年間勝ち点73




磐田 0-1 浦和(エコパ)

コロのいうように、あくまでも通過点。
だけど、しっかり勝つことは大事。

惜しいシュートは何本もあったけど、決めること。
選手たちから、その気持ちが感じられた試合。

さあ、あとひとつ。

本厚木海老名ライン




厚木と海老名の用事を済ませて、ららぽでチョンゲーオ。
数軒移動しながら、レモンサワー飲んだりワイン飲んだり。

そうしてるうちに、チビも帰ってきたので厚木へ。
まずは、実家ではじめる。



行く行かないいいながら、結局サイゼリヤ。
ここのワインはどうこういいながら、白ワインがぶがぶ飲む。

帰り道で赤ワイン買って、実家で飲みなおす。
終電前で帰宅。

そんな日。

ハゲ打ち合わせ




数年ぶりにハゲ釣りに誘われて、そんじゃちょいと打ち合わせを。
イタリアから、ネグロスタートチョンゲーオ。

ささっと話すんで、てかみんなお世話してくれてありがたい。
マジシャンエムもやってきて、ちょっと行こうか。



湘南バーへ。

最強のレモンサワーチョンゲーオ。
なんだかんだ話してるうち、日付がかわってるのでそろそろ…

ごちそうさまでした。



遅いから帰るといいながら、イタリアへ戻る。
水からスタート、のち生ビール。

バニーマスタにも会えて、話がとまらん。
深夜帰宅。

タイトル祝杯




ルヴァン決勝後の祝杯は、ホーム高円寺へ。
帰りの埼京線で予約したら、なんとかCコーナーがとれた。

そんなわけで、9年ぶりのタイトルチョンゲーオ。
うまいもん食って、飲もう。



藁焼きや刺身、なんでもうまい。
気になる新メニューも、外れなし。

熱燗まで飲んで、ごちそうさま。
さ、移動。



当然、いつもの中華へ。
濃厚ウーハイを楽しみましょう。

高円寺なのに、お祝いの声をかけてくれる方たちがいて、うれしい。
ロマンス予約して、帰ろう。

白とシロ




イタリアで、エストエストエストからスタート。
たまに飲む白もうまい、てかこの白がうまい。

そういいながら、ネグロ(赤)に戻るんだけど。
でまたビールからはじめたり。



翌日、パーフェクトサンレイからスタート。
ここでも違うの飲むけど、結局サンレイに戻る。

最近の焼きは、シロ、ハラミ、つくね。
ピーマンは、その日の気分で。

バカルディ




ビール飲みながら、午前中炊いた里芋を仕上げる。
うす味で冷蔵庫、そこに味噌とほんの少しのバターで完成。

のちホッピー飲んで、そろそろ里芋いいでしょう。
パンチレモンにも合うよ。



小一時間そうしたあと、湘南バーへ。
なんとなく、ふだん通りの赤ワインから。

お酒の話なんかしてるうちに、やっぱり…



パーフェクトモヒートに戻る。
夏が終わってもモヒート、モヒートの秋。

さらに、はじめて飲むジャックハニージンジャー。
マスタのお酒は、なんでもうまい。

ソウルナイト




埼スタ瓦斯戦後、八王子へ。
八王子といえば、もちろん焼肉ソウル。

ポッサムつまみに、まずは祝杯から。
焼きは、友だちが最高な状態に仕上げてくれる。



タン塩、ロース、カルビ、ハラミ、レバ、ミノ…
焼き上がりを、マッカリ片手に待つのです。

好みはやっぱりロースなんだけど、レバやミノもうまかったな。
ちなみにこの日は、マスターとママさんは韓国に帰省してきたばかり。



いつもの最高のチヂミに加えて、松茸ごはんも作ってくれた。
いかキムチ。チャンジャ、明太子、どれも最高。

だから何度もいうけど、あれだけ韓国行ってるけど、ここの韓国料理がいちばん。
韓国から戻ると、ここへ行きたくなるくらい。



マスター手作り麺という、ラーメンもいただく。
これまた、もちもちでうまい。

〆のアイスクリームで、ごちそうさま。

Catwalk show




招待状をもらったので、のこのこ出かける。

場所はいつもの、ラフォーレ原宿。
その6Fにある、ラフォーレミュージアム原宿でファッションショー。

いつもお世話になってるみんなに、あいさつしながら席へ。



すげー、かっけー、実はちゃんとしたファッションショーはじめてかも。

モデルさんたちは何度か顔をあわせて、話したことある方たちも多い。
ただステージでの存在感がまるで違って、引き込まれる。

作ってきたみなさんの力なんだと、感動。



みっちゃん、おつかれさまでした。

ロンドン-大阪-東京-大阪…さらにと移動も大変なのに、すごいパワー。
すばらしいショーを、ありがとうございました。

さて、どっか飲みに…



と思ったら、この日はラフォーレのエントランスで飲み始めるらしい。
へー、そんなことできるのか。

ちょいちょい会える方たちもいれば、ものすごい久しぶりな数名も。
みんな、元気そうで何より。



兄さんは、ここ最近3度目くらいだけど、会う度にタトゥーが増えてる。

みなさま、お疲れさまでした。
酔った勢いで、エンジーンズのTシャツ買って帰る。

バーホルモンイタリア




前回の総会ではじめていっしょに飲んだケイちゃんと、また飲もうと。

代表の試合の日でもあったので、観られる湘南バーへ。
飲んだり、つまんだり、わあわあいったり、ハイタッチしたり。

勝ってよかった。



試合が終わったので、パーフェクトサンレイへ。
基本の、カシラサークルシロセンターからスタート。

あとは好きなものも、焼いてもらったり。
では、ぼちぼち…



〆のイタリア。

そんなわけで、また行きましょう。
埼スタもね。

自家製冷製いちぼ




味スタ前に、友だちんちへおじゃまする。

ちょいと早く着いたんで、駅前日高屋ではじめる。
生1杯、ウーハイ2杯飲んだ頃、帰ってきたのでいっしょにうちへ。



ありがたいことに、こんなにたくさん用意してくれてた。
パンチレモンでチョンゲーオ。

この日の冷製の部位はいちぼ…
うめえ、オッサンも受け入れられる上品な脂。



瓦斯戦なので、2人で家からユニ。

着替えても、またカボスハイ作ってくれるので、当然飲む。
ぼちぼち行こうかの、ごちそうさまでした。

モヒートマジック




バンコクでも、ちょいちょい飲んでたモヒート。

湘南バーで飲むと、これが全然違うことに気づかされる。
そんなパーフェクトモヒートを、飲みに行きましょう。

おかわりして、ごちそうさまでした。



イタリアカウンターへ。

たまには、マジックを観ましょう。
てか、最近やらなくなったね。

基本の上がってくるやつは、やっぱりすごい。

ハラミバーガー




そば店営業を終えたワイちゃんと、イタリアカウンターへ。

ワイン飲んで、それなら(なんならか忘れたけど)ホルモン行こうか。
そんな話になって、出かける。

イタリアへは、また戻ると伝えて。

IMG_0304.jpg

サンレイを2つずつ飲んで、焼きはテッポーとハラミあたりを。

で、このハラミをイタリアのフォカッチャで食べたいって話になる。
はい、なんでもやってみることが大事です。

マスタにパックもらって、ハラミ持ってイタリアへ戻る。



イタリアマスタがハラミバーガー作ってくれた。
うまい、ありがたい。

その後も常連さん、みなさんやってきて楽しい夜でした。

日本酒飲み比べ




そばへ行こうという話になって、ワイちゃんちへおじゃまする。

日本酒飲み比べメニューがあったので、滅多に日本酒飲まないのについつい…
あれこれと説明を聞きながら飲むと、結局全部うまい。



チーズかえし漬けは、海苔と大葉でくるくる巻いて。
ワインもいいけど、日本酒でもいける。

おすすめの、新落花生といかの天ぷら。
茹で落花生好きにはたまらん一品。



チビはつまみながら、そばも。
塩とかわさびからはじめる小学生。

〆のデザートは蕎麦アイス。
かりかりもそば、上にはそばの実。



秋刀魚のおから漬けも、上品な味で日本酒に最高。
おそくならないうちに、そばで〆る。

ま、そうなるかと思ってたけど、ワイちゃんこれから飲みに行こう。

府中で焼き鳥




リーグ戦ガンバにヨンゼロで勝ったあと、府中へ。

何度か行ってるけど、ここもなんでもうまい。
居酒屋メニューはほぼ揃ってて、すぐに満席。

てか、府中は焼き鳥がうまい。



いつものように1軒じゃ帰らず、中華へ。
なんちゃらセットと濃厚ウーハイを楽しむ。

ここまで来ると、南武線で登戸まわり。

ホルモンイタリア




バンコクはホッピー(ほとんど)飲めないので、こちらへ。
パーフェクトサンレイを楽しみましょう。

しかも、このホッピーは日本でもなかなか飲めない。
うまい、酔う。



焼きは、基本のシロから。

テッポーにしようと思って忘れたんだけど、テッポーはシロコロ部位ばかりだと。
適度に部位がまざる、シロに戻るのかな。

最近はゲタカルビより、もっぱらハラミ。



〆のつくねがあるときは当然。
で、ピーマンさえ食べられない日はこんな感じ。

ごちそうさま。



イタリアカウンターへ移動。

みなさんに会えて、ワイン飲み続ける。
ワイちゃん、バンコクMBKに売ってるようなケース持ってた。

ルヴァンカップ優勝




G大阪 1-1(PK4-5) 浦和(埼スタ)

2007ACL以来、9年ぶりとなるタイトルを獲得。
言葉にするとこれだけだけど、どれだけ長かったことか。

今の浦和のサッカーなら、今年こそはと思っていた。
でも、それも選手にとってはプレッシャーになるのかな。

そんなわけでPKまでもつれ込んだけど、よく結果をだしてくれました。
ほんと、勝つと負けるでは大違いな決勝戦。

残る国内タイトル、ACL、CWC…
アジアへ世界へ、またひとつひとつ乗り越えてほしい。

鼻スースー持って




帰国翌日、なんとなくバンコクでも毎晩飲みに行ってたのでその流れ。
イタリアマスタ、常連さんにごあいさつ。

おすすめでワイン飲んでると、さらにみんな集まってきた覚えが。
テーブル行ったり、カウンターあちこちと。



マスタとマジシャンエムと、湘南バーへ。

カウンターで飲んでた、初対面の兄さんと話す。
どうやら若い頃(まだ若いけど)タイ他で、バックパッカーやってたそうで。

タイ話がつきない、そんな夜。

VILLA PHRA SUMEN




最後に、今回のホテルについて。
ネットでいつものように何気なく探してたとき、写真他をみていいなと。

なんとなく、ワイキキの今はなきハワイアナホテルのような。
庭があって存在感のある木があって、それをかこむように低層の客室となる建物が。

その裏には、運河も流れてる。
運河沿いには市場と屋台、近くにコンビニもあり、ちょっとした買い物も問題ない。



敷地内に入るのにもカードキーが必要、さらに入り口にはセキュリティが常駐。
どの時間に通ってもフレンドリーに話してくれ、それだけでも安心。

部屋で最初問題があったのはエアコンだけ、それも翌日すぐに対応してくれた。
バンコクでは、ほぼ冷蔵庫は冷えないんだけど、ここはへたすると凍るほど冷える。

他にもWi-Fiやテレビ、セーフティボックスと必要なものは揃ってる。



そんなわけで、想像通りというより、それ以上に気持ちのいい滞在でした。
店は人とよくいってるけど、ホテルも人、なんだけどなかなか出会えない。

あえていうといつもBTSの駅近に滞在してたので、街へ出るときのアクセスかな。
それでも運河のボートや、面倒ならタクシーを使えばすぐ。

またぜひ、ここへ滞在するためにタイへ行きたくなると思うホテルでした。

最後の夜もカオサン




最終日でもあるので、パッキングを済ませてランブトリ通りパイスパへ。
2回目だけど、前回もよかったのでまた予約。

1回目は、フットメインでやってもらったので、今回はおすすめのハーバルマッサージ。
ハーブを配合したハーブボールを温めて、全身やってくれる。

これがかなりよくて、あっというまの120分。

IMG_0309.jpg IMG_0311.jpg

外へ出ると、雨も降ってきたこともあり近くのバーへ。

メニューをみると、ビアリオの生があるのでお願いする。
はじめてだけど、あまりの飲みやすさに水のように飲む。

確認したら、生牡蠣も食べられる。
皿にマナオがのってなかったので、あとからもらって楽しむ。

IMG_0324.jpg

ここからもう2軒ほどバーを、あちこち。

途中で食べたプーパッポンは、シーフード料理屋で出てくるものとは別物。
こうした下調べしてない店は、食べてみないとわからんしね。

〆のモヒートを数杯飲んで、店を出る。



今回は、カオサンへちょいちょい行ったな。
ホテルから、歩いてい行ける距離だし。

昔のカオサンを知らないので、なんともいえないけど、こうした空間もありかな。
あの夜中の2時くらいの盛り上がりは、どこの世界にもないものだし。

チャトゥチャック再び




チャトゥチャックは土日のみなので、土曜日に出かける。
到着日の日曜日に買えなかったものを、買うために。

このへんとかあのへんとか、鼻スースー大量とか。
ついでに、違うTシャツやドクターマーチンも手に入れる。

目標とした仕入れ、ほぼ終了。

IMG_0297.jpg

疲れたので、マーケット内の適当なバーへ。

このテーブルがおもしろくて、感心する。
脚は水道管、氷がとけにくいように裏には発泡スチロール、排水設備まである。

時間的に近くのナイトマーケットJJ Greenへは行けなかったけど、また次の機会に。

IMG_0304.jpg

帰り道、最近タイブログでもちょいちょいみかける、アーリーで途中下車してみる。

駅周辺をぷらっと歩いてみたけど、これからなのかな。
こんなモード学園みたいな建物やマンションが続々と建設中。

パヤタイから、ホテルへ戻る。

熟成テンダーロイン




そんなわけで、Arno’s Butcher and Eateryへ再び。
入り口のおねえさん、前回サービスをしてくれたおにいさん、覚えててくれた。

今回の目的はテンダーロインなので、それを600gお願いする。
すると、675gとなったけどこのへんの誤差はありなんでしょう。



45日間乾燥熟成テンダーロイン675gを、ミディアムレアで。

やっぱりヒレやわらかくて、うまいな。
年齢的に、脂の多い部位やかたいところはすっかり苦手。

塩のあとはベルネーズソースで、これもよく合う。



ほんれんそうのチーズ焼き、アイスクリームまでオーダーした。
当然食べられない、ほぼ半分とアイス以外全部おみやげセットにしてもらう。

翌日、ホテルで食べたらこれまたうまかったな。
熱々もだけど、冷めても肉だ肉。

ルヴァン決勝へ




浦和 3-1 FC東京(埼スタ)

予想スタメン通りで、阿部ちゃんベンチスタート。
その位置には航が入って、ウガがCBの左へ。

航は右CBやるよりは、ボランチのほうがやりやすそう。
守備もそつなく、攻撃のスウィッチになる縦パスも小気味いい。

駒井の調子もそのまま、タカは元気を思い出すプレーぷり。
あとは、最近の惜しいシュートが決められるとさらにか。

コロが、ここへきて調子を戻してきたのもうれしい。
さらに交代したチュンソンやズラが、といったら贅沢か。

それでもまだ何も手にしてないので、ここから…

ソイ23で生牡蠣


IMG_0263.jpg

アソークで生牡蠣が食べられる店を発見したので、出かける。
ソイ23の、緑のどんぶり看板の店の少し先。

こんな入り口の左の通路を奥へ歩くと、店があらわれる。
バーだった店を、軽く改装した雰囲気。

なんと、24時間オープンらしい。



まずは、ヤムウンセンでハイネケン。

ヤムウンセンも店によっていろいろで、ここのは茹で落花生がのってる。
海老やいか、野菜もたっぷり。

うん、うまい。



で、生牡蠣。

このタイ式の食べ方が、たまらん。
今度、ホムデン買ってきて揚げて、チリソースとライム用意してやろうかな。

生牡蠣でワイン。



帰りに、緑のどんぶりの店でカオカームー(豚足煮のせごはん)を買う。
タイ人が仕事途中に、何人も買っていくので気になってた。

ホテルへ戻って少し食べてみたけど、これもうまい。
ソウルでも気になって豚足食べたことあるけど、あれとは違う。

考えると、カウボーイ周辺はうまい店多いな。

MBKからカオサン


IMG_0238.jpg

ダックの店をでて、またMBKへ。
しょちゅう行ってるのに、どうしても行きたいらしい。

もう行く店は決まってるし、店員のおねえさんとも顔見知り。
そう、シーラにいろいろとお願いしに行くのです。

しかも、わがままを聞いてくれて、いろいろとよくしてくれるので。



のち、カオサンへのこのこ出かける。
この日は、クラブよりマッサージメイン。

そのあとも比較的静かな店で、赤ワインなどを。
そういいながら、何軒かまわる。

IMG_0247.jpg

ランブトリ通りの、クイティアオ屋へ寄る。
〆はビアリオで、センレックナーム。

タイでは淡麗系のスープなので、クルワンプルーンで味つけるとちょうどいい。
早めに帰るか…



そんな時間から、オープンする屋台も多い。

ちょうど、茹でたてのトゥアリソントム(茹で落花生)があった。
昼間直射日光で干からびてるのはダメだけど、これは買う。

うまい。

ヌンファー


IMG_0230.jpg

巨大ブランコ「サオチンチャー」を眺めたあとは極上ローストダックを!

ここもホテルから歩ける、ローストダックの店へ。

おばちゃんが、天井のファンがあたるからという席へ案内してくれる。
とりあえずのビアリオお願いしたら、早口のタイ語でなんかいってる。

この状況だし、なんとなくわかった…
グラスに、氷入れるか?

マイアオ ナームケン クラップ(氷いらないです)
最近のバンコクは、ビール冷えてるし。



オーダーは、おすすめのタイの赤貝といわれるもの。
これは、まったく赤貝じゃないしアサリやあのへんともちょっと違う独特なもの。

アヒル肉のせごはんは、予想通りの味で大満足。
バミー(中華麺)でも食べてみたかったけど、食べる係がいません。



ファンがあたる席なんだけど、店頭の厨房の真横でもありまして。
温度計をみると、こんな陽気。

でもなれてくると、冷房のない店でもだらだら飲んでられるようになるもんだ。
店員のおばちゃんとおねえさんも、隣のテーブルでお菓子食べ始めるのがタイ。



そうしてると、店先に屋台があらわれ、人だかりができてる。
当然気になるので、お店のおねえさんにきいてみると、たこの炭火焼らしい。

しかも、ほんとにおいしいから絶対買ったほうがいいよと。
お店のおにいさんまで出てきて、たれの味とか説明してくれる(みんなやさしい)

おすすめの部位(たこの頭)と足を買って、たれは辛いのと甘いのをミックス。
これが、ほんとうまかった。

やっぱ、現地の声だ。

ナイトマーケット




しゃかりき432"本店から、歩いてすぐのMRTスクンビット。
そこから3つ乗ると、タイカルチャーセンター。

目的は、これまた新しくオープンしたナイトマーケット。
タラートロットファイ・ラチャダー。

タラートロットファイ・ラチャダーに早速行ってみた!駅近でアクセス抜群!

シーナカリンのマーケットは行ったことあるけど、そんな感じらしい。
とりあえず、ビアリオ片手にうろうろする。



一通りのエリアをまわったころ、雨が降ってきた。
そうなると、片付け始める屋台も多い。

とくに買いたいと思うものはなかったんだけど、スニーカーの屋台で止まってる。
どうやら、キティが気になるらしい。

値切って、買ってる。



サイアムまで戻ると、雨も本降り。
タクシーでホテルへ。

雨季なので、1日のうち何度か雨が降る。
なもんで、80バーツで折りたたみ傘を買った。

平さんのアシスト




FC東京 1-2 浦和(味スタ)

周ちゃん、槙野、柏木がいない…
あと、ミシャもいない瓦斯戦。

それでも、大谷、大ちゃん、青木がいる。
指揮は、アーミー。

1失点も慌てず、よく我慢して戦ってくれました。
そう、浦和には平さんもいる。

ここへきて、交代した選手が活躍してくれるのは、心強い。

ニッポン居酒屋




1軒目は、キッチン新潟から。
目的は、かにクリームコロッケを食うため。

かにだらけ、ホワイトソースは老舗洋食屋を思い浮かべる味。
相変わらずの満足。

でも、あとはお通しに枝豆が出てきたので、やっこくらい。



2軒目は、しゃかりき432"アソーク本店。
バンコク行って、ここへ寄らないことは(たぶん)ない。

行く度に支店が増えてる。
本店の隣にも、鮨屋と焼肉屋(系列店)がオープンしてた。

ヘンヘンカオマンガイ




行列が出来るカオマンガイ屋がプロンポンにあった!

現地マッサージ屋やバーのおねえさんたちが、オススメしてたカオマンガイ屋。
場所は知ってたけど、いつ通ってもやってない(時間のせい)

今回、プロンポンの飲み屋へ出かけるときのぞいたら、やってた。
当然買って、翌朝食べてみる。

ほんとだ、鶏がしっとり、ごはんも旨味たっぷり、ナムチムは絶妙…
そんなわけで、ピンクへは行かなくなった(前は通った)

あと、昼の2時に閉まっちゃう店も行けず(次だな)

中華街でふかひれ


IMG_0193.jpg

ワットポーから、歩いて中華街を目指す。
なかなかの距離なんだけど、途中サンペーン市場なんかをうろうろしてるとすぐ。

しかし、バンコクの市場は規模がでかいな。

市場を抜けると、だんだん屋台に中華食材やお菓子が増える。
街並みもそれっぽくなってきて、まさに雑多な空間。



歩き疲れたので、適当な店へ入ってみる。

ふかひれスープ、カイジャオムーサップ、カオパットプー。
ふかひれはそもそもどんな味だか知らんけど、どれも普通にうまい。

で、なんと店主夫婦は横浜に住んでたという。
相鉄で通ってたとか、神奈川仲間話で盛り上がる。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives