場…
しない(まだ早いし)

街っぽい方へ歩いてみて、両替所を探す。
どこにもない(聞いた)からあきらめて、持ってる金で飲めそうな店を探す。



誰もいない店(客も店員も)へ入る。

マッコリくらい飲めるでしょ…
店のママさん出てきてお願いする。

マッコリはなかったけど、買ってくるといって走り出した。
自分ら店番中。

のち、ハンバーグとか作ってくれてお会計は激安。
ごちそうさまでした。

このママさんとは試合後も道端で偶然会った。
一緒にタクシーで帰ればよかったとあとで気づく。

華城という世界遺産




スタジアムへ行くにはまだ早いし、この近く華城(ファソン)があるのは知ってる。
歩こうとは思わないけど、入口だけみてこよっかつう。

はい、こんな感じです。
寒いし、休めるような店もなさそうなので終了。

移動しようと思っても、ちょっと郊外だったり夜間はタクシーがつかまらない。
このへん、なんか対策をしないとな。

なんとかつかまえて、スタジアムへ…

スウォンカルビを食う




そんなわけで、カボジョンカルビという口コミもそこそこのとこへ。

ランチメニュー終了(16時まで)に近い時間のせいかそれほどこんでない。
そのメニューからヤンニョムカルビとセンカルビをお願いする。

ホテルで市場で電車で…飲んでるけどここでもビールから…



韓国でよくある、なんだかしらんうちにどんどん皿が並ぶとこ。
そのどれもが…

カルビも焼いてくれる。
発祥の地というくらいだからどれだけ違うのか(ちょっとだけ)期待してみる…

個人的に、これから韓国で焼肉屋へ行くことはないでしょう。

ソウルからスウォンへ




どうやってスウォンまで行こうか…
とりあえずソウル駅まで行ってみて、なんか電車があったらそれにしよっか。

新幹線やロマンスカーみたいなのの高いやつと安いやつとかある。
スウォンに停まるいちばん早い電車を券売機で選ぶ。

なかなか快適な電車であっというまに到着。



スウォン駅からタクシーで焼肉屋へ。
よくわからんけど、ここはカルビ発祥の地らしいので行ってみようかと。

スウォンカルビで有名な店が2店ほどあってその1軒の店名をいう。
タクシーのおっさん(めずらしく)すぐ通じた。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives