はじめてのスシロー




うちの近所にはスシローはなく、いちばん近いところでも車で30分ほど。
それでも、いってみるかってことで…

はい、回転寿司の中ではいいと思います。
どこも売り切れのメニューが出ちゃうのは、残念だけど。

ただ、寿司だからって日本酒をぐいぐい飲むのはやめましょう。
せいぜい、1合だけ。

我慢の先へ




浦和 1-1 甲府(埼スタ)

負けなし優勝なんてほうが異常なので、これが普通なんですけど…
これが浦和なんですよー(なんて強がりいってみる)

柏木の離脱や代表招集なんかで、この先も不安要素がいっぱい。
ただ、今まで散々経験してることなんだよね。

ミシャを含めた全員で、続けて欲しい。
そう、ミシャサッカーを続けて欲しい。

采配はあれだけど…

プレスンシール




ジャパネットみてたら、これの紹介やってて便利そうだなと…
そしたら、じいさんが同じように思ってジャパネットで買ってた。

なので、もらって使ってみる…

ラップとの違いはものによっては、包むというより挟む感じ。
もっというと、さらに押し付けることによって粘着力がある面同士で密閉できる。

なかなかいい(初めての使い心地)
しかも、洗って繰り返し使えるのもいい。

しばらく、ラップと使い分けてみようと思う。



追記

数日間使ってみて、少し気づいたことを…
素材そのものには、確かに便利。

ただ、ラップのように透明じゃないので皿のまま使うと中が見えない。
何が入ってるのか確認するのにいちいち剥がす必要がある。

夏野菜ではじめる




夏野菜のなすときゅうりをもらったので、つまみをやる…
なすは揚げ浸し、きゅうりはラープムーのつけあわせに。

うん、野菜自体がうまい。
育ててくれる方に、感謝しながら食べましょう。

最近の、パクチーメモ…
うちの近所だと、マックスバリュとヤオコー。

馬入排水樋管




台風の影響で水没した馬入だけど、ごらんのように復旧しています。

そもそもここは河川敷の有効利用なので、水没は避けられない。
それより、あっという間に復旧させてしまうのに、いつも驚くばかり。

最近では、中央に水を抜く工夫(違うかな)が…
さらに、散水スプリンクラーも設置(前からかな)してあったり。

素人なので、よくわかりませんけど。



グラウンドから少し下流に向かうと、馬入排水樋管がある。
ここに、ライブカメラがあるのを知った。

ちょうど、右の画像みたいな感じ。
この左右の河川敷まで水位が上がると、グラウンドもやられてる状態。

台風の心配時に、参考になる。

夜もいろいろ




馬入からチャリ漕いで、港めしを食いに行く…
もう、すっかりいつも通り。

時化で生しらすはないけど、釜揚げならある。
この日は、地あじと地〆さばものっててうれしい。

ごはんも、ほんのり酢飯で大満足。

新しい提灯には、夜もいろいろの文字が…
また、夜も行きたいな。 

だからキムチは危険




2軒目は、何度か行ってるHUB八王子へ。

なんだかこの日はファランだらけで、さらにそれ目当てなのか若いコたち。
あまりにも騒がしいので、ギネス1杯で移動。

忘れたけど、3軒目は居酒屋へ。
ウーハイ飲んで帰る。



よく焼肉ソウルの帰りはチヂミ持って帰るんだけど、さらにキムチも…
ジップロックもそんなになかったので、ビニール袋でバッグへ。

たぶん、電車の中で歩く韓国料理になってたんだろうな。
バッグもすっかり、そのオイニー。

もう持って帰るのやめた。

チヂミ会でロース




かけつけ瓶ビール後、マッコリチョンゲーオ。
マスターもママさんも、元気そうでなにより。

撮影してないけど、ナムルやいかキムチ、ポッサムではじめる。
その後のオーダーもいつも通りな感じで。



たん塩、ロース、はらみ…
友達が選んで、最高の加減で焼いてくれる(飲んで待ってるだけ)

個人的に、ここはロースが素晴らしいのです。
すでに、満足。



このロース、口に入れてマッコリ飲めば至福のとき。
たまらんやわらかさと他では味わえない、このうまみ。

仕事の素晴らしさと、その焼きで完成する。
あー、うめー。



じつは、主役のチヂミ。

ロースとチヂミ、極端にいうとこれだけでいい。
それくらい、他では食べられない。



アイスクリームなんてメニューが壁にあるので、〆に…
うまい、楽しい。

またすぐやりたい、チヂミ会。

宮内サラミ




ヤマザワで、南陽のソウルフード宮内サラミを買ってきた。
これが、パーフェクトサラミだから。

今回買ってきたのは、ノーマルのなんだけど現地南陽へ行くと他にもいろいろ…
今まで食べた中でも、牛たん、ホエー、ペパロニ、チーズとか。



そのまま食べるのはもちろん、サラダに入れても最高。
おいしい山形のひとつ。

生クリームソフト




クレミア(クレミア)
イセタン羽田ストア(メンズ)ターミナル1

このソフトクリームが食べてみたかったので、羽田のイセタンストアへ寄る。

行きは時間的に無理だったので、帰りに到着後乗り継ぎ便の人たちといっしょに2Fへ。
JALのターミナルだと、このお店が近い。

500円は高いような気もするけど、生ビール飲むようなもんだ。

早速、いただく…
みなさんいうように、期待を裏切らない美味さ。

その辺で、どこでも食べられるわけじゃないのも味かのうちか。
それでも、また食べたい。

岩牡蠣で出羽桜




試合後、来たときと同じようにシャトルバスで天童駅へ。
平日の試合のせいか、あっというまに到着。

駅からホテルへ行く途中の、宝という居酒屋へ(ロンリー)
同じく、おひとりカウンターだった浦和サポさんの隣へ案内される。

お疲れさまの乾杯から、しゃべりっぱなし…
お互いにたのんだものをいっしょにつまみながら、ほぼ閉店時間まで。

ホテルも同じだったので、エレベーターで別れるまでお世話になりました。
いろいろ、ありがとうございました。

さあここから




試合前、短い時間だったけど虹があらわれた。
ダブルでくっきりしたと思ったら、消えていく。

埼スタの上空に、飛行船がやってきたときは…
なんてのもいっしょで、記録は途絶えるもの。

そんな広島戦。



浦和 1-2 広島(埼スタ)

負けはやだわ、ほんと。
1失点はしょうがないとして、2失点目がよけい。

我慢できてたところが、山形戦あたりからバイタルがぽっかり空くようになった。
そこをしっかり決める力が、今の広島の順位なんだろうね。

いちばんいったら、チャンスを外しすぎるからなんだけど。
よくいわれた、浦和の敵は浦和…

この負けを前向きに。
それができるのが、今季の浦和。

NDスタでビール




ぼちぼち、スタジアムへ向かう…
天童駅からは、シャトルバスで10分ほど(300円)

中央広場で飲んでるという、山形サポグループの輪へ入れてもらう。
カープダックくれるし、みなさんに親切にありがとうございました。



スタグルの山形牛ステーキか米沢牛串どっちと、みなさんに尋ねる…
全員一致で、(絶対)米沢牛串なのでそちらを。

塩だれなのね、やわらかくて最高。
レアを塩わさびでいきたいレベル。



さらにいわれたのは、芋煮を食べていきなさい。
はい、というわけで初芋煮。

いろいろあるらしいけど、これも好き。
濃いめすき焼きに、牛肉のうまみたっぷり。

いいねー。

天童の街を散歩


山形空港から天童への移動は歩ける最寄駅はなく、バス、タクシー、レンタカーや車。
ただ、空港ライナーというものがあるのに気づく。

前日までに予約が必要だけど、要は乗合タクシーで指定場所まで送迎してくれる。
天童駅でなくても、ホテルへ送迎で片道800円という(1人で乗ると思うなら)手頃。

運転手さんも親切だし、早いし(10分くらい)便利だった。
往復共3人(隣浦和サポ)乗って、各々違う場所だったけど近くなので問題なし。



なので、10時前にはホテルへ到着。
当然チェックインはできないので、チャリを借りて街をぶらぶらしてみることに。

まずは、天童駅へ行ってみる。
歓迎ののぼり(ありがとうございます)くらいしかない。

人もほとんど歩いてなく、たまにすれ違うのは浦和ユニの方々。

出羽桜酒造も、(隣の美術館以外は)とくに観られるようなところもない。
荷積中の兄さんと少し話して移動。

13号方面へ向かってみると、途中に足湯があった。
なので、少し入るが熱湯に近いので、ササッと。

若松観音へ向かおうと思ったけど、上り坂になった途中であきらめる。
そこから、13号沿いのわくわくランドへ(浦和サポだらけ)

11時を過ぎたので水車生そばへ向かう。
鳥中華食って、さらに駅の反対側へ行ってみたけど、それこそなんもない。



さっき道の駅でちらっとみた、100円で入浴できるふれあい荘へ。
天童温泉、なかなかいいお湯でした。

ホテル近くのどっかで飲もうと思ったけど、そういった店がまったくない。
なので、ガストではじめる。



さらに近くのヤマザワで買い物。
宮内サラミや出羽桜を買う。

で、お会計後のカゴに取っ手がないのに驚く。
みなさん、教えてくれたけどいろいろ理由があるのね。



ホテルへ戻る途中、はじめて並んでる人たちを発見。
かき氷らしいのでスルー。

スタ行くまで、ホテルで酒飲んでる。

水車生そばの鳥中華




鳥中華を食う。
これは今回、行く前から決めていたこと。

今まで、冷やしラーメンや冷たい肉そばは食べたけど、これは初。
かんたんにいうと、温かいたぬきそばを中華麺にして、チャーシューが鶏肉なった感じ。

食べてみても、ほぼ想像通りのやさしい味。
もう少しいうと、胡椒や七味をいれたくなるスープだけど、麺は好き。

平日のお昼前なのに、お客さんどんどん入ってくる。
浦和サポはもちろん、山形サポ、観光客、サラリーマンとあっというまにほぼ満席。

個人的には、しっかりはっきりした冷やしラーメンのがインパクトあったかな。
また、今度ってことで。

空からの眺め




国際線は中央通路側ばっかなので、久しぶりに飛行機の窓側乗った。
新幹線も便利だけど、さすがに空からの景色はみられない。

羽田を離陸して、ゆっくり旋回していくとまずは遠くに富士山。
画像は、ちょうどディズニーランドの奥にスカイツリーがみえた辺り。

やっぱり、アトラクションみたいで楽しい。

米沢牛串と芋煮




山形 0-0 浦和(NDスタ)

正直、引き分けてよかったと思える試合。
メンバー固定で、(あの)夏場の失速を思い出させるような内容。

そんなわけで、試合内容以外のことでも…

雨は降らない(個人的)予定だったのに、スタでビール飲み始めたらすぐ降り出す。
その場合、中央広場の反対側にある総合体育館に入れる(と教わる)

試合中も、ほぼ降ったり止んだり。
稲光が起こるたびに、スタジアムが湧く。

食ったもんは、米沢牛串と芋煮。
だいたい、山形全般なんでもうまい。

また行きたい。

ババの餃子




最近、外で餃子を注文しなくなった。
なんか、肉肉しかったり脂がくどく感じる。

セロリ会なんかでも、野菜がうまい話してるせいもあるかも…
旬の野菜は、ほんとうまい。

で、このババの作った餃子は食う。
なぜなら、これ野菜を味わえるから。

木屋のおろし金




先日、日本橋木屋本店へ行ったとき、おろし金を買った。
いちばん小さなサイズだけど、純銅で職人が手造りしているもの。

にんにくやしょうがを少しだけおろすことが多いので、こんなサイズ欲しかった。
実際使ってみると、とげとげの感触が本物の証。

ここの品物は、包丁の研ぎや修理、おろし金は目立て直しもしてくれるのがうれしい。
毎日、そして長く使うものは、こうしたところの良さに(あとで)気づく。

プリン撮影失敗




いつものように数軒まわるんだけど、2軒目で市場へ。
最後に来ることが多くて、もうなんだかわからなくなってる。

ナポリタンやから揚げで、トマトハイ。
チーズなんていう、焼き物もうまい。

もちろん、予約したプリンも。



最近、行ってなかった中華へ。
辛くないピーナッツで、生ビール(これが300円)

エビかに肉かけごはん、かた焼きそばで〆る。
こんな値段なので、ひとり1,000円もしない。

壮行会再び




中央線で高円寺へ。
16時、みんなとの待ち合わせより早いけどスタート。

兄さんに、神戸店行ってきた報告を…

17時過ぎには、みんなやってきて壮行会2を始める。
そう、2回目の壮行会なのです。

日本橋から東京駅




日本橋といえば…
五街道の起点というだけでなく、ここからあらゆる文化が発展したといわれてる。

そんな橋を実際に歩いて渡るのは、初めてかもしれない。
江戸東京博物館や羽田空港の、復元された橋は何度か渡ったけど。

実際に訪れると、やっぱりあれだね…
首都高が残念。



そこからは歩いてすぐの復原(こっちの字らしい)された東京駅へ。
しかし、すごい技術とこだわりが込められてるのを、つくづく感じる。

駅前広場の整備工事はまだ続いてるのね。
完成は2017年の春らしい。

ついでに皇居外苑あたりまで歩いてみようと思ったけど、雨が強くなったのでやめる。
日本橋からここまでも、傘なしでだいぶ濡れたし。

木屋で包丁修理


木屋のペティを買った話は、前に書いたけど…
そうなると、今まで使ってた牛刀の修理がしたくなった。

刃はなんともないので、中が錆びて変形した柄を交換したい。
電話で確認してみると、柄を割ってみないとなんともいえないらしい。

最悪の場合、柄を割って中がボロボロの状態だと、修理不可能。
ま、そうなったら新しいものを買おうかと。



日本橋木屋本店へ、のこのこでかける。

スタッフおねえさんと修理担当の方が、話をきいてくれる。
前述したような説明を受け、納得してその場で柄を割ってもらった。

長年使ってた包丁だけに、結果が出るまでドキドキする…



これだけ残ってれば大丈夫ですね…
どうやら、中の錆は修理不可能なほど進行していなかったらしい。

うれしい、かなりうれしい。
包丁話も楽しんで、柄の交換と研ぎをお願いして預けてきた。

1か月ほどかかるらしいが、楽しみ。

ロマンスカー座席




MSEEXEに乗ることが多いし、この車両だと編成や座席配置もほぼ同じ。
なので、メモを…

行き(上り)は、いつもの2号車で決定。
帰りが、まだあっちこっち。

時間的にも満席になることが多いので、やっぱり前が広くてトイレに近い席かな。
車椅子スペースをのぞくと、3号車のあそこだけとなる。

旬を楽しむ




家庭菜園を励んでるみなさまから、野菜が届く。

最近では、スナップエンドウやいんげん、とうもろこし…
市場やマーケットで買うと、けっこう高いので助かります。

採れたてをさっと調理して、すぐ食べるのが最高。

台車




台車を2台、新しくした。
今まで、ずっとコンパネや古材で作ってたけど、最近安く売ってる。

表面に滑り止めが何もないやつだったので、屋外用スベラーズを貼って完成。

600×450mmと、よく運ぶもののピッタリサイズ…
いや、余裕がなくてやや不満なんだけど、スベラーズでなんとかなるかと。

ヤマモリナンプラー




ナンプラーはいろいろ試して、ティパロスに戻るなんだけど…
そこらへんのマーケットに売ってなくて、タイ食材屋行く手間(ネットでは買える)

そしたら、ヤオコーでこんなの発見。
あのヤマモリのナンプラーで、醤油で画期的だと思ったスクイズボトル入り。

タイ料理に欠かせない調味料「ナンプラー」で画期的なスクイーズボトル品
(空気に触れない)がヤマモリから新発売


昨年春には発売してたのね…



早速、ラープムーやヤムウンセンで試してみる。
独特の香りはしっかり残して(いやな臭みはもちろんない)ティパロスぽい味。

満足、これにしよう。



タイカレーで有名なヤマモリは、しょうゆ醸造業が始まりだと知る。
伊勢醤油も同系列の企業だったとは。

電車用冷蔵庫




車のときは、クーラーボックスをいつも積んでるだけど…
電車移動のときに、便利そうな保冷バッグを発見。

サンゴー缶3本と保冷剤がすっぽり入る大きさで、使わないときはたためる。
これで、500円程度だったのでカゴへ。



おかげで、ロマンスの席で冷え冷えのビールが飲める。
ま、容量上追加は必要だけど。

これからの季節、茹で落花生を持ち運ぶにもよさそう。

チャリで港めし




馬入で練習見学のあとは、チャリで須賀港へ。
ほぼ車やオートバイは入れない土手や河川敷を走れるので、楽ちん移動。

でもって、いつもの店へ…



いつもの席で、いつものメニューをお願いするという流れ。

水揚げがあれば、この生しらすが食べられる。
なくても釜揚げがあるので、問題なし。



楽しんだあとは、またチャリを走らせる…

こだまは車内販売なし




大阪駅で途中下車…
新幹線乗るまで、どっかで軽く飲んで行こう。

パーフェクト黒ラベルの、期間限定オープンがあったので行ってみる。
12時オープンなのでダメ(間に合わない)

そこらへんの居酒屋でトマトハイなんか飲んで、新大阪へ。
おみやげ屋寄って、チューハイだけ買って、乗車。



あとは車内販売で4時間飲んでよう…
乗って気づく、こだまは車内販売ありません(アルコールの自販ももちろんなし)

なんだって…
4時間チューハイ2本じゃ、どう考えても無理だ(何が無理なんだ)

車掌さんに尋ねてみると、5〜6分停車中にホーム売店で買えることを教わる。
次なら豊橋が6分停車するので、そちらでどうぞと。

ややヒヤヒヤするが、買えた。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives