昔話がとまらない




監事なので監査意見書を読み上げるため総会へ。

その後、懇親会へは出席するつもりじゃなかったから車で…
みんな寄るというので、ノンアルくんになる。

じゃ、車置いてからあっちで飲もうと。



2人で先に行って、8人分の席を確保。
先に始める…

その後、みなさんやってくる。
近所の他団体なんだけど、以前は同じ団体だったこともあり昔話…



これが、まあおもろい…
数人で共有してる昔話って、なんであんなに笑えるんだろ。

覚えてなかったり、(知らなかった)先の話もまたおもろい。
なので、帰らない。



さらに店をかえて…
こっちだと、中学の頃の話になる。

お疲れさまでした。

柏木のゴール


鳥栖 1-6 浦和(スカパー)

仙台やここは、なんとなく苦手意識がある…
ガツガツくるし、ロングボールをバンバン放り込んでくる。

そんな相手にこの勝利。
ミシャは前半の出来に憤慨してるけど、ある意味戒めもあるのかな。

後半、よく我慢して戦いました。
そして柏木のゴール、これが浦和にとってとても意味のあるもの。

韓国のクラブに勝ったような気がしないでもない。

今日も港めし




ビーチ沿いにいるので、当然昼はこちらへ…
最近、初めてのお客さんが多い気がする。

「港めしってなんですか」とか「しらすめしは」と聞いてる人たち。
サラリーマン、自由業ぽいグループ、近くへ訪ねたついでのご夫婦、観光客…

かと思えば、入ってきてすぐ「生ビールとあじの刺身ね」なんてお父さん。
そんな店内の雰囲気も楽しい。

やっぱりここの生しらすだな…
地魚フライも。

生ビールを飲むために




最近暑いので、シャワーを浴びてから缶ビールへは手をつけず店へ。
この生ビールがたまらんつう陽気(1杯しか飲まないけど)

なんだかんだおまかせで、いただいての…
個人的に白もつたれを。

うまい。

MARE(マーレ)




オフィシャルフリーマガジン「MARE Vol.24」発行

だそうなので、今回ももっらってくる…
ホームタウンであれば、かなり設置店が多いので便利。

選手のインタビューはもちろんだけど、地元情報がうれしい。
今回でいうと、三竿はカナダに住んでて英語はすぐに覚えたとか。

ほー。

赤羽1本80円




とくに店名はなく、食べログなんかだと「1本70円」でのってる…
ちなみに現在は1本80円ですよ。

注文するわけではなく、焼きあがったら前のバットに並べられる。

好きなのを選んで食って、串の数で支払うつう。
持ち帰りたかったら、おかあさんに何本かいえば適当にくれる。

この前を通ってもやってない率のほうが高いので、やってたら食う。
あとで、なんて思ってると閉まる。

かなりかっこええ。

プラカップはこれ




デキシークリアーグラス310ml
ガラスの様な透明感が美しいハードタイプ

いつもくろがねやで買ってたのに最近売ってない。
大きい方の430mlは売ってるんだけど。

このサイズがビールにもワインにもちょうどいい。
無印のオールドグラス(取り扱い中止)のプラ版な感じ。

飛行機(もちろんエコノミー)の機内食に出てくるようなやつ。

我慢できるということ




浦和 2-1 鹿島(埼スタ)

ミスがあって当然なんだけど、そこから流れが変わるのはよくあること。

今の浦和は、さらにそこで我慢できるから相手はやりにくい。
誰がミスして誰が決めたじゃなくて、全員で戦ってるのがみてわかる。

そんなメンタルがプレーにつながるんだと思う。

買って気づくマーナ




立つしゃもじに(ごはんが)ひっつくようになったので、新しいのを…
一番人気のものを選んだら、今まで使ってたのと同じやつだった。

白→黒になったけど(白だとひっついてるのが見えにくい)
とりあえず、新しいのはひっつかなくて快適。

消耗品だからね。

貝なのでどんぴしゃ




勝利のダンスまで全部みたので、やや遅めにスタジアムを出る。

行く店は決めてたけど、とりあえず電話してみる…
2テーブルほど空いてるが、売り切れたメニューが多いと。

まったく問題ないので、おじゃまして直輝にチョンゲーオ。



脳内貝だったので、おすすめに貝を入れてもらって刺し盛り。

ほっき貝、すみいか、まぐろ、関さば炙り、サーモンうにのせ、岩牡蠣…
どれもこれも最高にうまい。

おすすめの枝豆が売り切れらしく、そら豆を。
旬のそら豆を焼いてくれて、これも最高。

他にもメニューが迷うほどあるんだけど、うち2人だとこんなもん。
また(みんなで)行こう。

直輝決勝ゴール




湘南 2-1 松本(BMW)

湘南に来てからの直輝。
ケガだったり、そうじゃなくてもベンチに入れなかったり…

馬入で観てても、元気じゃないのがわかる時期もあった。
チョウさんも、そして直輝も悩んでたんだろなと。

まだ通過点だと思うけど、このゴールが転換期になるといいな。

直輝は試合に出続けられる選手だし、チョウさんはその直輝を使える監督。
強い気持ちは次へ。

YOUのいる高円寺




埼スタ帰りは高円寺へ。
わりと乗り換えもスムーズに。

セロリ会からスタート。
赤ワイン飲み始めたら、やや具合悪くなる。



土佐料理へ移動…
ウーハイに戻して、やや回復する。

この店の立ち飲みスペースがおもろい。



市場へ移動…
ここではトマトハイと決まってる。

ベトナムの兄ちゃんに浦和レッズを説明する。

タイ料理じゃないのに




栃木サポがやってきたので2人でチョンゲーオ…
しようと思ってたら、この近所の連中が偶然連絡くれて人数増える。

そんなタイミング。
席も2人で予約してたけど、ちょうど座敷が空いてたし。



こういったちょいと昭和ノスタルジックな店、最近のタイに多い。

メニューも串焼きや茹で落花生と、屋台で売ってるようなもん多いし。
ただ、レバテキはあってもハツテキはなかなかないと思う。



前も行ったことある店へ移動…
ここはシステム自体がタイっぽい。

バービアと屋台バーと日本居酒屋が混ざったような。
おもろい。

栓抜きを持ち歩く




瓶ビールを飲もうと思ったときに栓抜きがない…
これはバンコクのホテルもそうだし、ロマンスカーでもいつも思う。

キーホルダーにしてるカラビナで開けることもできる。
ただ、小さな栓抜きはずっと探してた。

違うものを探してたときに、ふと発見して即買い。
なかなかいい、かなりいい。

これでこそ浦和




浦和 4-1 FC東京(埼スタ)

我慢するところはしっかりと我慢、行くところは行く。
しかもしっかりやりきることができるので、相手は何もできず。

この攻守のバランスも、仙台戦を踏まえてのことでしょう。



瓦斯に完勝…
ただただ、嬉しさがこみ上げる。

ありがとう。

時化でも港めし




台風一過とはいっても、海はまだまだ時化。
なので、生しらすの水揚げがないのは承知。

それでも、ここの釜揚げしらすも美味しいし地魚も楽しめる。
もうこればっか…

この日は、あじが最高。

テレビはソニー




仕事場のテレビが最後の音(ボンっ)を出して息途絶えた。
仕事場にテレビが必要なのか、というのはおいといて…

必要なので購入。
相変わらずテレビはソニーから選んでるので、そのいちばん小さいやつ。

はい、快適。

馬入であれこれ思う




今週はすでに2回ほど馬入に行ってる。
月曜日はSC相模原と練習試合、きのう水曜日は柏戦の前日練習。

そうしてると、調子のいい(逆に悪い)選手がわかってくる。
チョウさんの指導ぷりからも、期待や信頼感が伝わってくるし。

ここは変わらずこのメンバーで、あそこはあの4人に絞られてるなとか…

あくまでも個人的に思うのは、もう1人2人ボランチを任せられる選手が欲しい。
航くん、もしくはシャドーの選手あたりで。

湘南は永木のチーム、その永木がより動きやすくなるような…

浦和でいうと、阿部ちゃん啓太というベテランに青木や秀仁がいる。
さらに、柏木も最近ボランチに入ることが多い。

チョウさん、カニには期待してるぽいけど…
そんなんいったら浦和だってそうか。

こっからリーグ、ナビスコと連戦が続くんで、なんとなくそんなことを。

エアロブラシ他交換




あとから買ったルンバ880も、そろそろ半年になる。
780は、まあ壊れたけどこっちは今のとこ問題なし。

壊れないと、このへんも交換してもらえないので自分でする。
エアロブラシとエッジクリーニングブラシ。

これ大事。

ローグ -Rogue-




気になってカゴに入れたこれら…
オレゴン生まれの地ビールらしい。

なかなかどころか、かなりうまい。

バーでグラスに注がれて出てきたら、高いだろうな…
そんなステキテイスト。

湘南しらす二色丼




ふつう二色だと、生しらすと釜揚げかもね…
でも、うちは沖漬けと釜揚げ(あったから)

これはこれで最高にうまい。

四色だと、生しらす、釜揚げ、佃煮、沖漬けになるのかな…
1回やってみたい。

湘南しらすはうまいから。

とろ鉄火でホッピー




試合後、いつも昼にしらす他を食べに行ってる店へ。
夜に行くのは初めてで、漁港の町らしくあたりは真っ暗。

それでも営業中の看板は出てたので、入れてもらいホッピー(サンレイ)
夜はおすすめの単品メニュー他、昼の(ランチメニュー)もできると。



そういわれると港めしにしちゃいそうだったけど、我慢(じゃないけど)
しらすサラダと地魚フライをお願いする。

あと、この日はメニューになかったけど、とろ鉄火を。
マスターにきいたら、やってくれるそうなので。



やっぱり、ここは最高に美味しい…

さらにすごく安かったような。
また行こう。

フードパークを楽しむ




湘南のフードパークは相変わらず楽しい…
今回は、初めてのフィリーチーズステーキからいってみる。

チーズステーキってフィラデルフィア発祥だそうで。
パンや素材、ソースからそんな味が感じられてうまい。



ここではタイや台湾の屋台料理も食べられる。

ただ、このへんはよくある日本人が食べやすい味に…
いいんだけど、もう少し現地っぽさを残してくれるとうれしい。



ちなみに、この日に買ったタオマフは今治タオルだった…

しかも1,000円とお買い得。
さらにクジが引けて、その他賞品が当たるとなれは行列も当然。

駅弁屋頂




新宿駅南口改札内の駅弁屋…
高円寺や赤羽、埼スタ行くときにいつも通る。

前回の埼スタ高円寺のあとに通ったら「駅弁屋頂」とリニューアルしてた。

画像は店頭の壁に並んだサンプル。
一目瞭然だね。

これ以外にもたくさんの種類があるけど。

神戸にドロー




湘南 1-1 神戸(BMW)

負けなかったというより勝てなかったという気持ちが強い。
疲れもあるのかな(お互いさまだけど)

「相手CKのとき跳ね返してるのも、どんなときでも前プレをさぼらないのも、
やさしいラストパスを出すのも、自らゴールを決めるのもウェリントン…
すげーなと思ってみてた」

昨季今頃に自分がツイートしたのを、ふと思い出した。
いない選手のことあれこれいうわけじゃないけど、そこが足りない部分なのかなと。

きのうの大介はすごく良かった。
選手全員からあの気持ちが感じられるといいんだけど…

我慢して、戦って、楽しもう。
湘南ならできるはず。

啓太のスルーパス




ブリスベン 1-2 浦和(スカパー)

今季ACLの最終戦となる試合…
なんとしても勝ちたい(よな)

とにかく啓太が素晴らしい。
そりゃ、コロも武藤も決めるわな。

最少失点はあるとして、アジアのアウェイで勝利することは大事。
もう次のACLは始まってるんだよね。

さ、また次へ行こうよ浦和レッズ。

高円寺で塩たたき




試合後のスタートチョンゲーオは高円寺まんまじぃまへ。

埼スタの帰りにしてはちょいと離れてるんだけど、自分らにとってはホーム。
この街へ戻ってくると、帰ってきた気持ちになる。



本日のおすすめからお刺身をチョイス、かつおは当然。

ここは高知の味、わら焼きかつお塩たたきが食べられる店。
今回は、わさびにレモンちょい搾りで食べてみた(うめー)



他にも気になるメニューがたくさんあるので、また行きたいな。
ただ、高円寺は行きたい店があちこちに…

〆は鯛めしでごちそうさま。

ガンバは通過点




浦和 1-0 G大阪(埼スタ)

これこそ選手たちの気持ちが感じられた試合。
それが結果に結びつくのも我慢してプレーしてるからこそ。

攻撃面では最初の柏木→関根→ズラタンの流れ。
柏木は誰もがズラタンへと思わせてからの関根(あんなときは調子がいい)

決勝点は武藤→宇賀神→ズラタン(関根ファーでフォロー)
ウガークロスのニアに阿部ちゃんいるのも相当効いている。

こうして左右どちらからでも崩せるのは大きい。
ミシャがいってる最後の精度も、人数をかけてしっかり攻撃してる選手たち。

あとね、なんといっても守備陣もものすごくよかった。
とくに槙野の場合、悪い時のイメージがあれのため最近の素晴らしさは際立つ。

試合後の阿部ちゃんコメント「ま、ガンバに勝つことが最終目標じゃないし…」

昇仙峡てどこ




動物園が暑くてそろそろ(スタへ)行こうかと思ったけど、まだ時間に余裕が…
なまえだけは(何度も)聞いたことはあるけど行ったことない昇仙峡へ行ってみよう。

行ってみたけど、どこがその中心場所なんだかわからない。
なんかロープウェイがあるのも知ってたからそこまで行ってみる。

そこからそれに乗り換えたり歩いたりする場所がそうなのかな。
春や紅葉の季節にはきれいそうだし。

よくわからないまま下山…
途中景色のいいところでスピードを緩めると1台の車も停まってた。

その車のわきには、おなじみどこのスタでも会うエスさんで笑った。
(だから)どこでも浦和サポ。

ノスタルジック動物園




うなぎ屋からすぐのところあった甲府市遊亀公園附属動物園へ行ってみる。

「亀公園」という文字だけみて亀の水族館と小動物なんかと予想…
したら、かなりちゃんとした動物園で驚く。

のんびりしてて、昭和ノスタルジックや(暑い時期は)タイ気分も味わえる。
城下町ってこういった動物園とか多いよね。



レッサーパンダやゾウは元気。

寝てたけどライオンやトラまでいた。
ちなみに亀もいたよ。

あと(どこでも)浦和サポも。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives