パーフェクトモヒート




湘南バーへ、あいさつへ。

1年前も、航の話なんか聞いてもらった思い出。
今年は、大介の話を…

みんなマスターのカレーを食べていたのです。

シャウエッセン納会




年末最終営業日なので、でかける。
そんな同じ気持ちなのか、常連さんたちに会える。

コの字カウンター、くるっとほぼ満席。
最後にみんなシャウエッセンたのむので、在庫なくなる。

4つ飲んだので、おとなしく帰宅。

大介完全移籍加入




航に続き、ずっと馬入で観ていた大介が加入してくれた。

そうなればいいな…
なんて、数年前から話していた選手。

まさか実現するとは。

大介は浦和で、より大きくなる選手。
きてくれて、ありがとう。

イタリアで再会




イタリアが、女のコのグループだらけ。
いや、本来この店はそうあるべき。

そんないちばん奥のテーブルに、見た顔が…
3度見くらいして、本人と確認。

昔、いっしょに働いてくれたコたちだった。
久しぶりに会えて、うれしい夜。

〆のモヒート




移動中、よく飲みに行ってた店の中のコと会う。

どこ行くのか聞いたら、同じ店だったのでいっしょに。
のち、その店の外のコもやってきて昔話。

イタリアチームにおいていかれて、深夜自力で戻る。

クアトロフォルマッジ




当然、イタリアへ寄る。

しばらく、ここのクアトロフォルマッジも脳内かけめぐってた。
あいかわらず、スーパーうめえ。



店閉めて、みんなで移動。

ポッサム




あえて、つくねピーマン、ハラミをいかないスタート。

まずは、豚タン塩から。
牛もいいけど、豚の歯ごたえと脂もいい。



八王子で食べるポッサムがうまいのを思い出す脳内。
なわけで、豚バラとキムチでそれっぽく。

シャウエッセンはやめられない。

栓抜きと靴べら




今回のマーチンは靴べらで履いたほうがよさそうなので、携帯用のを買った。
無印でみつけた、こんなやつ。

これをいつものカラビナにつけとけば、忘れない(と思う)
そんなわけで、栓抜きと靴べらを常に持ち歩くことに。

いつどこで瓶ビールを飲むことになろうと、靴を脱ぐことになろうと大丈夫。

イタリアの長い1日




どの店も満席な予感の日、やや遅い時間からのイタリア。
やはり早い時間はそのようで、しかも訳あってロンリーで戦ったというマスター。

それはそれは、お疲れさまでした。
今夜はささっと飲んで、早く寝ちゃったほうがいいね…

なんていいながら、朝4時まで飲んでる自分ら。

忘年誕生会




湘南バーで、モヒートスタートチョンゲーオ。

奥のテーブルでは忘年会、その隣は誕生会。
どちらのグループも、顔見知りが数名。

お祝いは、いいな…

ネブラスカ




古いようでまだ新しい、2013年公開の映画を観る。

カッコ悪いところが、カッコいい。
笑えないとこが、おもしろい。

なんとも不思議な、ロードムービー。

モノクロなのがすべてかな。
どのシーンも味になる。

ホッピーは3つまで




都内あたりから友だちが遊びに来ると、ここへ寄りたくなるらしい。
その気持ちは、よくわかる。

ホルモン他焼いてホッピー、マスタとの世間話。
ここでしか味わえない空気。

で、酔っ払う。



カウンターで会えた友だちもいっしょに、イタリアへ。

ホッピー4つずつ飲んだのに、ネグロからはじめる。
さらに、エストエストエスト。

反省、調子がよくてもホッピーは3つまで。

八王子チヂミ会




ここの、何がいちばん好き?

ハラミ、ロース、カルビ、タン、チヂミ、いかキムチ…
と、人それぞれ。

なんでもうまいってことでしょうね。
あと、だから店は人。

最近の定番




すっかり3点セット、ハラミ、つくねピーマン、シャウエッセン。
これで、サンレイふたつほど。

マスターとの世間話も、ものすごく大事。
いくつになろうと、勉強になるのです。

コーレーグース




バンコク行ったとき、実家の父さんから「唐辛子買ってきてほしい」といわれてた。
実は生唐辛子は持ち込めないので、タイ食材屋へ行く。

おやじさんと話すと、最近タイ人が千葉でプリッキーヌを作ってるという。
タイ直輸入より、さらに辛いらしい(辛いやつ探してる)

それを実家へ届けると、コーレーグースが仕込まれてた。
完成間近(らしい)

ローストポテト




シャウエッセンのあとに、イタリアへ(行くことは多い)
飲みものが、ホッピーからワインになる。

ふたりいるから、なんか食うか…
まよって、ローストポテト。

で、だらだら飲んでるのでおいてかれるパターン。

ラジエター交換




ららぽ行って自宅まで戻ったところ、停車中にボンネットから水蒸気が出てる。
ニオイと色からして、ラジエター液と判断。

はい、みてもらったらラジエターが割れてるそうで要交換。

この車も今年で18年目、走行距離は75,000kmと少ないけど、そんなもんでしょう。
社外品で交換してもらって、復活。

しかし、最近感じるのは足回りのへたり…
こっちは、もう完全にダメになったらいよいよか。

備長炭とは仲良く




シャウエッセンの焼き加減を極めるには、炭火が落ち着いてからがいい…
そんな気がしたので、つくねサークル、ハラミセンターではじめる。

つくねは、ほぼ火があたらないところへ配置。
中心の強いところで、ハラミを片面さっと焼いたら丸めて仕上げ。

その後、ピーマンを炙りながらつくねを1個ずつ転がす。
好みのたれ(ハラミをたのむと醤油だれも出してくれる)を数回。

自分だけの、つくねピーマンが完成する(個人的にはピーマンは生)

そうして、サンレイを2つ飲んだころ炭火は落ち着いてるはず。
〆の、シャウエッセンを穴をあけながら転がして、こちらも完成。

楽しい(楽しんでるだけなので、どう焼いてもいいと思います)

ボジョレーで祝杯




樽ボジョレーにみんなでお祝いを書いて、飲みましょう。

いつもイタリアカウンターで会う、友だちの結婚祝いの日。
お祝いは、何回あってもいいのです。

到着して、そのおふたりの間に入れてもらうという図々しさ。
では、オメデトーチョンゲーオ。



そもそも、入店したときほぼ満席。
なのに、さらにさらにみんなやってくる。

カウンターは電車よりきつそうだけど、みんな仲良く。
入り口で、立ち飲みも数人。

だから、お祝いはいい。

モヒートを2杯




地元駅へ戻り、バーへ寄り道。
もうこうなったら、ずっとモヒート。

カウンター顔見知りのお客さんやマスタと話してるうちに、1時過ぎてる。
カレンダー、ありがとうございました。

参道裏で焼き鳥




昼寝から起きてさらに飲んでると、すでに真っ暗。
では、飲みに行きましょう。

駅近くの、焼き鳥屋へ。
いつも満席らしいけど、運良くテーブルが空いてた。



ここは、玉ねぎ巻きときいていたので、それとおすすめを。
つくねチーズも、いってみる。

ウーハイ数杯飲んで、移動。



日高屋大好き。
ここは、そら豆で濃いめウーハイ。

のち、ようやく帰る。
楽しい1泊2日を、ありがとう。

角上で刺身




フロ上がり、角上へ。
刺し盛り、ハゲ、牡蠣なんかを買ってくる。

ハゲは、5枚下ろし薄皮も取ってもらって、肝ももちろん。
牡蠣は、殻を外してくれるという下ごしらえをしてもらう。



マンションへ戻って、ふたりでキッチンに立つ。
はげ薄造りして肝を叩く、牡蠣用にかぼす切ってスタート。

さらに、肉料理やつまみ作ってくれるので、食べきれないほど。
飲みながら、試合のVTR観て(ふたりで)昼寝。

サウナと水3往復




おはようビールのち、フロへでかける。

てか、平日なのにつきあってくれる友だち。
飲まずに、運転してくれるし。

この感じ、どっか似たようなとこあったなと思ったら、海老名だ。
満喫して、買い物へ。

試合後都内宿泊




その、ずっと運転してくれた友だちのマンション到着。
さらに、せっせとつまみを作ってくれての、祝杯。

いたせりつくせりで、申し訳ありません。

ビールスタートチョンゲーオのち、パンチレモン。
つまみが少なくなると、また作ってくれる。

寝る。

かきフライでワイン




ガラガラ転がして、ロマンスへ。
まるで、ソウルやバンコクへ行く感じだけど、行き先は鹿島。

新宿からは友だちが車に乗せてくれて、スタへ。
(この日は)勝ったので、喜んで帰る。

新宿23:30ロマンスに間に合うほど順調。
泊めてもらうんだけど。

本日のフォカッチャ




夕方、頭行ったあとイタリアへ。

エスさんが、早めに帰ってきてしょうが焼き焼いてる。
イタリアマスタ夜のつまみ用に、それ持って行った日。

なんか食うか…



ビスマルクとフォカッチャをお願いする。

フォカッチャは普通そのまんま出てくるんだけど、なんか挟まってる。
マスタに聞いたら、さっきのしょうが焼きだと。

かっけー。

リーグ制覇ならず




浦和 1-2 鹿島(埼スタ)

浦和レッズを好きにならなければ、こんな思いも…
なんて、現実逃避もしたくなるけど。

好きになったからこそ、こんな体験もできる。
浦和レッズに関わる、すべての人が経験したこと。

この経験を、絶対次へつなげよう。

とある日曜日の夜




浅草帰りの友だちが帰ってきたので、じゃホッピーでも。
3人だと、Cコーナーがちょうどいい。

最近、このカウンターからスタートが多いな。
じゃ、なに焼く…



当然、シャウエッセンを炭火の状態みながらゆっくり。
のち、つくねをサークルにセンターでハラミ。

ハラミが終えたら、ピーマンをさっと焼いてつくねピーマン。
〆に、もう一度シャウエッセンというゲーム。

IMG_0701.jpg

イタリアバーへ移動。

カウンターにエヌちゃんいて、笑う。
樽ボジョレーを、これまたせっせと。

イタリア閉店(帰らない)



エヌちゃん、イタリアマスタとレゲエバーへ。

3人で、水からスタート(イタリアでもよくあること)
のち、サングリアとか飲んでる。

3時前には終了。

浦和セット復活




ルヴァン決勝でなくしたもの…
浦和のバッグ、サングラス、モバイルバッテリー、アダプタ、ケーブル、S字フック。

あと、いつのまにかなくなったもの…
カラビナ、ボールペン。

そのへんをあきらめて、せっせと買い揃える。
また買えるもので、よかったと思うことに。

正確にいうと、サングラスとマイクロバッグ、カラビナは買ってもらいました。

CS決勝第1戦




鹿島 0-1 浦和(カシマ)

とにかく、阿部勇樹という男の気迫が伝わってくる。
浦和に関わるすべての人間が同じ方向へと。

かといって、肝心なところの落ちつきっぷりもさすが。
あらためて気づかされる、スーパーな選手。

よし、次はホーム埼スタ。

Profile


maoroy

Author:たく
神奈川なのに浦和レッズ

Archives