自然の中でワイン




イタリアチームでのBBQの日。

場所の提供、前日準備してくれたみなさま、ありがとうございます。
当日は、午前中には設営終了。

さて、はじめるか…
酒が届かない。



昼過ぎに、ようやく到着。
まずは、生でチョンゲーオ。

しかし、いつものあのメンバーが酒なしで準備してるのはある意味すごい。
飲みはじめたら、焼きもはじめるよ。



枝豆や刺し身で飲みながら、焼き番長。
肉も魚介も野菜もあるよ。

たまねぎやじゃがいも、とうもろこしに塩(他)やオリーブオイルでアルミホイル。
裏で掘った里芋ふくめ根菜は炭火に投入、他は網の上へ。

これだけで、すごく美味しい。



大あさりを使って、イタリアマスタがなんかやってる。
しばらくしたら、肉や野菜も入った濃厚なスープができあがる。

用意した食材の量をちょっと心配したけど、あれでよかったかな。
足りなくなったら、家の裏へ。



そこの畑を掘ると、いろんな野菜がでてくる。
里芋やトマトがうまい。

もう少し2〜3分歩くと、こんな立派な棚田があらわれる。
すばらしい。



夕方が近づくと、ライブがはじまる。
多少の雨もへっちゃらで…

なんていいながら、強くなってきたので片付け、のち居間へ。
みなさま、ほんとありがとうございました。

イタリアでせんべい




山梨合宿へ行ったちびが、おみやげ買ってきてくれた。
気にかけてくれて、うれしいもんです。

なわけで、ちびもお世話になってるイタリアのみなさまにも。

この夜は(も)、偶然会えた方たちに感謝。
楽しい打ち合わせができました。

サイゼリヤスタート




ちびから電話があって、厚木で遊ぼう。

枝豆とワイン買って、電車に乗る。
そしてら、サイゼリヤにいるよーだと。

近所になくなったので、久しぶり。
相変わらず、わいわいがやがやしてる。

実家帰って、枝豆茹でる。

イタリアで枝豆




シャワーを浴びて、くそ暑いのでイタリアへ涼みに行く。

エヌちゃんやマスタが、本日のおすすめ料理を…
なんて日(なんだっけ)



それとは別に、新潟土産の茶豆でマスタがせっせとなんか作ってる…

枝豆とリコッタチーズの料理らしいけど、これまたすばらしい。
最初のひとくちこそ枝豆が消えてチーズだと感じたけど、後味がしっかり枝豆。



この夜も、遅かったような。

しかも、最終的にカウンターナカにずっといた。
ごちそうさまでした。

うずら串でホッピー




ちょっと作業があったので、厚木へ。
お昼過ぎに終了、ごはんにしようか…

と、いいながら車の運転しなくてよくなったから生ビール。
豚丼の上少々と、裏メニューのうずらでホッピー。

赤羽1本50円




赤羽下車すると、とりあえず(やってるか)のぞいてみる店。
数年前は1本70円だったんだけど、現在は1本80円。

この日は、ゲリラが降ったり止んだりという天候。
時間的にもやってないだろうなと思ったけど、やってた。

しかも、「今から50yen」という札が出てる。
おかあさんにたずねると、こんな天気だからサービスよと。

埼スタの友だちのおみやげに10本買って行く。
しかし、1本50円にめぐりあえたのははじめてのこと。

おとうさん、おかあさん、ありがとう。

洋食屋さんでワイン




老舗洋食屋さんへ。

ママさんに、おすすめのボトルをきく…
飲んだことないけど、こっちが美味しいらしいわよ。

飲んだことにしとけばいいのに(おもろい)



ハンバーグやポークソテー、ラーサダやザーピーでワイン。
どれもこれも昔から変わらぬ味で、安心のうまさ。

ビール、ワインと一気に飲んだので飲みきれない…



なんてさっきまでいってたのに、イタリアへ移動して生ビールから。
さらに、ギネスまで飲んでる。

それほどじゃない時間に帰宅(たぶん)

ミーファンスマー




散歩がてらアウトレットへ寄り、地元へ戻る。

夜は、タイへ。
2年ぶりくらいなのに、ママさん覚えててくれるうれしさ。

ビアリオチョンゲーオ。



基本のヤムウンセン、ラープムーではじめる。

ちなみに、全部(ちびたちいるので)辛さは控えめでお願い。
それでも、あのタイ屋台の味がよみがえる。

うめえ、ビアリオすすむ。



お腹空いてる人から、パッガパオガイとカオマンガイ。

しかし、ほんと本場だな…
なんて話してたら、ママ子どもたち連れてタイへ行ってきたばかりらしい。

行ってきたというより、里帰りか。



トムヤムクンとカイジャオムーサップ。
それに合わせて、カオスワイとカオニャオも。

ごはんにのせたり、ごはん投入したり好きにしなさい。
写真ないけど、ガイヤーンもたのんでる。



〆はこれも屋台の味、クイティアオ。
テーブルの上にクルワンプルーン(4種の調味料)もあるうれしさ。

それと、この日はママの娘さん(小学生)がしっかりとホールを担当。
すばらしい仕事ぷり。

また行こう。

さわやか目的の御殿場




東名で御殿場へ向かう。
目的はもちろん、さわやかなのです。

開店時間に到着、40分待ちらしいので車で待機。
では、ぼちぼち…



相変わらず大満足の、げんこつハンバーグ。
うちの連中は、ほぼそのままか塩こしょう程度で全部食べる。

デザートまで楽しむ。
この店は、ハンバーグはもちろん人もいい。

夏休みの鎌倉




鎌倉の親戚の家へ遊びに行く。

着いたら、早速ビアコロナチョンゲーオ。
みなさま、よろしくお願いします。

のち、飲みながら仕込みのお手伝いをみんなで。



一段落したら、海へ。

家の脇道を歩くと、すぐに材木座ビーチ。
まだ、泳ぐのは我慢。

そろそろみんな集まって来たらしいので、戻る。



鎌倉らしく、生しらすやながらみ。
大あさりも、うまい。

小町通りでお店をやってるプロがいるので、心強い。



つくねなんか、手作りだし。

他にも、あらゆる肉を焼いたり、野菜やいたり。
鎌倉ハムやソーセージもある。

ラムまである。



途中、海へ入ったり昼寝したり…
そんなことしてると、あっという間に夕方。

〆のラーメンまで作ってくれる。

みなさま、楽しい1日をありがとうございました。
また来年、ぜひ。

そんなわけで次へ




浦和 1-2 川崎(埼スタ)

こういった試合があるのもわかるけど、何度くり返すのか…
それも、ここで勝たなければいけない大事な試合で。

負けたということは、相手が上回っていたのは確かなこと。
ただ、これだけ積み上げてきたミシャサッカーで、Jの大事な試合に勝てない。

こういったところを乗り越えないと、とてもじゃないけどアジアで勝てない。

八王子ソウルナイト




そんなわけで、羽田から八王子へ移動。

早速、チョンゲーオ。
マスターもユンさんも元気そうで何より。



ここへ来たら、まずはいかキムチからはじめるのです。
あれだけ韓国行ってるけど、ここのがいちばん。

ユンさんのチャプチェもはずせない。



焼きは、タン塩から、ロース、モモ、ハラミと…
焼き番長なので、撮影できず。

個人的にはロースさっと焼きなんだけど、みんなの意見は全部うまい。



〆のチヂミも必ず。

小一時間、ユンさんに話を聞いてもらって、ごちそうさま。
いろいろと、ありがとうございました。

羽田で遊ぼう




みんなで羽田空港へ。
飛行機に乗るわけではありません。

エスさんの自動化ゲート申請ついでに、遊びに…
の予定が、思わぬ結果に。



まいっか、つるとんたんでうどん食ったから。

食ったそばから、何を思ったかみんな焼肉ソウル行きたいだと。
わかったわかった。

マスタに電話して、移動。

イタリアで祝杯




うちに、ちびと自分しかいない…
浦和の勝利をみとどける。

2人でシャワー浴びて、イタリアで祝杯。
常連さんたちに遊んでもらって、おみやげもらって帰る。

そんな夜。

屋上で流れ星




うちでごはん食べたら、流れ星をみに行こうと。

そんなわけで、ばあちゃんちの屋上へ。
まったく星みえない…

それでも、夜屋上で飲んでると風が気持ちいい。

パンとぬか漬けとスシ




ちび2人と帰宅、たまにはうちで食べるか。

冷蔵庫にあるものでサラダ作って、パンを焼く。
とりあえず、これ食べてなさい。



そしたら、ばあちゃんからきゅうりぬか漬けとかぼちゃの煮物が届く。

パンとはまったく合わないと思うが気にしない。
きゅうり、あっというまになくなる。



おかあさんたち帰ってきて、スシが並ぶ。
はい、もう好きなの食べなさい。

だだちゃ豆も買ってきたらしいので、おねえちゃんに茹でてもらう。

イタリアでアイス




そのまま、イアタリアへ。

アイス食べたいんだそうで…
はい、好きなのをどうぞ。

ネグロからはじめて、〆の生ビール。

本まぐろで水レモン




エスくんとふたりで、おつかれチョンゲーオ。
この店もロンリーで行くことが多いので、めずらしくテーブル席へ。

さて、おすすめのメニューから何にしましょう。



本まぐろ刺しと岩牡蠣ではじめる。
うん、どちらもうまい。

エスくんは、これらおかずにおにぎり。



焼酎にして、いか肝バター。
レモンがのってるので搾ってみると、なかなか合う。

そんなころ、3人増える…



なわけで、サラダから。

あと、あると気になる空芯菜炒め。
これも、バンコクを思い出す味のひとつ。



ワインにしたので、〆はシーフードグラタン。

じゃ、ぼちぼち帰るか…
イタリアへ。

チョマーメンナイト




イタリアチームでチョマーメンナイト。

車では何度か行ったことある店へ、みんなで電車で。
予約して正解だった、まずは9名でスタートチョンゲーオ。

中国人の店員さん、「ここのつ」が通じない。



氷花餃子は、表面だけパリッとして内側はもちもち。
はじめてのチョマーメン、勝浦タンタンメンを思い出す味。

ピータンもうまかったな。

暑い時期はヤードム




暑くなると、思い出したようにヤードムを持ち歩く。
いつでもどこでも、鼻スースー。

そんなわけで、在庫が少なくなってきたのに気づく。

IMG_1213.jpg

前回、こんなに買ってきたのにな…

また、買ってこよう。
もっとたくさん。

祝杯はイタリアで




ちびたちが遊びに来て、オッサンの誕生会をやってくれるという。
のこのこ、イタリアへ。

マスタも、ありがたいお皿を…
ほんと、みなさまありがとう。



いつもと違う感じでお願いしようか…
ザーピーとパスタ、〆のイカスミリゾットじゃなくて。

パンやワインに合う料理を次々と。
なので、ワインがぶがぶ飲む。



さらに、プレゼント届けてくれたり。
ネグロのボトル入れてくれたり。

ありがたい。
終了は、深夜3時。

夏だホルモン




まだ暑い夕暮れだけど、エアコンなしのこちらへ。
生ビールからスタートチョンゲーオ。

以外とカウンターは風が涼しかったるする。
マスタは、ここ(厨房内)は暑くてたまんねえよだけど。



焼きは、シロ、ハラミ、トリモモ。
めずらしく、つくねが入荷しないらしい。

焼きながら、飲みながら、マスタと話しながら…
この店の、ゆっくりと時間が流れる感じがいい。



(また)だいぶ年季がはいってきた壁のメニュー。

ぼちぼちかえんべえかな…
らしい。



当然、イタリヤへ寄る。

今回はだだちゃ豆




最近、黒埼茶豆が並ぶスーパーマーケットに、今度は鶴岡産だだ茶豆があった。
黒埼茶豆は、大正時代に鶴岡から種を持ち帰り黒埼で育て始めたのがルーツという。

どちらかというと、あちこちで見かけることの多いだだちゃ豆。
黒埼茶豆は新潟県民が枝豆消費量全国1位らしく、なかなか出まわらないらしい。

そういえば新潟の市場行くと、みんな山のようにかかえてたの思い出す。
ぼちぼち旬の真っ只中へ突入(たぶん)

そんなわけで、だだちゃ豆を茹でて冷やして、埼スタへ。
うん、うまいうまい。

ブランダードでネグロ




イタリアワインの品種なんか調べてたら、飲みたくなって出かける。
かといって、いろいろと飲み比べるわけでもなく、いつものネグロアマーロ。

たまには、基本のトリッパでもお願いするか…
そしたらマスタが、今日はブランダード作ったよ。

じゃ、当然それを。

魚を使ったパテみたいなものらしく、パンといっしょに。
これは、はじめてかもしれない。

ネグロがすすむ。

武藤雄樹アレー




浦和 4-1 湘南(埼スタ)

友だちが、20番代という抽選を引いてくれて前段4列目へ(ありがとう)
ま、そのへんのまわりのことは置いといて…

湘南は、相変わらず浦和対策とかしてこない正々堂々ぷり。
実際、アリーア、神谷、大竹なんかの縦パスは怖い。

それでも、うまく戦えたかな。
1失点は反省として。

ウェズレー、ジネイと新加入してるので期待。

ネグロアマーロ




うちでもワイン飲んでるんだけど、最近気づいたことを…

いつもイタリアで飲んでる、ネグロアマーロ。
これが、ブドウの品種名だと(最近)知る。

モンテプルチャーノもそうらしい。
有名どころでいう、カベルネ・ ソーヴィニヨンとかってこと。

ま、いいんだけど奥が深い。

赤星




最近、赤星(サッポロラガー)の缶が売ってるので、うちビールをそれにする。
以前、サッポロクラシックが売ってたときもそうした。

でも、そのうち見かけなくなっちゃうのも同じか。
瓶はめんどうだしな。

ホッピーがいつも2ケース並んでるし。

すき家でうなぎ




ちびたちが、この家ポケモンいないな…
近所にアイテムがゲットできる場所があるというので、出かける。

あっというまに、捕まえた。

すき家の前まで歩いたので、寄ってく?
うなぎ食いたいなので、3人でカウンター。

食べきれずに、持って帰る。

流しそうめんは楽しい




テーブルやイスを出したり、調理器具や食材の準備。
火を起こして、野菜をカットしながら、そろそろ肉から焼き始めるか…

なんてよくあるBBQの流れなんだけど、同時進行で竹が組まれていく。
てか、あっという間に流しそうめんの設備が完成。

そりゃ、プロの職人さんが大勢いるからね。
大工さん、水道屋さん、電気屋さんたちでちゃちゃっと。



肉や野菜をわいわい焼いた後は、いよいよ流しそうめん。

やってみると、思いのほか大人も子どもも楽しめる。
なかなか、こうして外で食べられないしね。

缶詰のみかんなんかも、子どもたちには人気。

最後は、ビンゴゲームで豪華商品が当たる抽選会。
みなさま、お疲れさまでした。

木屋の包丁を語る




BBQの準備へ行くと、テーブルの上に木屋の包丁が…
エムくんも木屋のファンで、このサイズの牛刀が欲しかったと。

木屋で包丁修理
木屋牛刀戻る

うちでも、自分が使う包丁は木屋。
このように長く使えるのが、うれしい。

たしかに、うちの牛刀とペティの中間のエムくんのサイズ欲しい。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives